1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. もう外出先で怒りたくない!ママ友から教えてもらった「お出かけの知恵」

もう外出先で怒りたくない!ママ友から教えてもらった「お出かけの知恵」

もう外出先で怒りたくない!ママ友から教えてもらった「お出かけの知恵」のタイトル画像

家でも外出先でも落ち着きのない我が子に、思わずイライラ……。そんなとき、子どもを落ち着かせる対処法を体験を交えてご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10733004503

男の子と女の子ってこんなに違うの?

息子が幼稚園の年少さんの頃の話です。

周囲からは「活発で元気で、誰とでも仲良くなれるね」と、よく言われていました。

そういえば聞こえはいいですが、じっとできない、思ったことはすぐ口にして、走り回る、何にでも興味を持って、とにかく全力。

「どうして静かにできないの?」とか「じっとしてなさい」と怒ることもしょっちゅうありました。

毎日元気いっぱいの息子は、2つ上の娘の同じころに比べてまったく様子が違うので、こちらは戸惑うばかり。

家ならまだしも、外に出かけたときは、他の人に迷惑をかけたらどうしよう…と気が気でなかったことをよく覚えています。

思わずイラッ! 堪忍袋の緒が切れた瞬間

そんなある日、幼稚園帰りでそのままママ友さんたちとランチに出かけることに。

娘のママ友さんだったので、子どもは息子だけでした。

イヤな予感はありましたが、少し混んでいるお昼どき、案の定、待ち時間を持て余す息子。

じっとできずに走ってみたり、待合室の椅子に立ってみたり……そんな息子に思わずイライラッ!と堪忍袋の緒が切れて、「そんなことしたらダメでしょ!」と息子の頭をパシンとひとたたきしてしまったのです。

息子は泣かなかったものの、目を丸くしてビックリしているようでした。

そこですかさず、ママ友さんが「それはダメよ」と制止してくれました。

「はっ!」と我に返った私に「どんなことがあっても手を出したらダメだよ」と諭してくれたのです。

私自身も、どう接したらいいか分からないという焦りもあって疲れていたんだなと今となっては思います。

とにかく「じっとさせよう」「言うことを聞かせよう」と周囲の目ばかり気になっていたのかもしれません。

悩みはみんな同じと知って、ちょっと気が楽に


席に着いたあとは、自然と「子どもは言うこと聞かないよね」という話に。

いろいろ話しているうちに、自分だけでなく、どこの家庭も多かれ少なかれ、同じ悩みがあるということが分かりました。

子どもはなかなかじっとできないし、言うこともなかなか聞かない。悩んでいたのは私だけじゃないんだなと思って、ちょっとだけほっとしました。

やっぱり、どこの家庭も同じようなことを悩んでいるんですよね。

そして、目を見て話をすれば、子どもだってちゃんと分かるんだということ。

心の余裕を失っていましたが、ママ友との会話の中で、そのことに改めて気づかされました。

この記事を書いた人
misakiの画像
misaki

小2の娘ともうすぐ一年生の息子のママです。娘と息子といっしょに過ごす毎日は、驚きと笑いと発見の連続! てんやわんやの日々を笑顔で伝えていきたいデス。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. もう外出先で怒りたくない!ママ友から教えてもらった「お出かけの知恵」