1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 役員の打診があった時、ぜひ考えたい大切なこと

役員の打診があった時、ぜひ考えたい大切なこと

役員の打診があった時、ぜひ考えたい大切なことのタイトル画像

前回、子ども会会長を1年間務めて良かったと思うことについてご紹介しましたが、「とにかく役員を引き受けると良い」ということではありません。私なりに考えた結果、役員をお断りした経験もあります。その時に考えたのは、こんなことなのです・・・。

長女が小学校に入学!PTAの役員決めをすることに・・・

昨年、慣れない土地で子ども会会長を務めることになった私。
最初は不安を抱えていたものの、やっているうちに地域でのつながりも増えてきて、
1年が終わった頃には「やって良かった」と思えるようになりました。

そして、子ども会会長の2期目を務めている今年、
長女が小学校1年生になりました。

入学して間もなくPTA役員決めがあり・・・

役員の打診があった時、ぜひ考えたい大切なことの画像1

こういう時、私は周りが辛そうにしてると
「引き受けます」と言っちゃうタイプなんですが、

今年もまた子ども会会長を務めることもあり、
自分自身の現状を冷静に考えると、
「これ以上何かの責任を負えば、自分はパンクしてしまう」と感じました。

なので・・・

役員の打診があった時、ぜひ考えたい大切なことの画像2

ここで大切なのは、「自分の言葉できちんと説明する」ということだと思うのです。


というのも、私はこうして小学校のPTA役員を断ったのですが、
「じゃあ、他に誰が引き受けてくれるのだろう?」と考えた中で、
こんな思いに至りました。

役員の打診があった時、ぜひ考えたい大切なことの画像3

外から見たら分からなくても、

「仕事をしている」
「実家の協力が得られない」
「子どもがまだ小さくて手が掛かる」
「自身の健康問題がある」
「家族の介護がある」等々、

みんな様々なものを抱えながら生活しているかもしれませんよね。

自分だって「できるでしょ」と決めつけないで欲しいと思うので、
だったら自分のことは自分の言葉できちんと説明することが大切だし、
他人の状況についても、安易に判断してはいけないという思いに至りました。

これは役員を引き受ける時だけの話ではなく、
幼稚園や学校の行事等で当番を決めるような場面でも、
「自分が引き受けられるか」「他人の状況はどうか」
といった点での考え方は同じだと思います。

役員の打診があった時、ぜひ考えたい大切なことの画像4

みんな様々なものを抱えて生活しているものですが、
大変な状況の中、役員や当番などを引き受けてくれる方もいます。

「役員じゃないから」と、自分には関係ないことのように振る舞うのではなく、
協力できることは協力しようという気持ちで、助け合えるといいなと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
仲 恵麻の画像
仲 恵麻

1983年生まれ。長崎・五島列島出身。
ご縁あって愛知出身の主人と結婚。
実家遠いけど一姫二太郎育児頑張ってます。
出産を機に看護師を辞め、現在に至る。
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 役員の打診があった時、ぜひ考えたい大切なこと