1. >
  2. >
  3. >
  4. つい実母に甘えちゃう…そんな時の、先輩ママのありがたいアドバイス【No.53】職場復帰編

つい実母に甘えちゃう…そんな時の、先輩ママのありがたいアドバイス【No.53】職場復帰編

つい実母に甘えちゃう…そんな時の、先輩ママのありがたいアドバイス【No.53】職場復帰編のタイトル画像

双子は保育園に通い出してから、本当によく交替で熱を出していました。保育園を休んでいる間、どうしても実母に面倒をみてもらいがちになっていた時、先輩ママさんからこんなアドバイスをもらいました。

双子が交替で熱を出すと、そのお世話を実母に頼ることが多くなっていました。

頼れる実母が近くにいるというのはありがたいことですが、
仕事の忙しさにかまけて、ついつい頼り切ってしまいがち。

そんな時、先輩の言葉にハッとしました。

「一日だけ」でも違うのよ

つい実母に甘えちゃう…そんな時の、先輩ママのありがたいアドバイス【No.53】職場復帰編の画像1

それは、双子のうち長女の方が熱で保育園2日目のお休みの時のこと。

心配した先輩ママさんが、声をかけてくれました。


その頃、仕事も忙しかったので、まるまる一日職場を休むのもためらわれ、
少し早めにあがらせてもらったり、病院に行く時にだけ1時間単位などの細切れでお休みをもらっていました。


そんな私の様子を見て、先輩が

『子どもってね、一日だけでもゆっくりお母さんがそばにいてくれるだけで、回復が早くなるのよ』

と、アドバイスをくれました。

その言葉を聞いて、ハッとしました。


最近、仕事のことばかりが頭にあったんじゃないか。

実母に任せることに慣れてしまっていないか。

なにより、子どもにとって何が大事かということを忘れてしまっていた…?

というか、見ないふりをしてしまっていたんじゃないか…。




先輩の言葉は、そんな気づきを私にくれました。




私にとってこのアドバイスは、
「仕事への向き合い方」そして「子どもに対する向き合い方」

もう一度考え直す、いい機会になりました。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を書いた人

かよポン

はじめまして、鹿児島在住、かよポンと申します。
2009年11月生まれの海(長女)、洋(長男)の双子の高齢おかーさんです。
アラフィフ高齢おとーさんとともに...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. つい実母に甘えちゃう…そんな時の、先輩ママのありがたいアドバイス【No.53】職場復帰編