1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. 赤面!保護者参観で連発されるわが子の下ネタと、周囲の反応…

赤面!保護者参観で連発されるわが子の下ネタと、周囲の反応…

赤面!保護者参観で連発されるわが子の下ネタと、周囲の反応…のタイトル画像

現在小1の息子が年長さんのときの保護者参観の話です。お調子者な息子が下ネタを連発!開始15分で帰りたくなった恥ずかしすぎる思い出を振り返ります。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038009534

母の赤っ恥タイムは、子どもだちが大好きなあの一言から始まった


うちの息子は下ネタ大好き!

小学生になった現在も「う●ち」「ち●こ」はもちろんのこと、「おなら」や「おしり」を連呼する毎日です。


お別れの挨拶は「さよ おなら ぷ~」がお決まりです。

保育園の時はファッションリーダーならぬ、下ネタリーダーでした……。


忘れられないのは、保護者勢揃いの年長の保育参観の日。

園児たちによる「しりとり」から下ネタ地獄は始まりました。


普段は恥ずかしがってろくに発言もしない息子が、このときは珍しく張り切って挙手!

先生「『もち』の『ち』に続く言葉は?」

息子「ち●こ!」

先生「『ラッパ』の次に続く言葉は何かな?」

息子「パンツ!」


参観開始から15分。

母はもうこの時点で帰りたい……。

お友達は大爆笑で、息子は得意げ。

仲良しのお母様方から同情のこもった目で微笑まれ、フォローされるのが、逆につらかったです……。


アートな課題もなかなか…


しかし本当に恥ずかしいのは、ここからでした……!


次の課題は、「星に名前を付けよう」。

宇宙の絵を描き、星々に一人ひとりが好きな名前を付けるというものです。


絵は苦手な息子ですが、このときはさらさらと描き出します。

まだ覚えていない字も、このときばかりは率先して書きます。


息子が名付ける星といえばズバリ!

「ち●こ星」と「う●ち星」


……っ!!

母は今すぐ消えてなくなりたい……(号泣)


絵になり、文字になってしまったうえに、作品はその日から1週間以上園内に掲示され、参観を欠席していた保護者や、違う学年のお母様方にまでツッコまれるという地獄!

その日だけでは終わらない、羞恥心を刺激されまくる時間となりました……。


下ネタは友達作りのコミュニケーションツール

この記事を書いた人
まちこの画像
まちこ

小学校4年生と1年生の母。
夫は単身赴任でフルタイム労働と、仕事に家事に育児にまさにワンオペライフを実行中!
体力に限界を感じる今日この頃です…...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. 赤面!保護者参観で連発されるわが子の下ネタと、周囲の反応…