1. >
  2. >
  3. >
  4. 期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫る

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫る

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫るのタイトル画像

赤ちゃんが生まれた途端、悩みのタネになってしまうのが「おむつ」。実際に赤ちゃんのお世話をしてみると「こんなに頻繁に変えるの!?」と四苦八苦された人も多いのではないでしょうか?また、生まれたての繊細な赤ちゃんのお肌をおむつかぶれから守るためにも、どのようなおむつを選ぶのが良いのでしょうか?

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015192553
PR プロクター・アンド・ギャンブル

10年以上、全国の病産院でいちばん愛され続けているおむつを知っていますか?

「生まれたての赤ちゃんの肌にも優しい」との評判と信頼から、10年以上全国の病産院でいちばん選ばれている「紙おむつ」があります。(*1)

それは「パンパースのはじめての肌へのいちばん(*2)(テープ)」

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫るの画像1

羊水から出たばかりの新生児の肌はとてもデリケート。しかし、病産院では決して赤ちゃんのおしりをかぶれさせてはいけません。

パンパースは、「新生児でもかぶれにくいおむつ」として全国の病産院から選ばれ続けて10年。5つ星の肌へのやさしさ(*3)と、その信頼と実績で、現在もNo.1に輝いています(*1)。

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫るの画像2

実はこの「パンパースのはじめての肌へのいちばん(*2)」、これまでテープタイプのみの販売でしたが、ファンからの根強い要望もあり、4月に最高品質(*2)シリーズのパンツタイプの紙おむつとして『パンパースの肌へのいちばん(*2) パンツ』が新登場!

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫るの画像3

ママたちからは「触った瞬間に感動する!」などと、発売当初からかなりの好評をいただいているとのこと。

ママたちの心を鷲掴みにした新登場の『パンパースの肌へのいちばん(*2) パンツ』、いままで世の中になかった新製品ということですが、一体どんなところが最高品質なのか?

Conobie編集部がパンパースの開発担当者にインタビューをしてきました!

おむつと言えば「パンパース」!神戸のP&G本社で開発秘話に迫る!

訪れたのは、兵庫県神戸市にあるP&G本社。パンパースは1977年から日本で発売されてから、今年で40年目になるそう。(すごい歴史!)

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫るの画像4

今回お話をお伺いしたのは、開発担当の久保さんと、ブランドPRの林さん。お二人とも10年以上P&Gにお勤めで、パンパースの歴史を支え続けています。

それでは、新登場の「5つ星の肌へのやさしさ(*3)」を実現した最高級パンツの開発秘話について伺っていきましょう。

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫るの画像5

赤ちゃんの皮膚の厚みは、大人の約3分の1!?

そもそも、どうして赤ちゃんにおむつかぶれが起きてしまうのでしょうか?

開発者の久保さんによると「赤ちゃんの皮膚の厚みは、大人の3分の1しかないと言われているんですよ」とのこと。

最新の研究では、赤ちゃんには肌に触れる感触に対して強いこだわりがあることが発見されており、木よりもベルベットの感触を好むことも明らかになったそうです。

「ですから、やわらかく、シルクのような肌ざわりの製品を選ぶことが、赤ちゃんのおむつ選びでは大切なのです」

なるほど、この話を聞くだけで、赤ちゃんの肌を守ることがどれだけ重要なのかが分かりますね。

今回新発売された『パンパースの肌へのいちばん(*2) パンツ』は、「極上シルクのようなやわらかさ」を目指し、おむつの開発を進めたとのこと。

実際に、一般的なパンツタイプのパンパース旧製品と、『パンパースの肌へのいちばん(*2) パンツ』(以下『肌いちパンツ』)を手にとり、肌さわりを比べてみたのですが…

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫るの画像6

編集部「ぜ、全然違う…!!!!!(一同、感嘆、唖然)」

おむつに手を入れた瞬間、何とも言葉では表現しがたいほど心地よい肌さわりで、“肌に吸い付くようなしっとり感”がありました。

「私も、初めてさわった時、感動したんですよ(笑)」と、3児の母でもあるブランドPR担当の林さん。
毎日おむつに触れているママであればなおさら、その違いに感動すること間違いなしです。

それでは、『肌いちパンツ』のこの極上のやわらかさには、どんな秘密が隠されているのでしょうか?

