1. >
  2. >
  3. >
  4. 「命の抱擁」〜保育器の中で双子の姉妹が起こした奇跡と、気になるその後〜

「命の抱擁」〜保育器の中で双子の姉妹が起こした奇跡と、気になるその後〜

「命の抱擁」〜保育器の中で双子の姉妹が起こした奇跡と、気になるその後〜のタイトル画像

超低出生体重児で生まれ、命の危機を迎えた双子の一人。同じ保育器の中でもう一人のきょうだいが起こした奇跡に世界中が感動!

目次 命の危機に瀕した赤ちゃん…その時双子のきょうだいがとった行動とは

命の危機に瀕した赤ちゃん…その時双子のきょうだいがとった行動とは

今から約20年前、マサチューセッツ州でブリールとカイリーという双子の姉妹が生まれました。生まれた直後の体重はどちらも約900g。あまりにも早すぎる出産です。医師たちは父親に対し、「今は健康な状態ですが、数日後にはどうなってしまうかわからない」と伝えます。

「命の抱擁」〜保育器の中で双子の姉妹が起こした奇跡と、気になるその後〜の画像1

そして生後3週間が経ったとき、恐れていたことが起こります。双子のうちの一人、ブリールが呼吸困難に陥り、危篤状態になったのです。みるみるうちに顔は青ざめ、容体は悪化していきました。

「せめて最後は一緒に過ごさせてあげよう」
一人の看護師のそんな計らいで、健康なカイリーが衰弱したブリールの保育器へと運ばれます。

その時でした

「まだ死んじゃだめだよ」

そんな思いが彼女をそうさせたのでしょうか。まだ自由に動かない体を何とか動かして、カイリーがブリールに腕を回し、彼女を抱き寄せます。

「命の抱擁」〜保育器の中で双子の姉妹が起こした奇跡と、気になるその後〜の画像2

するとどうでしょう。それに答えるかのように、ブリールの呼吸は安定し、見事に危篤状態から抜け出したのです!

この奇跡は写真とともに様々なメディアで取り上げられ、大きな話題となりました。

「命の抱擁」〜保育器の中で双子の姉妹が起こした奇跡と、気になるその後〜の画像3

その後健やかに成長し、今ではすっかり大きくなった二人。

「命の抱擁」〜保育器の中で双子の姉妹が起こした奇跡と、気になるその後〜の画像4

「もしどちらかが悲しいときには、もう一人が抱きしめてあげるの」

そう語る二人の間には、生まれたときから続く固い絆が確かに存在しています。



とても小さな手によって救われた尊い命。二人の絆のように、目に見えない強い気持ちこそが、大きな奇跡を起こすのかもしれませんね。

The hug that helped change medicine

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子どもの成長・発達 子育て・育児

この記事を書いた人

sngm

海外ネタを中心に執筆します。何か「あっ」と思わせるような記事がかけるように尽力中です。

趣味:楽器演奏、語学、アニメ・漫画 等...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「命の抱擁」〜保育器の中で双子の姉妹が起こした奇跡と、気になるその後〜