無痛分娩を選択したけど、産前の「麻酔が不安…!」その理由とは?のタイトル画像
公開 2016年03月25日  

無痛分娩を選択したけど、産前の「麻酔が不安…!」その理由とは?

68,622 View

二人目の出産も、無痛分娩を選択しました。さあいよいよ出産当日の朝、麻酔をするのですが…わたしはとっても不安だったのです。その理由は…


二人目の無痛分娩、麻酔が不安だった…!

さて、いよいよ出産当日の朝です。
まずは陣痛促進剤を入れていくのですが…

無痛分娩を選択したけど、産前の「麻酔が不安…!」その理由とは?の画像1

二人目の出産の時麻酔はとても緊張しました。

というのも、一人目の時は「麻酔酔い」に悩まされたからです。

一人目は下半身全部麻酔で「麻酔酔い」がひどかった…!

無痛分娩を選択したけど、産前の「麻酔が不安…!」その理由とは?の画像2

一人目の病院は麻酔の量が多く、下半身全部麻酔がかかっていました。
(最初は量が多すぎたほどで胸から下感覚がなくなってしまったので、慌てて量を減らしてもらいました。)

麻酔が偏り過ぎないように、一定時間ごとに寝がえりを打つように言われていました。
下半身感覚がないので寝返るのも大変な状態でした。

その後に襲われる、かゆみと吐き気

無痛分娩を選択したけど、産前の「麻酔が不安…!」その理由とは?の画像3

麻酔が効きはじめたと思ったら、かゆみと吐き気が襲いかかりました。
痛みは全く無かったのですが、このいわゆる麻酔酔いに苦しめられました…。

スマホを見たり話したりできるぐらいのかゆみと吐き気だったので良かったのですが、
陣痛中は常にこの状態だったので大変でした。
合間に合間に睡眠をとり、気分を紛らわせていました。

そのため、二人目の時も同じようになるのかと、けっこう不安に…。
実際、二人目の時の麻酔はどうだったかというと、

二人目は麻酔箇所が違かった!「子宮周り」のみの麻酔

無痛分娩を選択したけど、産前の「麻酔が不安…!」その理由とは?の画像4

二人目の病院は麻酔の量を最低限に抑え、子宮周りのみ麻酔をかけてくれました。
足の感覚もある!と、とても安心した覚えがあります。

麻酔の量も一人目の時より減ったため、麻酔酔い全くなし

無痛分娩を選択したけど、産前の「麻酔が不安…!」その理由とは?の画像5

1人目の時に苦しんだ麻酔酔いですが、なんと今回は全くありませんでした!

麻酔の量を調節してるからとのことで、とてもありがたかったです。
朝から麻酔を入れたのですが、昼ごはんも食べられるほどいつもと変わらずな体調でした。

前回が麻酔酔いに悩まされた分、とても快適な麻酔でした!

同じ麻酔でも病院によってやり方は違いますし、
麻酔酔いは体質によるものかと思いましたが、量次第でこんなに違うのかと驚きました。


次回は、破水についてをご紹介します。

アサナさんの書籍もおすすめ!

Share!