1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【種類別】離乳食の椅子 特徴・使い方・月齢・メリットまとめ

【種類別】離乳食の椅子 特徴・使い方・月齢・メリットまとめ

【種類別】離乳食の椅子 特徴・使い方・月齢・メリットまとめのタイトル画像

離乳食をあげるときに、ベビー専用の椅子があると便利ですよね。でも、種類がたくさんありすぎてどれを選んでいいのか迷ってしまうママも多いのでは?メリットとデメリットをしっかり考え、お子様にぴったりな椅子を賢く購入しましょう!

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015184491
目次 離乳食デビュー!椅子はいつから使うべき?
おすすめ離乳食の椅子①ベビーチェア
おすすめ離乳食の椅子②ハイチェア
おすすめ離乳食の椅子③お食事用ハイチェア
おすすめ離乳食の椅子④豆いす
おすすめ離乳食の椅子⑤テーブルチェア
おすすめ離乳食の椅子⑥ハイローチェア
まとめ

離乳食デビュー!椅子はいつから使うべき?

生後半年程度になると、赤ちゃんの離乳食が始まります。抱っこして食事をあげるのが大変になったら、椅子の利用を考えたほうがいいかもしれません。大人のいすでも代用できそうですが、高さが合わなかったり、安全性に問題があります。また、姿勢が悪くなったりもするので、やはりベビー専用の椅子を使うのがお勧めです。

一口にベビー専用の椅子といっても、生まれてすぐの0ヶ月で使えるものや、首がすわる3ヶ月ころから使えるもの、腰がすわる5ヶ月ころからずっと長く使えるものなど種類はさまざま。それぞれの椅子の利点と欠点をよく知ることで、無駄なく離乳食の椅子の準備ができそうですよ。

おすすめ離乳食の椅子①ベビーチェア

ベビーチェアは、首がすわっていれば月齢が低い赤ちゃんでも使えるものがあるので、離乳食を始める前から練習を兼ねて使うことができます。

■バンボ・コンボ プレートレイ付き ベビーソファ

・価格 \7,992

・商品紹介
3ヶ月から14ヶ月の赤ちゃんに使うことができます。柔らかい素材でフィット感があり、赤ちゃんが落ち着いて座っていられる作りになっています。取り外し可能なプレートとベルトがついているので、好みによって使い分けることができます。ただし、少しぷっくりめの赤ちゃんには窮屈なこともあるので、不安な方は、お店などで実際に座らせてみてからの購入をおすすめします。

・商品説明
素材:ソファ : ポリウレタンフォーム/トレイ : ABS樹脂
カラー:ライラック、レッド、ピンク、オレンジ、イエロー、ブルー、グリーンなど。

おすすめ離乳食の椅子②ハイチェア

ハイチェアは、腰がすわってきた6ヶ月から使えるものが多く、お子様の成長に合わせて調整できるようになっています。ダイニングテーブルで家族と一緒にご飯を食べたい赤ちゃんにぴったりです。腰の支えは取り外し可能です。離乳食が終わってからも、お子様が使用できるものが多いので、大事に長く使えそうですね。

■大和屋すくすくスリムフィットチェア

・参考価格¥11,880

・商品紹介
6ヶ月 から120ヶ月のお子様に使うことができ、スリムで場所を取らないのが特徴です。ダイニングで使っているテーブルと高さもちょうどいいので、家族と一緒にご飯を食べることができます。

・商品説明
素材:ラバーウッド材
カラー:ナチュラル、ライトブラウン、ダークブラウン

おすすめ離乳食の椅子③お食事用ハイチェア

お食事用ハイチェアは、ハイチェア同様、腰がすわってきた6ヶ月ごろから使用可能です。保護ベルトがついているので安全です。また、テーブルがあることで、目の前に離乳食の食器を置くことができるので、自分で食べる練習がしたい赤ちゃんにぴったりです。

■カトージプレミアムベビーチェア

・参考価格¥7,180

・商品紹介
耐荷重が60kgなので、長く使うことができます。お子様の成長に合わせて調節できるのもうれしいですね。

・商品説明
素材:天然木(ブナ材)、積層合板(ブナ材)
カラー:ナチュラル、ブラウン

おすすめ離乳食の椅子④豆いす

赤ちゃんの椅子の定番と言っても過言ではない豆いす。持ち運びに便利で、何より安価で購入できるので絶対に一つはほしい椅子ですね。しっかり腰のすわった6ヶ月から3歳くらいまで使用できますが、安全性を考えると、立っちやあんよのできる1歳ごろからの使用をおすすめします。

■カトージ 静かなパイプイス(バルーン)

・価格 ¥1,125

・商品紹介
豆いす独特の「ピー」という音が鳴らない、あるようでなかった静かな豆いすです。 6ヶ月 から36ヶ月まで使えます。

・商品説明
素材:パイプ:スチール/ シート:ノンフタル酸PVC /クッション材:ウレタンフォーム

おすすめ離乳食の椅子⑤テーブルチェア

外出先にも持ち運びできるテーブルチェアは、本当に便利です。対象年齢は5か月から3歳ころまでで、汚れても洗濯可能なものが多く、とても衛生的です。簡単にテーブルに固定することができるので、場所も取らず簡単に使うことができます。注意点としては、離乳食を食べ終えて遊び始めたら、テーブルチェアからはおろしてあげたほうがよさそうです。

■イングリッシーナ ファスト テーブルチェア

・価格 ¥10,800

・商品紹介
色も多彩で、見た目にもかわいいイングリッシーナのテーブルチェア。取り付けるのが簡単で、コンパクトに収納できるのも優秀です。最高体重は15kgです。

・商品説明
素材:メインフレーム:スチール、アルミニウム/ファブリック:ポリエステル
カラー:ライム、オレンジ、ジーンズ、ライトブルー、レッド、グラファイト、グレージュ、フクシア

おすすめ離乳食の椅子⑥ハイローチェア

ハイローチェアは、ベッドの形から椅子の形になるまで調整可能なので、ねんねのころから使えるのが本当に便利です。0歳から4歳ごろまで使用することができます。お誕生から使うことで、ハイローチェアに親しみがわいている状態で離乳食に移行できる点がうれしいですね。

■コンビ ハイローベットチェアー レミニス S

・価格 ¥32,456

・商品紹介
離乳食用の広めのトレイをつけることができ、赤ちゃんが座ったときのバランスは絶妙です。0ヶ月から48ヶ月まで使うことができます。

・商品説明
素材: PP、綿

まとめ

ベビー専用の椅子にはさまざまな種類があります。生まれてすぐや低い月齢から使えるものは、安全性に特化しているので、安心して使用することができます。しかし、長く使えないものも多いので、再購入することが多いそうです。

腰がすわったころから使えるものは、木製でできているものが多く、頑丈です。しかし、頑丈だからこそ、座りごこちが気に入らない赤ちゃんもいるので、クッション等でサポートすることが必要な場合もあります。

持ち運びに便利なものは、比較的安価で便利です。しかし、長い時間座らせることは難しいことが多く、安全性もほかの物に比べると疑問が残ります。

それぞれのベビーチェアの安全性や利便性、金額等をよく考慮して、無駄なく選びたいものですよね。赤ちゃんとの離乳食タイムがハッピーなものになりますように。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

mapple

現在子育て中の二児の母です。
小学生と乳幼児の世話に、毎日奮闘しています。
分かりやすい文章を心がけています。
よろしくお願い致します!...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【種類別】離乳食の椅子 特徴・使い方・月齢・メリットまとめ