1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 若い女性にも急増中!?気になる尿漏れを予防改善しよう

若い女性にも急増中!?気になる尿漏れを予防改善しよう

若い女性にも急増中!?気になる尿漏れを予防改善しようのタイトル画像

妊娠・出産に伴う尿漏れは、当たり前だと思っていませんか?実は簡単なトレーニングで、尿もれを予防改善することができるのです。

尿漏れは筋力低下のサイン

昔の女性に比べて、現代の女性は尿漏れしている方がとっても多くなっています。以前は、たくさんお子さんを出産された方が、老年期になって尿漏れに悩まされることはありました。今は、出産経験もない10代の女性でも尿漏れに悩んでいます。それは何故でしょう?

原因はたったひとつ。運動不足と言われています。家電の流通、交通機関の発達によって、日常生活の中で動くことが少なくなりました。また、生理用品の発展に伴って、経血をトイレで排泄することもしなくてよくなりました。生理用品などなかった時代の女性は、経血を溜めてトイレで排泄していたことをご存じでしょうか。女性には、膣の筋肉を意識して締めることで、経血を溜める機能があるのです。それをしなくてよくなった現代の女性は、骨盤底筋を意識することがなくなり、筋力低下が進んでしまったのです。

くしゃみの尿漏れなら大丈夫!?

くしゃみのときに思わずおきてしまう尿もれ。くしゃみときくらい大丈夫!と思っていませんか?

決してそんなことはありません。くしゃみの時に起こる尿漏れは、腹圧性尿失禁と言われます。腹圧をかけた(かかった)時に骨盤底筋が負けてしまい、尿漏れが起こってしまうのです。ほおっておくと、年と共に筋力は弱る一方ですから、10年後、20年後にはもっとひどい状態になってしまうこともあります。更年期・老年期に尿取りパッドが手放せない生活、外出するのが億劫になる生活、避けたくないですか?

妊婦なら尿漏れは当たり前!?

妊娠中は尿もれしやすいって聞くから、仕方ない!?そんなこともありません。

子宮が大きくなり、膀胱を圧迫すると、膀胱容量が小さくなります。尿が溜まるスペースが減ってしまいますので、非妊時に比べると、排尿回数が増えてしまうこともあるでしょう。かといって、水分制限はよくありません。妊娠中は血液量が増えますので、水分摂取は大切です。水分を減らすことで膀胱炎のリスクも上がります。妊娠中は、こまめに排泄すること。

それと、内臓の位置関係として、平均して、膀胱はおしもから4cmの位置、子宮は7cmの位置にあると言われています。その差3cm。これだけあれば、出産間近でない限り大きく膀胱を圧迫することはありません。

妊娠中を通してずっと尿漏れに悩まされる場合には、内臓が下がっている可能性があります。これには冷えが大きく影響している場合がありますので、身体を冷やさないように注意しましょう。

尿漏れ対策に生理用ナプキンを使う弊害

尿漏れが頻繁に起こると、生理用ナプキンや尿取りパッドを使用することもあるでしょう。仕方ない場合もあるのですが、使い捨てのケミカルナプキンを使うのは、あまりオススメできません。

ケミカルナプキンにかぶれたことはありませんか?特に妊娠中は免疫力が下がりがちになりますので、カンジダ症を発症する女性も少なくありません。化学繊維を使用していますので、身体を冷やす原因にもなり得ます。身体が冷えると、さらに膀胱容量が小さくなり、尿漏れが悪化してしまう…という悪循環を引き起こすことも。妊娠中の尿漏れ対策に、布ナプキンを使用してみませんか?ケミカルナプキンに比べると、身体を冷やすことは少なくなりますし、かぶれることもありません。自分で洗わないといけませんから、できるだけ汚さないようにと、骨盤底筋を意識することにもつながります。

尿漏れ予防のために筋トレを!!

尿漏れを予防するためには、筋トレをするしかありません。日常生活すべてが骨盤底筋の筋トレに通じます。とにかく歩く時間、動く時間を増やすことが大切です。

それと同時に、局所的な筋トレとして、キーゲル体操があります。尿道口・膣口・肛門のまわりにある骨盤底筋は、それぞれの入り口に丸く走る筋肉です。それらの筋肉を締めたり緩めたりするのがキーゲル体操です。わかりやすい筋肉は肛門括約筋。肛門をキュッと締めることはできますよね?締めた状態を10秒キープできるでしょうか。肛門で出来れば、次は膣口。そして、尿道口。それぞれ締めたり緩めたりしてみましょう。座っていても立っていてもできる運動。信号の待ち時間、お友達と話をしながら、ちょっとした隙間時間でできる体操です。日々の積み重ねが、悪化の予防につながります。コツコツ続けて改善させていきましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 産後の体 産後の尿漏れ

この記事を書いた人

utico

福岡で活動している助産師uticoです。
妊婦さん大好き、出産大好きな助産師ですが、2015年IBCLC(国際認定ラクテーションコンサルタント)という資格をと...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 若い女性にも急増中!?気になる尿漏れを予防改善しよう