1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. ベビーケープは防寒やUV対策にもおすすめ!人気ブランドや使い方を紹介

ベビーケープは防寒やUV対策にもおすすめ!人気ブランドや使い方を紹介

ベビーケープは防寒やUV対策にもおすすめ!人気ブランドや使い方を紹介のタイトル画像

赤ちゃんをパッとくるんで出かけるのに便利なベビーケープ。でも、ベビーケープとはどういった特徴があるのか、なぜ必要なのか、どんなデザインを選んだらいいのか、迷ってしまいますよね。そこで、この記事ではベビーケープの選び方や、おすすめの商品などを紹介していきます。人気ブランドのものも載せていますのでベビーケープ選びの参考にしてください。

目次 ベビーケープってなに?
防寒・UV対策にも便利!ベビーケープの機能と使い方
ベビーケープの選び方
ベビーケープ人気ブランド10選
生活スタイルにあったベビーケープを選ぼう

ベビーケープってなに?

ベビーケープは防寒やUV対策にもおすすめ!人気ブランドや使い方を紹介の画像1
pixta_36881793_S


■ベビーケープって何?
肩や背中を覆う袖のないマントのようなアイテムのことです。冬場の外出や、真夏の日差しから赤ちゃんを守るのに適しています。

■なぜ必要なのか
赤ちゃんは自律神経の働きが未発達なため、環境温度の影響を受けやすく、寒かったり暑かったりすると、大人のように体温調節がうまくできません。家の中では室内温度を調節して、赤ちゃんに合わせた環境を作ることができますが、外ではそれができません。急な温度の変化は赤ちゃんに負担をかけてしまいます。それが風邪や発熱、熱中症を引き起こす原因になる場合があります。

ベビーケープはそんな赤ちゃんを不安定な気温の変化から守ってくれる役割があります。

パパママと密着して使用するタイプは、大人も赤ちゃんもポカポカ暖かく、とっても幸せな気分になれる!

そんな素敵なアイテムです。


防寒・UV対策にも便利!ベビーケープの機能と使い方

ベビーケープは防寒やUV対策にもおすすめ!人気ブランドや使い方を紹介の画像2
pixta_47086879_S


ここまでベビーケープどはどういうものかということについてお話してきましたが、続いてベビーケープの機能と使い方についてご紹介します。


ベビーケープの使い方

ベビーケープは防寒やUV対策にもおすすめ!人気ブランドや使い方を紹介の画像3
pixta_32031088_S


【抱っこ時】
赤ちゃんを抱っこしているとき、赤ちゃんの上からサッとかぶせて使用します。4way、5wayなど何通りにも使えるものも増えてきており、最近ではこのタイプが主流となりつつあります。

【おんぶ時】
赤ちゃんを寝かしつけるとき、家事を済ませたいのに赤ちゃんにどうしても手がかかるとき、おんぶすることがあるかとおもいます。だっこやおんぶってどうしても手足が出てしまって寒そうですよね。そんなときベビーケープで赤ちゃんを優しく包んであげたら体もぽかぽか、安心です。

【授乳時】
「授乳ケープ」は授乳中の胸部分を隠す役割があります。赤ちゃんがおっぱいを欲しがるとき、周りを気にせずに授乳ができるアイテムです。どんな状況でもさっと授乳ができるので、一つ持っていると便利ですね。

【ベビーカー使用時】
冬でもベビーカーで外にお散歩に出かけたり、近所のスーパーへ買い物に行くこともありますね。そこで便利なのがベビーカーに取り付け可能なベビーケープです。肌寒い外でもきちんと防寒できるので安心ですよね。


ベビーケープの機能

ベビーケープは防寒やUV対策にもおすすめ!人気ブランドや使い方を紹介の画像4
pixta_32072443_S


【防寒対策】
防寒には、ウールやダウン、フリース素材などのものがおすすめです。

【UV対策】
ケープといえば、寒い時期に使用するイメージですが、実は暑い夏にも活躍します。日差しが強い夏には、UVカット効果のある薄手のベビーケープが活躍します。赤ちゃんへの紫外線の影響って気になりますよね。ベビー用の日焼け止めなどもありますが、赤ちゃんの肌は敏感なのでそれだけで肌荒れになってしまうケースもあります。ベビーケープは布で赤ちゃん覆うだけなので、赤ちゃんにとっても優しいです。

【防水対策】
撥水効果や防水効果のあるベビーケープがあれば、急な雨でもさっと羽織るだけで雨を防ぐことができます。雨の日ように取り外しができるケープもあるので、外出時に携帯していれば、便利ですね。


ベビーケープの選び方

ベビーケープは防寒やUV対策にもおすすめ!人気ブランドや使い方を紹介の画像5
pixta_12324055_S


それでは、ベビーケープはどのような点に気をつけて選べば良いのでしょうか?