【秘密1★】感動するほどの、"極上シルクのようなやわらかさ"

感動的な肌さわりは、どのようにして実現されたのでしょうか?久保さんに伺いました。

「赤ちゃんのお腹にあわせて伸び縮みするよう、ダブルステッチデザインを採用しました。それにより肌にかかる圧力を軽減することができ、赤ちゃんのお腹がふくらんでも、快適さはそのままです」

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫るの画像7

「また、パンパース独自開発の素材は、まるでシルクのようなやわらかい肌さわり。おむつのいちばん外側のシートもやわらかい素材を採用しているため、足をよく動かしてあたっても、赤ちゃんのお肌を心地よく包み込みます」

【秘密2★】赤ちゃんを包む「柔らかさ」は、"Sカーブ"がポイントだった!

デリケートでやわらかい赤ちゃんの肌に負担をかけたくない・・・そんな思いから改良されたのは、その肌触りだけではありません。

赤ちゃんが感じる柔らかさは、素材だけではなく、赤ちゃんならではの体型や動きに合わせた『おむつの構造』によっても左右されます。

そもそも赤ちゃんの身体は、大人の身体が小さくなっただけのものではなく、さまざまな点で重要な違いがあるとのこと。

例えば、赤ちゃんは大人よりも内臓が出っ張っており、おなかがぷっくりしています。逆に、おしりをつきだしたような体型で、恥骨あたりはへこみ、横からみるとS字に曲がったような独特の形をしています。

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫るの画像8

このような赤ちゃん独特の体型に対し、従来品ではおむつがずれないよう、お腹のゴムを一様な力で締め付けてしまっていたのですが、そうするとお腹周りが苦しくなってしまったり、ゴム跡がついてそこから肌荒れを起こしてしまうこともあります。

そこで開発したのがパンパースだけの世界初(*4)の新技術「快適フィット革命!Sカーブ」!

人間工学にもとづいて開発されたこのSカーブ構造により、赤ちゃんにとって嬉しい二つのポイントがあるとのこと。

「一つは、赤ちゃんの体へのフィット性です。
新『肌いちパンツ』は、赤ちゃんならではの体形・動きに合わせてフィットするよう、人間工学にもとづいて開発されています。背中と恥骨でしっかり支えることで、お腹を締め付けることなく、赤ちゃんの動きにフィットさせることができています」

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫るの画像9

「もう一つは、摩擦の軽減。
新『肌いちパンツ』は「Sカーブ構造」により、赤ちゃんのならではの体型にあわせておむつがぴったりフィットするので、動いてもずれることなく、おむつと赤ちゃんのお肌の間に発生する摩擦を軽減することができています。パンパース史上最高の心地よさを追求したデザインにより、快適フィットとまるで何も履いていないかのような心地よさ、ふたつの便益を実現しました」

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫るの画像10

これは世界初(*4)、パンパース独自の紙おむつのデザインだとのこと。
かなりの技術力が必要で、「とても大変でした…」と久保さんもおっしゃっていました。

しかし、『肌いちパンツ』の新たな開発は、これだけでは終わりません・・・!

【秘密3★】おむつの中が快適に!「いつでも360度フレッシュエア通気」

特にパンツタイプのおむつの場合、内側の湿度が極端に高くなります。いわゆる“ムレる”ことで、汗っかきの赤ちゃんの肌にダメージを与えてしまうことも。大人でさえ、下着がムレていたら気持ち悪く感じますよね。これは、赤ちゃんも同じことです。

『肌いちパンツ』の内側がムレずに快適な秘密は、「いつでも360度 フレッシュエア通気」を採用しているから。
100万個のミクロの穴から湿った空気を外に逃すので、ムレを外へ追い出してくれるのです。

