1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 各家庭における「夕食のサービスレベル」について考えてみた

各家庭における「夕食のサービスレベル」について考えてみた

各家庭における「夕食のサービスレベル」について考えてみたのタイトル画像

育ってきた環境が違うから…しょうがない…!?
家事に対する価値観の違いは夫婦喧嘩の原因になりがちです。
相手に我慢ができなくなる前に、家事のサービスレベルを夫婦間で話し合ってみるのはいかがでしょうか。

ママ会でのこんなやりとり、あるあるネタだったりしませんか?

各家庭における「夕食のサービスレベル」について考えてみたの画像1
各家庭における「夕食のサービスレベル」について考えてみたの画像2
各家庭における「夕食のサービスレベル」について考えてみたの画像3
各家庭における「夕食のサービスレベル」について考えてみたの画像4

夫婦で家事に対する考えがすれ違うのはなぜ?

夫と妻の家事に対する考え方の違いから、衝突が起きるのは本当によくある事で、「育ってきた環境が違うから、しょうがない」と諦めている方も多いと思います。

しかし、あきらめて、どちらかが耐え続ける状態が続くと、ある時どかーんと爆発してしまいます。

そうなる前に、まずはどうして家事に対する考え方がすれ違うのか?を考えてみたいと思います。

先日読んだ「職場の問題地図」という本にこんな図が出てきました。

各家庭における「夕食のサービスレベル」について考えてみたの画像5
(参考)「職場の問題地図」124ページを元に作成

仕事には

「それをやらなくては仕事として成立しなくなる」=「当たり前部分」と、
「やらなくてもいいけど、やっておくと喜ばれる」=「付加価値部分」があり、

「当たり前部分」と「付加価値部分」の境目がその仕事の「サービスレベル」と呼ばれるものになるそうです。

この「サービスレベル」は仕事によって大きく変わるのです。

牛丼店と高級レストランの違いとは?

例えば、外食をする場合のサービスレベルで考えてみましょう。

各家庭における「夕食のサービスレベル」について考えてみたの画像6

<牛丼店の場合>
ご飯を食べられることが「当たり前部分」になります。

もちろん店舗によっては豪華な内装の場所などもあると思いますが、席ごとに給仕がつくことはまずないですよね。
一般的に客はそこまでは求めません。


<高級レストランの場合>
一方、高級レストランの場合は「当たり前部分」としてもう少し高いレベルが求められます。

ご飯が食べられるのはもちろん、豪華食器や内装、給仕係の存在、静かで落ち着いた空間…など、客が要求するサービスレベルも高くなります。


この「サービスレベル」の考え方を家事に当てはめてみると、どうして夫婦が衝突するのかが少し見えてくるように思います。

「家で夕食をつくる」時の、夫婦のサービスレベルにギャップがあると…

外食の例でいくと、妻は高級レストランのようなサービスレベルを考えているのに、夫は牛丼屋のようなサービスレベルだと思っているとそこにギャップが生まれるので、衝突が起きやすくなるのです。

各家庭における「夕食のサービスレベル」について考えてみたの画像7

家でつくる夕食は牛丼屋だと思っている夫に、妻は高級レストランのようなサービスを期待してしまったりしていると考えるとわかりやすいでしょうか。

夫婦の間で、サービスレベルの認識の差が大きいと衝突が起きるのだと思います。

それによって、お互いに「当たり前部分」をきちんとこなしているのに、相手に不満が生まれてしまうという不幸な状態に陥ります。

我が家の「サービスレベル」を夫婦で合わせてみると…

まずはお互いの中で「当たり前部分」と「付加価値部分」を洗い出し、それを元に「我が家のサービスレベル」はどこに設定するのが妥当なのかを話し合うことが重要になってきます。

各家庭における「夕食のサービスレベル」について考えてみたの画像8

イラストの家庭では、食べた後の片付けまでを「家で家族に夕食をつくる」のサービスレベルに決めることになりそうですね。

しかし、例えば夫が「どうしても片付けは苦手!」と主張した場合は、「栄養バランスの良いメニューを考える」ところまでをサービスレベルにすることになりそうです。

それでも妻が「調理器具や食器がきれいに片付いている」ところを譲りたくない場合。
じゃあその部分は食洗機にまかせよう…というように、別の方法も考えることができるようになると思います。

お互いに無理をしないで納得のいく方法にたどり着けるというわけです。

お互いが思う「家事のサービスレベル」に差があると、とてもストレスがたまってしまうと思います。

この記事が、夫婦間で家事についての「サービスレベル」を改めて見直して、そんなストレスを解消するきっかけになったら良いなと思っています。

※本文内では分かりやすさを優先して、家事の主担当者を「妻」、副担当を「夫」と記述しています。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
いそめし ちかこの画像
いそめし ちかこ

2014年12月生まれの男の子の母です。妊娠中から始めたブログやtwitterを中心にネットで気軽に参加できるママ向けイベントを日々画策しています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 各家庭における「夕食のサービスレベル」について考えてみた