1. >
  2. >
  3. >
  4. 好きな飲み物がゼリーになる?!3ステップでできる「紙パックゼリー」のススメ

好きな飲み物がゼリーになる?!3ステップでできる「紙パックゼリー」のススメ

好きな飲み物がゼリーになる?!3ステップでできる「紙パックゼリー」のススメのタイトル画像

冷たくてぷるんとしたゼリーは、子どもが好むおやつの1つです。「手作りおやつを作りたいけれど、手間がかかるから…」と苦手意識のあるママにこそ作ってほしいのがこの『紙パックゼリー』です!作る手順も、材料もびっくりするほどシンプルなので、ぜひ試してみてくださいね!

「紙パックゼリー」ってなに?

皆さん「紙パックゼリー」をご存知ですか?

紙パックゼリーとは、紙パックに入っているジュースなどをそのまま紙パックの容器を使ってゼリーに作りなおしたもののことをいいます。

好きなジュースや飲み物をそのままゼリーにできたり、ゼリーを食べた後紙パックは捨てるだけなので後始末も楽だったりすることから、少しずつ人気が出てきている手作りおやつです!

今回は特におすすめのお手軽ゼリーレシピをご紹介していきます。

まずはこれ!「基本の紙パックゼリー」

【材料(500ml分)】
・紙パック入りのジュース(果汁100%のもの) 500ml
・粉ゼラチン 10g
・80度以上のお湯 50ml

1.ゼラチンを80度以上のお湯で溶かし、お湯の分量だけ中身を減らした紙パックジュースの中に注ぐ。
2.口をしっかり押えて、振り混ぜます。
3.口の部分をクリップなどで止めて、冷蔵庫で冷やす。ゼリーが固まったら、できあがり。

ゼラチンの量を増減することで、ゼリーの固さを調整でき、柔らかいのも固めもお好みのままに作れます!
また小さい紙パックで作れば、1人用としてそのまま食べられるので便利です。

パーティーにぴったり!1リットルサイズの「リンゴゼリー」

【材料(1000ml分)】
・紙パックのリンゴジュース(果汁100%) 1000ml
・粉ゼラチン 大さじ2

家族が多かったり、パーティーがある時は1リットルサイズのジュースでたっぷり作りましょう。

ゼラチンをお湯で溶かす方法も可能ですが、少しジュースが薄まるのが気になる場合は、ジュース自体でゼラチンをふやかしてみてくださ大きいので、振り混ぜるときにはこぼれないように注意してくださいね。

詳しいレシピはこちら

アガーを使って作る「飲むゼリー」

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

yumiCR

四国在住。猫と犬と子どもの世話に追われながら、ライターをやっています。男の子を育てるうちに性格が変わったかも、と思う今日この頃。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 好きな飲み物がゼリーになる?!3ステップでできる「紙パックゼリー」のススメ