1. >
  2. >
  3. >
  4. すぐ「やめたい・・」って言われない。子どもの習い事の選び方ポイント5つ

すぐ「やめたい・・」って言われない。子どもの習い事の選び方ポイント5つ

すぐ「やめたい・・」って言われない。子どもの習い事の選び方ポイント5つのタイトル画像

子どもの習い事選び、悩みますよね!では、習い事を選ぶ際にはどのような視点で決めればいいのでしょうか。今回は、子どもも親も納得のいく習い事を選ぶためのポイントを、5つご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174007545

子どもの習い事選びは、親御さん自身もとても悩みますよね!では、実際に習い事を検討する際には、どのようなことに視点を置いて決めればいいのでしょうか?今回は、子どもも親も納得のいく習い事を選ぶためのポイントを、5つご紹介します。

小さいうちは親子で触れ合えるものも楽しい

リトミック、英語、スイミング…。このような習い事では、3歳ぐらいまでは親子で一緒に楽しめるプログラムを用意しているケースがたくさんあります。子どもが「習う」というよりも、親子で一緒の活動を楽しみながら、子どもの体験が広がることを楽しめる場がいいですね。

1.本人が楽しめるものを選ぶ

やはり、「好きこそものの上手なれ」と言われるように、子ども本人が意欲を持って取り組める習い事が1番です!親から見て「この子には向いていないんじゃないか」と思うものでも、子ども自身が好きなことだったら、地道に取り組む姿も見られるかもしれませんよね。それは、「習う」ということにとどまらない大きな成長だと言えます。

親から見た、我が子にとっての向き不向きはもちろん1つの大切な視点です。しかし、それにとらわれすぎず、習い事の選択肢を広げてみてもいいですね。

2.影響は少なくない「親の好み」「親もやっていたこと」

意外と大きな影響がみられるのが、「親の好み」「親もやっていた」習い事。親自身が好きなこと・やっていたことに関しては、家族で張り切って見に行けるし、応援もできる。だから、子どもも嬉しくてどんどん伸びていく…というケースは珍しくありません。

スポーツ一家、音楽一家など、よくありますよね!親子で同じ系統の習い事を選んでも楽し、それを打ち破って全く違う習い事を選んで家族で応援するのもまた楽しいかもしれませんね。

3.子どもと指導者との相性も大切

どんな分野でも、「よい先生」の見方には色々な角度があると思いますが、子どもにとって「指導者との相性」は、とても重要な要素です。子どもの意欲を引き出し、子どもの気分がのらない今ひとつな時にものんびり見守り、引き締めるときは引き締めてくれる…。気分屋さんの幼児が相手でも、このあたりを調整するバランスが見事な先生もいます。

習い事を始める前には、お試しの期間などを通して我が子と先生の相性にも注目してみましょう。

4.目標を見据えると、長く続けやすい!

関連する記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 習い事

この記事を書いた人

千葉美奈子

ベビーマッサージ、親子リズム遊びなどのイベントを開催しながら、中2、小6、小5、小2、3歳の四男一女の子育てをしてきました。
転勤族で東北、関東、北海道の5つ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. すぐ「やめたい・・」って言われない。子どもの習い事の選び方ポイント5つ