1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. いつからだろう、妻が俺に相談しなくなったのは。/連続小説 第6話

いつからだろう、妻が俺に相談しなくなったのは。/連続小説 第6話

いつからだろう、妻が俺に相談しなくなったのは。/連続小説 第6話のタイトル画像

息子の奏太がおもらしをしたことと夫の満への不満が重なり、イライラがピークを迎えたキリコ。満は居心地の悪い自宅を後にし、奏太と公園に出かける。「いつからこんな風になってしまったんだろう…」満は奏太が生まれてからの夫婦関係を思い返すのだった。

俺は奏太を乗せたベビーカーをゆっくり押して歩いていた。

天気の良い土曜日なので、あちこちから子どもの声が聞こえてくる。

奏太は小分けになっている「キノコの里」の袋を手に持ち、心底嬉しそうな表情で食べている。

そして前方に何かを見つけ、まっすぐに指差す。

奏太  「パパ! 公園いく! 公園いく!」

   「あー…。じゃあ、あそこでパンも食べるか」

住宅街にあるコンパクトな公園だが、よちよち歩きから小学生まで、たくさんの子どもと親でにぎわっている。

空いているベンチの横にベビーカーを停めると同時に、奏太はベビーカーを飛び降り、滑り台に走って行った。

   「おい! パンはいいの? …いいのね。あー、ベビーカーのベルトし忘れてたのか」

奏太が降りたベビーカーを見つつ、俺はベンチに座る。

   「あー…やっと休める」

ベビーカーにぶら下げてあったトートバッグから、Bun'kichenの紙袋を取り出す。紙袋は熱を吸って少しふやけていた。

いつからだろう、妻が俺に相談しなくなったのは。/連続小説 第6話の画像1

   「…すごい形だな」

イライラしているキリコが作った不恰好なベーグルを口にする。

美味くも不味くもない。

子ども 「パパ~!」

よその子が呼ぶ声に思わず反応して顔を上げる。

奏太は楽しそうに滑り台を滑っている。改めて公園内を見回すと、子どもを連れた親は男親ばかりだ。

(ということは、俺だって立派なイクメンじゃないか。休日出勤したあとに、息子を連れて公園に来ている。何が不満だって言うんだ。キリはちょっとイライラし過ぎ)

奏太  「パパ~! ブランコ!」

   「うん」

奏太に手招きされ、ブランコに向かう。

空いているブランコに座ろうとすると、奏太が「ダメ」と俺を制しする。

   「ん?」

奏太  「ひとりで乗る」

(おー、この前までは、パパの膝に乗る! だったのに、成長したなぁ)

いつからだろう、妻が俺に相談しなくなったのは。/連続小説 第6話の画像2

女性  「お待たせ」

隣でブランコを楽しんでいた父子の元に、笑顔の女性が歩いて来た。その女性を見て、子どもは「ママ!」と微笑んでいる。

とても仲が良さそうな家族。夫婦…。

(キリの笑顔、しばらく見てないかも。…昔はもっとふわっとした空気の人だった。どちらかと言えば子どもっぽくて、家事だって苦手だったし、俺にお願いしたり、もっと甘えるタイプだった。キリはいつから今のキリになったんだろう…)

ぼんやりとしていると俺のスマホが鳴り、見てみると会社の社長からメッセージが届いている。

メッセ 「今日のクレーム処理はどうだった? っていうか、聞かれる前に報告を頼むよ」

(…家庭でも仕事でもせかされてばかり)


――俺はもともと人と仲良くなるのに時間がかかる方だった。

中学時代は文芸部で、部員は俺一人。おじいちゃん先生と二人で短歌を作っていた。

キリコもどちらかと言えば人見知りだったけど、職業柄、取材に行くこともあって、人の話を聞くのは上手い方だと思う。

だから俺も六年前に出会って、キリコが色々と話を聞いてくれるから、キリコには本音で話せるようになっていた。

二人の関係はうまくいっていたと思う。

それから奏太が産まれて、二人とも初めての育児でいっぱいいっぱいで。

俺は仕事もあるし、基本的には育児と家事をキリコに任せきりだった。

もちろん俺にやれることはやってきたつもりだけど。

いつからだろう、妻が俺に相談しなくなったのは。/連続小説 第6話の画像3

あれはいつの頃だっただろう。まだ奏太が一歳前だったと思う。

仕事中に何度も何度もキリコから電話が掛かってきていた。

でも俺はクライアントに謝罪に行ったりして、外に出ずっぱりの日だったから、届いていたメッセもろくに読めていなかった。

混みあっている東西線のホームで、俺はキリコに折り返しの電話を掛けた。

   「…ごめん、な(に?)」

キリコ 「奏太が! ミルクを全部吐いちゃって…。すごい勢いだったの、噴水みたいで…心配だよ。どうしたらいいんだろ」

   「え! それって大丈夫なの?」

キリコ 「わかんないよ。ねえすぐ帰ってこれない?」

   「ムリだよ…。これから次のクライアントのところに行かないといけないから…。俺が帰っても病気のことはわからないしとりあえず、小児科行ってもらえる? 今日は早めに帰るから」

キリコ 「…でも外、すごい雨だよ」

   「あー、タクシー呼べる? お金はあるよね? …あ、ごめん、電車来たから一旦切るね」

その日は一日中、本降りの雨で、俺は服も靴もびしょ濡れになりクタクタで帰宅した。

リビングに向かうと、何かを拭いたと思われるティッシュやタオルが散乱し、キッチンには昨晩使った皿がまだ洗わずに置かれ、臭いを放っている。

いつからだろう、妻が俺に相談しなくなったのは。/連続小説 第6話の画像4

(…すごいな)

俺はふっと息を吐き、真っ暗な寝室に向かう。

すると壁にもたれ掛かり、床に座って奏太を抱っこしているキリコが呆然としていた。

ドアが開き、光がキリコの顔に当たると、キリコはゆっくりと俺を見た。

キリコ 「…今、やっと寝た。ごめん、何もやれてない」

   「そっか…。なにかコンビニで買ってくるよ」

俺は再び濡れた靴を履いて、外に出た。

そんなことが何度かあって。

でも奏太が一歳半になった頃、キリコの様子は変わっていた。

例えば奏太が熱を出して、寝込んでいたとき――。

   「小児科に連れて行かなくていいの?」

キリコ 「うん」

   「でも奏太、すごく熱いよ?」

キリコは大して心配した様子でもなく、普通に家事をしながら、時々スマホを手に取り、誰かとメッセのやり取りをしている。

   「聞いてる?」

キリコ 「だから大丈夫だって。熱はあるけど、食欲はあるし、嘔吐も下痢もしてないから。みんなにちゃんと相談してるから」

   「みんなって?」

キリコ 「ママ友とか、いろいろ。だって…だってパパじゃ、分からないでしょ? 相談したって」

   「………」

俺はなんて答えたらいいのか分からなかった。

それからはとにかくその場しのぎで、言われるがままにやってきた気がする。


◆◆◆


奏太  「パパ~! 楽しいね」

奏太の声で我に返り見ると、ニカッと笑う奏太の前歯にチョコが少しくっ付いていた。

いつからだろう、妻が俺に相談しなくなったのは。/連続小説 第6話の画像5

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
連続小説『夫婦の言い分』の画像
連続小説『夫婦の言い分』

連続小説『夫婦の言い分』(作:さいとう美如)

北区赤羽。季節は4月。

キリコ(34)と夫の満(36)は、6年前、よく行くカフェで開かれた料理教室で一...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. いつからだろう、妻が俺に相談しなくなったのは。/連続小説 第6話