1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 「エンドレスしりとり」に狂いそう!? もうやめて~ VS 言葉を伸ばしたい気持ち

「エンドレスしりとり」に狂いそう!? もうやめて~ VS 言葉を伸ばしたい気持ち

「エンドレスしりとり」に狂いそう!? もうやめて~ VS 言葉を伸ばしたい気持ちのタイトル画像

道具が何もなくても、手がふさがっていても、いつでもどこでも遊べるしりとり。しかし、5歳児ともなると驚くほど続くようになるんです。”しりとり地獄”に苦しんだ母がたどり着いた境地とは…!?

4歳でしりとりにハマり、お風呂での定番遊びに

うちの息子がしりとりにハマり出したのは、語彙が急に増えてきた4歳の終わり頃から。

どうやら園で覚えてきたようです。

当初は、お風呂場でよくやっていました。

今思えば、その頃は可愛かった…。


食いしん坊の息子は食べ物のレパートリーが多かったのですが、一例を紹介するとこんな感じです。

息子「しりとり」

私「りんご」

息子「ごはん」

〜終了〜


もう1回、今度はママからやり直して、

私「しりとり」

息子「りんご」

私「ごま」

息子「マカロニグラタン」

〜終了〜


そこはマカロニでいいのに、なぜグラタンをつけたのでしょう。

いつも、あっという間に決着がついていました。



「エンドレスしりとり」に狂いそう!? もうやめて~ VS 言葉を伸ばしたい気持ちの画像1
pixta_21515114_M

コツをつかみ、どんどん長引くしりとりタイム

ところが、、、初めてしりとりをして以来、みるみるうちに上達していった息子。

5歳を過ぎると、負けない術を身につけるようになりました。


「ラーメン…だと“ン”がつくから、ラーメンセット!」

「みかん…みかんのかんづめ!」


おお、賢くなったな~!と成長を喜ぶ一方で、急速に延びるしりとりタイム。

ぜんっぜん、終わりません!!



お風呂上がりだけだったのが、お風呂中~ハミガキ前までに延び、その後も再開して寝かしつけの時までやるようになり。

やがては夕飯の準備中や車内など、いつでもどこでも、そしていつまでも続くしりとり、しりとり、しりとり…。


勝ちたい気持ちも強くなったようで、息子が負けても「今のはなし!」でやり直し。私がわざと負けたら「ちゃんとやって!」と怒りだします。

ドライブ中など逃げ場のない時に至っては、1時間くらいしりとりタイムが続くことも…!


こうして、“エンドレスしりとり地獄” が母を襲うようになったのです。


「エンドレスしりとり」に狂いそう!? もうやめて~ VS 言葉を伸ばしたい気持ちの画像2
pixta_37954272_M

終わらないしりとりに、母、崩壊

「テレビばっかり見てないで、ほかのことしよう」「失敗しても、もう1回やってみよう」などと日頃から息子に言い聞かせてきた私。

『しりとりをしていると語彙も増えるのではないか?』という下心も働き、なかなかやめようとは言えません。


「そろそろ〇〇しよっか~」「ちょっとトイレ行ってくるね」などの作戦で終了できたこともありますが、毎回はうまくいきませんでした。

こうなると、「いつでもどこでもできる」というしりとりの特性がうらめしい。。。

『誰だよ、しりとりなんて考案したのは!』と心の中で悪態をついたことも、一度や二度ではありません。

特に疲れた日やお出かけ帰りなどは、心を無にして対応することもしばしば。


「む…?無理難題…」

「よ…腰痛…」

「り?…離婚調停…」


こんなネガティブワードしか浮かばなくなることも…(念のため申し上げますが、夫婦円満です)。

当然ですが、息子からは「なにそれ?」「わからん」とクレームがつくようになってしまいました。


「エンドレスしりとり」に狂いそう!? もうやめて~ VS 言葉を伸ばしたい気持ちの画像3
pixta_16493521_M

ひと工夫すれば、親子そろって楽しい時間に

悩んだ挙句にとった解決策は、「ママだけ人名限定」や「ママだけ地名を言う」などのハンデを設定すること。

普通のしりとりだと大人には簡単すぎますが、これなら、私も飽きずにしりとりができます。

ちなみに、「よーし、大人の力を見せつけてやる!」と調子に乗っていると、「ト、ト、…トルクメニスタン!…ギャー!しまったーーーー!!」みたいに負けることも結構あります(笑)。

息子は大喜び、私はいい頭の体操になっています。

やっぱり、わざと負けるよりも、本気で取り組んだほうが息子も私も面白い!

「一緒に楽しむ」は、子どもと接する時の基本ですね。

悩んだら基本に返るのが一番だなぁと、思いがけず学んだ「エンドレスしりとり問題」でした。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ぺい子の画像
ぺい子

こんにちは!
九州在住、5才息子(2013年生まれ)の息子を育てる母です。
がっつり仕事しながらで忙しい毎日ですが、毎日息子に癒されています♪...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 「エンドレスしりとり」に狂いそう!? もうやめて~ VS 言葉を伸ばしたい気持ち