1. >
  2. >
  3. >
  4. 「もうすぐ一年生なんだからがんばって」と言わないで

「もうすぐ一年生なんだからがんばって」と言わないで

「もうすぐ一年生なんだからがんばって」と言わないでのタイトル画像

3学期が終わるまで1か月をきりました。今までの幼稚園、保育園生活が終わろうとし、新しい学校生活が始まります。初めての小学校生活にドキドキ、ワクワク。私の場合は、高まる期待と同時に「うちの子…大丈夫かしら」という不安に思っていました。親子で気持ちが揺れる新学期、どんなふうに子どもに接してあげるとよいでしょうか。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174008819

もうすぐ入学!子どもへの期待でいっぱい

新生活への思いは、期待と不安が混ざったような複雑な気持ち。
「楽しみ!」と前向きにとられられる子どもや、一人で登校することや勉強のことなどでなんとなく不安に感じている子どももいると思います。

かわいい我が子の門出ですが、新しい学年にあがるとその分子ども達に与えられる課題も増えていきます。
私は、そんなときに、何かにつけて息子に言っていたのが「もうすぐ一年生なんだから、がんばってね!」「もうすぐ一年生なんだから、それくらい自分でやりなさいね。」私としては励ますつもり声をかけていたのですが…。

子どもに気負いさせてしまっていた?!

息子は、年長の冬くらいから、まばたきがひんぱんに増え、体を動かすたびに「あ」と小さく声を出すようになりました。
またツバを道にはきかけて歩くようになりました。

しばらくは様子を見守っていましたが、まばたきや「あ」と声を出す回数が日に日に増えていき、ようやく気付いたのですが、チック症状が出ていたのです。

もしかしたら私の言葉が息子にプレッシャーをかけているかもしれないと思い、「もうすぐ一年生なんだからちゃんとしなさい…」と発破をかけるような声掛けをやめました。

ママが受け入れてあげると、子どもは安心する

突き放すよりも、”協力するから安心していいよ”という気持ちを体と言葉で伝えいくよう対応を変えてみました。

息子が「一人でできない!やらない!」とぐずったときは「もうすぐ一年生なんだから…」という言葉を飲み込んで、さっと手を貸して「大丈夫だよ、手伝うよ」と声をかけるようにしました。

1か月ほどにわたる私の対応は良かったのか、悪かったのか、息子のぐずりは一時的に大きくなりました。息子の一段と上回る甘えんぼぶりに困りましたが、「しょうがないねえ!」と言いながら手伝えるときは手伝い、困ったときは、最初は少し手伝ってから「ちょっと今、ママは疲れていてできないよ、自分でやってくれるとママは嬉しいな」と声がけをしてみました。

ほどなくして、一時的に増えたぐずりが嘘のようになくなり、落ち着くようになったのです。

突き放さず「そうかそうか」と共感する

子どもがぐずったり、「やって!」と一人でできることを頼んできたとき、ママはできるだけやってあげると良いと思います。
また、できないときは少しだけ手伝ってあげて、後押ししてあげるのも大事だと感じます。

最初から「一人でやりなさい!」と一喝するのは子どもの不安をかきたてるので、「一人でできないんだね、そうかそうか」と共感することで、子ども達は安心するのだと思います。
特に小学校へ入学するというタイミングでは、子どもの心は緊張しているものです。子どもの心を解きほぐすには、「大丈夫だよ、手伝うよ」という風に、子どもに寄り添ってあげる声かけをしたいですね。

ママも子どもも気負いせずに、小学校入学の門出をむかえられると良いなと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

成枝らわ

ご覧いただきありがとうございます。
はっきりと診断されていませんがADHDっぽい9歳の男の子の母です。
会話が噛み合わず、不注意が多く、カッとなりやすい性質...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「もうすぐ一年生なんだからがんばって」と言わないで