いっぱい取って、必ず食べ残す娘。こんなところから対策してみたら…のタイトル画像
公開 2016年02月09日  

いっぱい取って、必ず食べ残す娘。こんなところから対策してみたら…

156,600 View

おかずをいっぱい欲しがってお皿に盛っては残しちゃうちいちゃん。


まずはおやつの「時間厳守!」

まずは1日2回(か、それ以上)になっている
ちいちゃんのおやつの見直しをすることにしました。

いっぱい取って、必ず食べ残す娘。こんなところから対策してみたら…の画像1
いっぱい取って、必ず食べ残す娘。こんなところから対策してみたら…の画像2

お菓子の分量も先に「これだけだよ~」と告げておきます。


「もっと欲しい!」攻撃には…?

いっぱい取って、必ず食べ残す娘。こんなところから対策してみたら…の画像3
いっぱい取って、必ず食べ残す娘。こんなところから対策してみたら…の画像4

「焦ってとらないでもちいちゃんの分はあるよ。
 お皿の分食べてからにしようね。
 いっぱいとって食べれなかったら困るでしょ~?」


と説得すると、最初は嫌な顔してましたが
だんだんと分かってくれるようになりました。

「もういらない」場合と「やっぱりいる~」場合の対応は?

いっぱい取って、必ず食べ残す娘。こんなところから対策してみたら…の画像5

こんな感じで対応してました。

それを繰り返すことによって
ちいちゃんも自分の食べれる分量が分かってきたらしく
食べきれないほどの量をほしいほしい!とは言わなくなりました。

いっぱい取って、必ず食べ残す娘。こんなところから対策してみたら…の画像6

全て当たり前のことなんですが
日々のあれこれにまぎれて「まあいいか」で適当になってたことを
きちんと省みて修正できたので結果的にはよかったです!

私もご飯関係で怒ることはなくなったし
ちいちゃんも笑顔で食事できるようになりました~。

子どもの「困った」には、一度立ち止まって、普段の生活を見直すのもいいかもしれませんね。

ゆずぽんさんの書籍もおすすめ!

※ この記事は2024年05月26日に再公開された記事です。

Share!