1. >
  2. >
  3. 子育てのゴールって何?子どもと関わるときには、ゴールを意識してみよう

子育てのゴールって何?子どもと関わるときには、ゴールを意識してみよう

子育てのゴールって何?子どもと関わるときには、ゴールを意識してみようのタイトル画像

みなさんにとっての子育てのゴールは何ですか?私にとっての子育てのゴールは、『自分で責任がとれる自立した人間』に育てることです。自分でできることは、失敗してもいいから自分でさせるように心がけています。我が子の力を信じて、言いたくなる気持ちを抑えながら、口を出さないように見守りたいですね。

あなたの子育てのゴールは何ですか?

あなたの子育てのゴール(目標)は何ですか?



私の子育てのゴール(目標)は ”自分で責任のとれる自立した人間”に育てることです。 責任というのは、【自分に対しての責任】と【集団の一人としての責任(貢献)】です。



【自分に対しての責任】とは、自分ができることは自分でし、自分ができないことを人に頼める力があるということです。 【集団の一人としての責任】とは、自分のことだけでなく、必要なときには、誰かを助けようとする、頼まれごとに応答する力があるということです。



私は子育てのゴール・目標を”自分で責任のとれる自立した人間”に育てることと考え、日々子どもと接しています。

子育てのゴール(目標)の《What?》《Why?》《How?》

ゴールの《What?》《Why?》をきめたら、《How?》の視点から、行動をするようにしています。





【ママ先生の子育てのゴール・目標】



《What?》 ”自分で責任のとれる自立した人間”に育てること



《Why?》 自分の考えをしっかり持ち、自立した人間になることで、自分らしく生きることができるから



《How?》

 *自分でできることは自分でさせる

 *失敗するだろうなと思っても、自分でやってみないとわからないので、口を出さずに見守る

 *子どもの心の様子を知るために、子どもの話を聴くようにする

  (聴くときは、アドバイスはしない)

 *我が子を一人の違った人格を持った人間だと思って接する

  (我が子だけど、他人という意識をもつこともある)

まとめ

いま、我が子は14歳、11歳です。思春期のまっただ中。自分のことを自分でできる年頃になってきました。自分でできることは、失敗してもいいから自分でさせるように心がけています。



失敗するだろうなと私自身の経験から思っても手を出さずに見守るというのは、忍耐もいるし、結構しんどいです。



しかし、自分自身で体験し、失敗してみないとわからないこともあるので、あえて、口も手も出さずに見守るように努力しています。私の子育てのゴールは、『自分で責任がとれる自立した人間』になること。我が子の力を信じて、言いたくなる気持ちを抑えながら、口を出さないように見守ります!!



あなたも子育てのゴールは何ですか?なぜですか?《What?》《Why?》

子育てのゴールに向けて、どのような行動をしますか?《How?》



みなさんも一度考えてみてはいかがでしょうか?

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児

この記事を書いた人

ママ先生

はじめまして。
【Happyいくじコーディネーター】ママ先生の平田由里子です。

誰もが自分の中にいる神様を起こし、 ブレない自分軸をもち、
”自分らしく生きた...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. 子育てのゴールって何?子どもと関わるときには、ゴールを意識してみよう