1. >
  2. >
  3. >
  4. 産後の栄養と食事

産後の栄養と食事

産後の栄養と食事のタイトル画像

産後って、どんな栄養を取ればいいの?どんなご飯がおすすめなの?

産後に食べてほしいものって?

数年前から健康食、ナチュラルフード、いろいろな食にまつわる情報がたくさんあふれています。産後はなにを食べたらいいのかな?と悩む方も多いかもしれません。産後のおすすめの食事をお伝えします。

産後は時間がない!?

産後すぐの新生児~生後3か月くらいまでの赤ちゃん(ねんね期のピーク)には、たくさん泣いて、お母さんが何もできずに抱っこしっぱなし!という日もあります。寝返りやはいはいなど、ばたばた動きはじめてからも、毎日赤ちゃんから目が離せずに、ゆっくり座ってごはん食べれるの日が来るのかと疑問に思うほど、バタバタした時間を過ごすことになるでしょう。

そんな時、私を助けてくれたのは「おむすび」。お米を炊いておけば、あとはなんでも良し。炊き立てのあとすぐに何個か作っておけば、時間がたっても美味しく食べられます。海苔も食べる直前に巻けばパリパリで美味しく、疲れた体にはシンプルな塩おむすびが染み渡ります。



また母乳を続ける人には特に、しっかりとご飯を食べてほしいと思っています。何百年も前から米を食べ着つけていた日本人。そのDNAに響く、ソウルフードのご飯は、最もエネルギーチャージが出来る食材のひとつです。

温かい物をいただく

産後はとてもバタバタしていますので、気が付くと家族一緒に出したご飯が私の分だけすっかり冷え冷え…なんてことも。産後の体には温かいものを取ることをおすすめしていますので、そんな忙しいお母さんたちにぜひ活用してほしいのが「お味噌汁」。発酵食品が身体によいことが科学的にも証明されてきていますし、野菜をたくさん取れる点もお味噌汁の魅力です。忙しすぎて水を飲むことすら忘れてしまう人がいるくらい、慌ただしい産後。ぜひ「汁物」を温かくしていただくことをおすすめします。

産後の身体はとくに冷えやすくなります。温かい物を食べると、暑いときには汗がでてさっぱりしますし、寒いときには体の中から温めることができます。

旬の栄養を意識していただく

温かい汁物の中に、ぜひ入れていただきたいなと思うもの。それは、旬のお野菜です。これにはとても大事な意味が込められています。「旬」にとれたものは、その植物の力を十分に発揮し、無理のない形で生き生きと育ったものです。そのため、旬の方がそうでないものよりも栄養素が濃い、ということが、科学的にも検証されています。

また、自分たちの「風土」にあう食べ物も大切。北は北海道、南は沖縄で、気温差が10度以上もありますから、育つ植物や生きる人の心地も大きく変わってきます。そういうことも意識しながら日々の食事を考えるだけでも、気分転換にもなるでしょう。

豊かな自然と四季の日本にいるからこその食生活。産後はおむすびと温かいお味噌汁を中心に、常備野菜や良質なたんぱく質をとり、心地よく過ごすことで、身体も心も整ってくるでしょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 産後の生活 産後の体 産後ダイエット

この記事を書いた人

やまがた てるえ

【著書】産後、つらくなったらよむ本(合同出版)ぽかぽか子宮のつくり方(河出書房新社)13歳までの女の子に伝えたい心と体のこと・15歳までの女の子に伝えたい自分の...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 産後の栄養と食事