【機能性で選ぶ】
ベビーケープには、冬用の防寒用一つをとっても、ダウンが入ったものや、フリース素材のものなど様々なものがあります。もし、お子さんが、寒がりだった場合にはダウンの入ったものを、もし吐き戻しなどが多く洗えたほうが便利な場合はフリース素材のものを選ぶなど、生活スタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

【デザインで選ぶ】
ベビーケープは様々なブランドから販売されています。もし好きなブランドがある場合には、ブランド名とベビーケープなどで検索すると見つかりやすいでしょう。実際の質感を知りたい場合には、店舗に行って触ってみるのも良いですね。


【コスパで選ぶ】
ベビーケープは機能や素材などにより、値段も様々です。今はユニクロなどのファストファッションブランドからも3千円ほどでベビーケープが販売されていますから、コスパを第一に考えるのであれば、そちらを選ぶのも良いでしょう。ユニクロのベビーケープは「ライトウォームパデット2WAYブランケット」という名前で販売されています。ぜひそちらをチェックしてみてください。


では、これらを参考にさっそくベビーケープを見ていきましょう。


ベビーケープ人気ブランド10選

ベビーケープは防寒やUV対策にもおすすめ!人気ブランドや使い方を紹介の画像6
pixta_6114268_S


ベビーケープを購入するなら、機能はもちろんのことデザインにもこだわりたいですよね。

ベビーケープには「3way」「4way」「5way」などがあり、これは、3~5通りの使い方があることを示しています。

これらを参考に、使用方法にあっているベビーケープを選びましょう。

それでは早速、人気ブランドのベビーケープを10点、ご紹介していきましょう。


1. 日本育児 3way コンフィケープ プラス


ダウンと同様の保温力と軽さを持ち合わせた「シミレーテッドダウン」を使用しており、洗濯機で洗えるすぐれもの。

「シミレーテッドダウン」は、ポリエステル繊維をきめ細かくしたもので、ダウンと同様の保温力と軽さを持ち合わせた素材。

生活シーンに合わせて「抱っこ紐前抱き」「おんぶ紐」「ベビーカーフットマフ」と3通りの使用方法があります。

取り付けはスナップボタンで楽チン。

また、およそ370gと軽いので、抱っこ紐での負担を軽減します。


セット内容・付属品:ケープ、収納袋

※横抱きの抱っこ紐では、使用できません。


抱っこ紐使用時の防寒のために購入しました。
軽量で薄くても、暖かく風も防ぐことができます。撥水もしっかりするので、寒い日や少し天気の悪い日でも安心して出かけられます。ベビーカーにもつけますが、毛布と違って足元がピラピラしないので冷える心配がなく安心です。
寒い時期には重宝するグッズだと思います!買ってよかったです!
また、サイドにポケットがあるのが使い勝手が良いです。左右が繋がっていることに最初気づかず、右から入れたものが左から取れてびっくりしました...笑

2. Lilyan 4way ウィンターカバー



吸湿発熱技術を採用。人体からの蒸気や湿気を吸収することで、エネルギーが生まれて自動的に発熱します。

厳しい冬でもずっとぽかぽか。

表面素材はテフロン加工が施されており、汚れがつきにくく、撥水性能も抜群。更に高い保温性で防風·防寒効果も。

「抱っこひもで前向き抱っこ」「対面抱っこ」「おんぶ」のほか、「ベビーカーに装着」してブランケットとしても。4通りの使い方ができます。

スナップボタンだけで抱っこ紐の肩ベルトやベビーカーのフレームにしっかり固定できるので、片手での装着しても楽チン。


素材:【表地】ポリエステル100%(撥水加工)、【裏地】ポリエステル100%、【詰め物】コットン100%
サイズ:約91cm×70cm
重量:約0.5kg
適用年齢:0~3歳まで


