1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 車社会だけど歩行者優先?アメリカの交通ルールが子どもに優しすぎる…!

車社会だけど歩行者優先?アメリカの交通ルールが子どもに優しすぎる…!

車社会だけど歩行者優先?アメリカの交通ルールが子どもに優しすぎる…!のタイトル画像

車社会のアメリカですが、歩行者への配慮が徹底されていました。

車社会のアメリカに住んで1年。
州ごとに変わるルールもあるけれど、基本的にとにかく「子ども優先」「歩行者優先」だと感じます。
そもそもみんな車移動なので歩行者がかなり少ないのですが…

まず、黄色い車体でおなじみスクールバスの優先っぷりがすごい。

車社会だけど歩行者優先?アメリカの交通ルールが子どもに優しすぎる…!の画像1

このスクールバス、児童が乗降中は安全確保のために追い抜き禁止というルールになっています。


車体のランプが点滅し「STOP」のサインを出しているときは後続車もストップ。

複数車線ある場合も全て停止。違反した車はバスの運転手にナンバーをメモされ、警察に通報されてしまいます。

車社会だけど歩行者優先?アメリカの交通ルールが子どもに優しすぎる…!の画像2

なんと、中央分離帯がない場合は対向車線の車も止まるという徹底ぶり。


国土が広く徒歩通学が難しいという理由だけでなく、交通事故や犯罪に巻き込まれるのを防ぐにも大きな役割を果たすスクールバス。

車体の安全性にも厳しいルールがあり、特殊な構造で重く頑丈になっているそうです。



次に徒歩通学の場合。

学校周辺は「スクールゾーン」として車は必ず減速する決まりになっています。

車社会だけど歩行者優先?アメリカの交通ルールが子どもに優しすぎる…!の画像3

細い道は終日速度制限、大通りなら通学時間帯のみライトが点滅して15~20マイル制限になるなど工夫されています。

大通りなんて歩道も広く、直線で見通しがいいのにここまでするのか…と最初は驚きました。



違反への取り締まりもスクールゾーンは厳しくなっています。

フリーウェイなどでは数マイル速度オーバーしても捕まることは少ないけど、スクールゾーンは速度厳守なので一発アウト!

車社会だけど歩行者優先?アメリカの交通ルールが子どもに優しすぎる…!の画像4
この記事を書いた人
眉屋まゆこの画像
眉屋まゆこ

2015.7月生まれの長男、ヒロ坊の育児漫画をTwitterで描き散らしています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 車社会だけど歩行者優先?アメリカの交通ルールが子どもに優しすぎる…!