1. >
  2. >
  3. >
  4. 「眠くてたまらないけど、起きなきゃ!」そんな時に押すと効く手のツボ

「眠くてたまらないけど、起きなきゃ!」そんな時に押すと効く手のツボ

「眠くてたまらないけど、起きなきゃ!」そんな時に押すと効く手のツボのタイトル画像

子育て中は、とにかく眠い!そんな経験をしたママも多いと思います。授乳中、車の運転中、復職後の会社の会議・・・様々な場所で役に立つ、眠気を軽減するリフレクソロジーの「ツボ」をお伝えします。

子育てと睡眠不足って、とっても仲良しですよね

私が、「眠りたいのに(ほかからの影響で)眠れない」という経験をしたのは、息子が1歳になって会社に復職してすぐの頃でした。平日の日中は、会社で仕事をしているので、眠ることはできません。だけど、夜は息子の夜泣き、そして、週末は「遊ぼー!」攻撃。



人間って眠くなって眠れないと、脳みそがしびれたようになるのだな、ということがわかって、なぜか感動したことを覚えています。眠れない、ということは、人を人として機能させなくなるのです(笑)

リフレクソロジーって、ご存じですか?

ところで、リフレクソロジーってご存じですか?



今は街なかにたくさんのサロンがあります。基本的には足の裏を刺激して、身体を健康に保つという健康と癒しの技術です。この、リフレクソロジーの技術の中に「脳を刺激する」という物があります。



手や足には、それぞれ身体の部位に対応する反射区(ツボのようなもの)というのがあって、ちゃんと脳の反射区、というのあるのですね。ちなみに、脳の反射区は、手の爪の根本、両方のキワのところです。

「ねむ~い!!」時に、脳をシャキッとさせるツボ。

手の指の、爪の生え際の両端を、もう一方の親指と人差し指で、ギュッーっとつまんでみてください。つまむほうの指は、「OK」のような形になりますね。簡単に押せますので、ぜひトライしてみてください。



この技、もちろんいつでも使えます。夜中に、どうしても起きないといけないとき。お子さんを乗せて、車で移動しているとき。そして、会社での会議中・・・(笑)。



でも、本当に眠くて仕方なくて、眠ったほうが良い!というときは、無理せずに眠ることをオススメします!

「眠くてたまらないけど、起きなきゃ!」そんな時に押すと効く手のツボの画像1

もちろん、夫婦でやりあってもOK!

リフレクソロジーやマッサージは、夫婦でお互いにやることもできますね。1人でやるよりも、誰かとやるほうが、力もきちんと入りますし、やりやすいです。そしてなにより、皮膚と皮膚が触れるので、コミュニケーションにもなるんです。



少しつかれたな、と思った時に、パパからママへ、ママからパパへ、声をかけてツボを押し合うことができたら楽しいですよ。リフレクソロジーをしあうと、不思議と会話も弾み、いつもよりとっても仲良くなれるんです。



少し大きくなったお子さんとやるのもいいですね。

いつでもどこでも、自分の手さえあれば、簡単にできる。2人でやると、もっともっと仲良くなれる。お子さんとのコミュニケーションにも役立つ。



あなたもそんなリフレクソロジー、見よう見まねでも問題ありません!ぜひやってみてくださいね!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 ストレス解消・リフレッシュ方法

この記事を書いた人

熊野薫

株式会社えん・プロおよび、産後ママのための保育つき出張リフレクソロジーサロン~みまもりリフレ~代表。
大学卒業後、大手サロンでのセラピスト・インストラクター経...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「眠くてたまらないけど、起きなきゃ!」そんな時に押すと効く手のツボ