3. HAPGO 抱っこ紐ケープ ダウン90%


体温調節が不安定な赤ちゃんを、しっかりと守ってくれる抱っこ紐用の防寒ベビーカバー。

ダウンが90%入っているのでふんわりあたたかく、外側は耐久撥水、防風機能も備えた軽量素材でできています。

シームレスなので風を通しにくく暖かさをキープできるのに、シルエットはすっきり。

ママはもちろんのこと、パパが使用してもかっこいい。

フードは取り外し可能なので、前抱っこにも適しています。

さらにスマホや鍵などの小物をしまうことができる便利なポケットもついています。


サイズ:36.1 x 28.2 x 12 cm
重量:390 g
推奨年齢:0~3歳


到着後早速使いました。とても軽くて暖かいです。
デザインもシンプルでおしゃれです。ポケットも付いて抱っこ紐に付けて使う時手入れることができ、嬉しいです。
ベビーカーにも抱っこ紐にも付けやすいです。他にも授乳ケープなど本来の用途の他にもいろいろ使えそうです。
これからの外出には欠かせないものです。

4. ケラッタ 抱っこ紐 防寒 ケープ


抱っこ紐につけて「だっこ」「おんぶ」「ベビーカーにもつけられる」3way仕様なのでお出かけのシーンに合わせて幅広く使用できます。

ベビーカーにつけた際、サイドまでしっかりカバーできるから寒い日でも安心。

下部はポケット状になっており、赤ちゃんの足元をすっぽり包みます。

ハンドマフに手を入れればママの手もあったか。

裏地には軽くてあったかいボア素材を使用しているので、ふわふわの肌触りが気持ちいい。

表地にはポリエステル素材を使用し、風が通りづらく保温効果も抜群。

お出掛けに便利な、収納袋もついています。


サイズ:32.4 x 29 x 7.2 cm
重量:440 g


1月に生まれた子供を抱っこする時の防寒用に購入しました。先日雨降りの中、徒歩で移動する際に使用しました。ちなみに、北国なので春でも朝晩・雨降り時はまだ寒いです。傘を差した上で使用しましたが、このケープ1枚あったおかげで雨風に子供がさらされずに移動できました。また抱っこだけではなく、ベビーカーでの移動の時も使用してみましたが、しっかり防寒できました。取り付けも簡単、軽くていいです。

5. Sweet Mommy オーガニックコットン100% 防寒ケープ


上質ダウンを90%使用。

真冬の寒さを感じさせない、ふんわり軽くて暖かなプレミアムダウンです。

直接肌に触れる内側は、柔らかく、とろけるようなオーガニックコットンベロアを使用。

外側は雨や汚れにも強いポリエステル100%となっています。

素材:[表]ポリエステル100%、[裏地]コットン100%、[中綿]ダウン90%、フェザー10%

対応メーカー:エルゴベビー(ergobaby)、アップリカ(Aprica)、ベビービョルン(BABYBJORN)、マクラーレン(MACLAREN)、サイベックス(cybex)、コンビ(Combi)、アイゴ(aigo)、ベビー&ミー(BABY&Me)、キューズベリー(CUSEBERRY)など


サイズ:40 x 33 x 12.9 cm
重量:680 g


6. RoSK 3wayケープ


3-wayの使い方で、突然の気温の変化から、しっかり防寒までバッチリ対応。

気温が変化しやすい季節のお出かけに最適です。

1. アウターケープ:表地軽量素材&撥水加工! 高性能蓄熱中わた「ライトサーモ」使用
2. インナーケープ:冷房対策~秋~春 長く使えるフリースケープ
3. アウターケープ+インナーケープ:フルセットで真冬の寒さもしっかり防寒。フードとファーは取り外し可能で、前向き抱っこの時にも便利

リフレクト素材のブランドラベルは夜道で光を反射するので安全です。

抱っこひものほか、カーシート、ベビーカーにも使用できます。


素材:表地 ナイロン100% 裏地、詰物、ファー ポリエステル100%
サイズ:奥行き × 幅 × 高さ 78 x 58 x 6 cm
重量:1.54 ポンド(約700g)


7. Konny(コニー) 防寒ケープ 着るタイプ


赤ちゃんと一緒に着るコニーの防寒ケープ。

簡単に羽織るだけで赤ちゃんはもちろん、装着したパパママも暖かい。

防寒ケープを抱っこ紐に取り付けて固定する必要がないので、ずれ落ちることもありません。

ポケットがついているので、スマホや財布などの簡単な荷物を入れることができます。


サイズ:32.6 x 23.4 x 13.2 cm
重量:1.22 kg


身長155.5cm 妊娠9ヶ月の初ママになります‼️防寒ケープを色々探していたのですが、種類が多過ぎてどういうのがいいのかを迷っていたところ、Konnyの防寒ケープが目に入りました。レビューを読んでいたらお洒落に着れて、赤ちゃんもママも暖かく着れると評価が良かったのでチャコールfreeサイズを買いました。注文して2日で到着しました‼️装着は理解するまでちょっと時間がかかり、ポンポンの付け方(安全ピンの外れ方)が分からずちょっと時間がかかったが、全然簡単でした(笑)。コートをちゃんと着れるかを試してみたが、ロングコートもダウンコートも普通に着れて全然邪魔にならないです‼️肌触りがめっちゃ気持ち良くてめっちゃ暖かいです‼️このケープであれば赤ちゃんも暖かいに違いない‼️これなら寒い冬でも授乳時に暖かいまま簡単にできそうだし、長く使えそう‼️赤ちゃんと一緒にお出かけをするのが楽しみです♥️♥️