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫るの画像11

だから赤ちゃんがどんなに動き回っても、オムツの中はいつも快適なんですね。

【秘密4★】独自の「ローション配合シート」で肌を守るバリアをつくる

4つ目の秘密は、パンパース独自のローション配合シート。

なんと、おむつ内側の表面シートにローションを配合!ローション成分が肌を守る非常に薄い層を作り、おむつによる摩擦や刺激を防ぐバリアとなって、デリケートな赤ちゃんのお肌を守ってくれるんです。

肌さわりに加え、何より「肌へのいちばん」を想って開発されていることがよく分かりますね。

【秘密5★】独自のシートで2倍のさらさら(*5)を実感

ママ・パパがおむつを選ぶにあたり、やっぱり気になるのは逆戻りのしにくさや、さらさら感。体重により負荷がかかった時に、おむつに一度吸収された水分が逆戻りすることが、不快感の原因。

『肌いちパンツ』では、通常より1枚多い独自のさらさらシートを使っているから、おしっこもムレも肌によせつけません。逆戻りも防ぎ肌に水分が当たらず、赤ちゃんの肌はずっとさらさら。

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫るの画像12

さらさら感についても、『肌へのいちばん(*2)』の秘密が隠されているんですね。

「赤ちゃんにとっての最高の肌へのやさしさ」をどこまでも追求する開発姿勢が、この「肌へのいちばん(*2)」という製品名に込められているんだ・・・!いうことを実感しました。

ママと赤ちゃんの声をもとに、「いいもの」をつくり続けていく

「開発する時は、単に原料を変えれば良いというわけではないんです。

ママが、何をもって『柔らかさ』と言っているのか?赤ちゃんのストレスをどうやったら軽減できるのか?をしっかり理解した上で、改良を重ねています」と、久保さん。

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫るの画像13

赤ちゃんの立場に立ち、ママたちの声を参考にしながら、「いいもの」をどこまでも追求していく。そんな開発者のこだわりが垣間見れました。

このように独自の製法を開発しながら、常に「いいもの」を目指し続ける、その姿勢こそ、パンパースが長く愛されている秘密ですね。

使ったママは100%「赤ちゃんにとって快適」と評価!(*6)

『肌いちパンツ』を、5日間、100人の赤ちゃんに使ってもらいママの感想を聞いたところ、なんと100%のママが「赤ちゃんにとって快適」だと評価(*6)したとのこと!これはスゴイ数字ですね。

期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫るの画像14

「もちろん、パンパースの中では最高品質(*2)なので、プレミアム感があるかもしれません。でも『自分が納得した製品でいちばんいい製品を赤ちゃんに使ってあげたい』そう思うママパパに対して、開発を進めてきました。

赤ちゃんはなによりも大切な、世界でいちばん愛おしい存在で、みんなをいつも幸せにしてくれる。だからなによりもまず、赤ちゃんにとっての“いちばん”を考えてあげたい。そう願うママパパに使ってもらえれば幸いです」と、ブランドPRの林さん。

「我が子にはできるだけ『いいもの』を使わせてあげたい・・・!」そんなママパパの願いに応えるべく、たゆまぬ努力の上に開発された、『パンパースの肌へのいちばん(*2) パンツ』。

取材した私たちも、開発に込められたその想いをしっかりと感じることができ、すっかり『肌いちパンツ』のファンになってしまいました!

どんどん成長していく赤ちゃんにとっては、
毎日が特別な一日。

「赤ちゃんに、一番のことをしてあげたい」と思っているお母さん、お父さん。
ぜひ、この『パンパースの肌へのいちばん(*2) パンツ』を選んであげてみませんか?

(*1) パンパースブランド新生児用、P&G調べ
(*2) P&G製品内比較
(*3)製品が持っている5つの特徴を指しています
(*4) S字型及びダブルステッチ技術のことを指します。 世界のリーディングブランドとの比較。2015年6月、P&G調べ。
(*5)独自のシートなしのパンパースとの比較
(*6) P&G調べ。 日本の100人の赤ちゃん(Mサイズ着用)が参加した5日間の消費者テストに基づく。2014年9月。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

おむつ・おむつ替え 赤ちゃんのお世話
  1. >
  2. >
  3. >
  4. 期待を裏切らない感動の肌触り!全国の病産院で選ばれてNo.1おむつの開発秘話に迫る