1. >
  2. >
  3. >
  4. 後悔してる。風呂掃除する前に牛乳プリンを食べるべきだった、絶対に。/連続小説 第7話

後悔してる。風呂掃除する前に牛乳プリンを食べるべきだった、絶対に。/連続小説 第7話

後悔してる。風呂掃除する前に牛乳プリンを食べるべきだった、絶対に。/連続小説 第7話のタイトル画像

息子の奏太がおもらしパンツを洗いながら、夫の満へのイライラがどうにも治らないキリコ。そんな自分自身にうんざりしかけたその時・・・。物語は急展開を迎えます。

今日のラッキースイーツは「牛乳プリン」。

でも、その前に掃除洗濯を片付けて、それから至福のひと時をね。

私はお風呂場で奏太のよごれたパンツを手洗いすると、これでもかと絞って、洗濯機に放り込んだ。

キリコ 「ふー。どうせ風呂も私が洗うんでしょ?やりますよ、やりますよ。私は円田家の家政婦ですわ。」

わかっている。私はいま、卑屈になっていると思う。

イライラしながら浴室用洗剤を手に取り、思い切りノズルを握って風呂場のあちこちに泡をまく。

うっかり目の前の壁にも噴射してしまったため、勢いのある泡たちが私の顔めがけて飛びかかって来た。

キリコ 「…うっ! ぺっ、ぺっ。…あー、口に入った最悪」

風呂場の水道の蛇口をひねり、口の中を洗おうとすると、切り替え部分がシャワーになっていて、今度は服を濡らす。

キリコ 「わー! もう…!」

一つ大きなため息を吐き、私はバスタブ内に足を入れ、しゃがみ込んで洗い始めた。

洗いながら、先ほどの夫の言動が蘇ってくる。

(一人でサクッとチョコを買いに行こうとするってどうよ? どうしてパパは私が何か言わないと動かないんだろ。状況を察して行動するってことができないのかな)

後悔してる。風呂掃除する前に牛乳プリンを食べるべきだった、絶対に。/連続小説 第7話の画像1

キリコ 「あーあ、本当なら今日、少しはリフレッシュできるはずだったのに。たかだか料理教室の二時間だよ? 一か月のうちの二時間…」

私は今朝から引きずっている恨みつらみを吐き出すように、愚痴を声に出す。

キリコ 「本当ならさ、一人で自由に買い物にも行きたいし、アンパンマンやトーマスじゃなくて、ジャジーな音楽とかさ、オルタナティブロックやハウスミュージックとかさ、若い頃に聴いてたような音楽を聴きたいわけよ。奏太が幼稚園に入園したら、またライティングして、自由なお金が欲しいしさ」

ぶつぶつと言っている自分が、浴室内の鏡に映る。

キリコ 「…そしたらさ、こんなボサボサの髪じゃなくて、綺麗にして、爪も割れまくってボロボロじゃなくて、ネイルして。愚痴じゃなくて、楽しい話ができる相手と出かけたい…。とにかく一旦、一人になりたい、一人の時間がほしい…」

気持ちを吐き出して楽になろうとしたはずが、「一人で何やってるんだ」と心がしぼんでいく。

キリコ 「…ダメだ、なんか具合悪くなってきた。はぁ…。」

そして、思い出す。

キリコ 「プリン…。そうだ負けるなキリコ! お前には牛乳プリンがあるだろう! よし、そうと決まれば…」

勢いよく立ち上がり、バスタブから出ようと片足を上げた次の瞬間――。

キリコ 「うわぁあああ!!」


――ドーーーン!!


泡に足を取られた私は見事なまでに尻もちをつき、腰を強打した。

後悔してる。風呂掃除する前に牛乳プリンを食べるべきだった、絶対に。/連続小説 第7話の画像2

キリコ 「……っ」

あまりの痛さに声が出せない。

血の気が引き、あぶら汗が吹き上げてくる。

(…た、たすけて。死ぬ…。たすけて、誰か)

身動き一つできずにいると、玄関の鍵が開く音がして、奏太の元気な声が聞こえてきた。

奏太  「おかえり~!」

   「ただいま、でしょ」

奏太  「ママ~! ママ~?」

   「あれ、出かけたのかな?」

二人の声が近づき、風呂場を覗いた夫が「ひぃっ」と声を上げる。

   「…キリ! どうした!?」

奏太  「ママ!!」

キリコ 「う~…、う~っ…」

(…転んだの。泡で、すってんころりんと。…ものすごく痛いの)

