1. >
  2. >
  3. >
  4. 計画無痛分娩!ドキドキの前日入院で行われることとは…?

計画無痛分娩!ドキドキの前日入院で行われることとは…?

計画無痛分娩!ドキドキの前日入院で行われることとは…?のタイトル画像

計画無痛分娩での前日入院について、どんな流れなのかお伝えしたいと思います。

無痛分娩、前日入院の流れとは?

1人目も2人目も計画無痛分娩だったため、前日入院でした。

前回の「産む日の決め方」でお伝えしたように計画分娩のいいところは出産日を決められることです。

計画無痛分娩!ドキドキの前日入院で行われることとは…?の画像1

明日には赤ちゃんが産まれるとわかっているのは不思議な感じでした。

不安もありましたが、会えるのが楽しみな気持ちが大きかったです。

【前日入院の流れ1】麻酔のチューブを刺す

出産の前日にやること、
それは背中に麻酔を入れる用のチューブを刺すことです。

そして翌日の出産の為に、子宮口を徐々に開いていきます。

無痛分娩では「硬膜外麻酔」という方法が一般的。背中の骨と骨の間にカテーテルを挿入します。

計画無痛分娩!ドキドキの前日入院で行われることとは…?の画像2

この骨と骨の間に刺すというのが既に痛そう…と思いますよね。
私もそれがすごく怖かったのですが、

大丈夫です!

このカテーテルを挿入する前に、細い針で局所麻酔をするからです!
こちらは歯医者でする麻酔みたいなものですので、そんなに痛くありません。
(感じ方に個人差はありますので、そのあたりはご了承ください。)

麻酔のチューブをさす過程は、第一子、第二子どちらの病院も一緒でした。

計画無痛分娩!ドキドキの前日入院で行われることとは…?の画像3

【前日入院の流れ2】子宮口を開く

麻酔を入れられる状態になったら、次は子宮口を開いていきます。

計画無痛分娩!ドキドキの前日入院で行われることとは…?の画像4

それからすぐに麻酔を入れ、
ラミナリアという海綿体(水分を吸って徐々に大きくなる棒状のもの)を入れて
子宮口を開いていきました。

麻酔は弱めなので軽い生理痛ぐらいの鈍痛がありました。
鈍痛と緊張もあってかなかなか寝つけなかったです。

ちなみに2人目の時は、子宮口が既に3cm開いていたため、
通常はラミナリアを入れたりするのですが、麻酔も入れず何の処置もありませんでした。

経産婦だったので子宮口が開きやすかったのでしょうか。

不安な気持ちより、やっぱり「赤ちゃんに会える楽しみ」が大きい!

計画無痛分娩は前日入院。
不安な気持ちもありましたが、赤ちゃんに会える楽しみが大きかったです。

一般的には前日から徐々に子宮口を開いていきます。
「硬膜外麻酔」は局所麻酔をしてからカテーテルを刺すので、そこまで痛くないと思います。


次回はいよいよ出産当日!
麻酔についてです!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産準備 出産・産後 無痛分娩 分娩方法

この記事を書いた人

アサナ

漫画家。1986年生まれ。高知育ち。立教大学社会学部社会学科卒。
KADOKAWA中経出版より「オタママ充!」発売中。お仕事のご連絡はbwizu☆hotmai...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 計画無痛分娩!ドキドキの前日入院で行われることとは…?