ここまで冬向けのベビーケープを見てきました。

続いて、日よけ効果のあるUVケープ、授乳時に便利なケープ、雨の時に役立つケープなどをご紹介します。


8. ケラッタ 抱っこ紐ケープ 日除け UVカット


紫外線から大切な赤ちゃんを守るケラッタのUVケープ。

通気性が高くサラッとした肌ざわりで、暑い日でもムレを気にせず快適に過ごせます。

サイズ調節が可能で使い方もとってもシンプル。

ワンタッチクリップでサッと取付けが可能です。

新生児はもちろん、大きくなってからも使えます。

抱っこ紐やベビーカーのほか、 授乳時のカバーやブランケット、おくるみやマントなどにも使える6way仕様となっています。


素材:ポリエステル95% ポリウレタン5% UVカット素材
サイズ:20.2 x 14 x 5.6 cm
重量:220 g


9. Copper Pearl(コッパーパール) 伸縮自在 授乳ケープ


ママの体を360度完全にカバーするポンチョ型で、お出かけ先でも安心して授乳ができます。

伸縮性のある素材なので授乳中に赤ちゃんの様子を見るのも簡単。

赤ちゃんが足をばたつかせてキックをしたり、手を動かしても、ママの体にフィットしているのでケープがめくれず安心です。

なめらかな肌触りで伸縮性に優れたスパンデックスを使用しているので、サラサラとしていて気持ちいい。


素材:ポリエステル69% レーヨン28% スパンデックス3%
サイズ:67.31 x 0.51 x 69.85 cm
重量:136 g


一枚目にシンプルなグレーを購入。
とても良くて洗濯が気軽にできるように二枚目も購入しました。

伸びがよく、先輩ママにもそれいいね、と褒められました!
360度隠せるのでうっかり脇から見えていた!なんてこともありません。

少し夏場は外だと暑いかな?とも思いますが、この商品ではなくてもよく汗をかく息子なのでもう仕方がないかなぁ、と思っています。 昼間明るいときに家でもこの授乳ケープを使えば中でよく寝てくれます。

伸びの良さ、柄のバリエーションが多いこと、風が吹いてもなにしても見えちゃわないこと…総じて大満足で、3枚目購入もあるかもです。

10. アレックス・サンガ 雨、風よけ ベビーケープ


雨、風、ほこりなどから赤ちゃんをガード。

撥水加工で急な雨にも使用できます。

大きめクリップで厚めの肩紐にも挟むだけなので楽チン。

ベビーキャリーやベビーカーにも使用できます。

縁部分にゴムが入っているので、赤ちゃんの足をくるみ、風でめくれて濡れたりすることがありません。

コードクリップで長さの調節も可能。

持ち運びに便利なポケッタブル仕様なので、収納袋を無くす心配もありません。


素材:ポリエステル100%
サイズ:約67×67cm(フードを除く)
重量:100 g


梅雨の時期の保育園送り迎えの為使いました。フードは上手く被せられませんでしたが、濡れることなく良かったです。

生活スタイルにあったベビーケープを選ぼう

ベビーケープは防寒やUV対策にもおすすめ!人気ブランドや使い方を紹介の画像7
pixta_5673159_S


今回は、ベビーケープの必要性、目的、特徴、人気のブランド商品などについてご紹介しました。

ベビーケープは赤ちゃんを優しく包みこみ守ってくれる素敵なアイテムです。

また、パパママと密着できる赤ちゃんの幸せタイムでもあります。

寒い冬、暑い夏もベビーケープを使用して乗り切りましょう。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
まゆみんの画像
まゆみん

現在2人の男の子をもつ2児の母です。

現在仕事を辞めて子育て中心の日々です。
TV・新聞などでは暗いニュースがおおい中、不安を抱いてしまう状況になります...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. ベビーケープは防寒やUV対策にもおすすめ!人気ブランドや使い方を紹介