私はどうにかジェスチャーで説明しようとするがまったく無理。

   「え? なに? なに?」

キリコ 「う~…、う~…」

   「…あー、もう、こういう時は…救急車、呼ぼう、救急車!」

夫は慌てた様子でスマホを取り出し、奏太は私の頭を撫で始めたのだった。
(優しい子だよ…奏太)

後悔してる。風呂掃除する前に牛乳プリンを食べるべきだった、絶対に。/連続小説 第7話の画像3

――古びた総合病院の病棟。

私は仰向けでベッドに横たわり、初めましてな天井を見ている。
(人生なにがあるか分からない。というやつを今、体験しています)

私は産後、骨粗鬆症ぎみになっていたようで、腰を圧迫骨折してしまった。

四人部屋の、ベージュのカーテンで仕切られただけの狭い個人スペース。

テレビが置かれた台の横で、夫はパイプ椅子に座り、その膝の上に奏太が座っている。

奏太  「ママ、いたい、いたい?」

奏太は初めての事態に心底、心配そうな顔をしている。

キリコ 「うん。でも仰向けに…こうやって、お顔を上にしてれば痛くないよ。動くと痛い」

奏太  「ふーん、いたいのいたいの、飛んでけ~」

キリコ 「ありがとう」

夫は足元に置いてあったトートバッグをテレビ台の収納スペースに入れる。

   「必要なモノは一応持ってきたけど、また何かあったら連絡して」

キリコ 「…うん。それより明日からどうする…奏太」

後悔してる。風呂掃除する前に牛乳プリンを食べるべきだった、絶対に。/連続小説 第7話の画像4

   「それなぁ…」

キリコ 「仕事は休めないの?」

   「うーん、そうだな…。」

キリコ 「そうだなって…じゃあどうするのよ。うちの実家はムリだよ、お父さんしかいないし。お姉ちゃんちもお義兄さんの家に入っちゃってるから、お姑さんが良い顔しないし」

(一人になりたいと思ったけど…さすがに入院はまずい。やっぱりお風呂を洗う前に牛乳プリンを食べるべきだったのか…)

後悔で頭を抱えつつ、夫が頼りないことを知り尽くしている私はさらに強く頭を抱える。

   「あのさ、こういうときって、みんな普通どうしてんの?」

(ほら、見たことか…)

キリコ 「………そうだな。とりあえずパパの実家に電話するか、市役所にでも相談してみてよ。一時保育とか何かいい手があるかもしれない」

   「わかった。まあ、きっとどうにかなるだろ」

キリコ 「………」

   「奏太、帰ろう」

奏太  「え、ママは?」

   「ママはここにお泊り」

奏太  「奏太も」

   「奏太はパパとおうちに帰ろう」

奏太  「やだ! ママといる!」

   「ダメなの。さ、帰ろう」

奏太  「ママ~!!!」

奏太の可愛い顔が崩れ、大粒の涙が流れ始める。

   「じゃあね。お大事にね。」

後悔してる。風呂掃除する前に牛乳プリンを食べるべきだった、絶対に。/連続小説 第7話の画像5

夫は奏太を抱えると、ささっと病室を出て行った。
(…ごめんね、奏太)

胸が締め付けられると同時に、夫の納得いかない言動がリプレイされる。
(なんかいつも他人事なんだよね、パパは)

夫に呆れつつ、夫と奏太、二人だけの生活がどうなるのか――。

キリコ 「おー、…っっ痛」

想像しようとしたら、腰の痛みがぐっと増して私はシーツの端を握り締めた。

▶次回は、5/23(火)更新予定です。
この急な展開に、満は果たして対応できるのか…?

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
連続小説『夫婦の言い分』の画像
連続小説『夫婦の言い分』

連続小説『夫婦の言い分』(作:さいとう美如)

北区赤羽。季節は4月。

キリコ(34)と夫の満(36)は、6年前、よく行くカフェで開かれた料理教室で一...

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 後悔してる。風呂掃除する前に牛乳プリンを食べるべきだった、絶対に。/連続小説 第7話