1. >
  2. >
  3. >
  4. 思わずパクリ…!でも安心な、小麦粘土デビューのススメ!

思わずパクリ…!でも安心な、小麦粘土デビューのススメ!

思わずパクリ…!でも安心な、小麦粘土デビューのススメ!のタイトル画像

子どもに安全な、口に入っても大丈夫な素材で作られている小麦粉粘土。初めての粘土遊びには最適です。今回はそんな初めての粘土遊びを体験してみました。

口に入っても大丈夫な小麦粉粘土とは?

思わずパクリ…!でも安心な、小麦粘土デビューのススメ!の画像1

小麦粉粘土とは、口に入っても大丈夫な、素材だけで作られた粘土のこと。
小麦粉と油と塩と水。それだけで作られているので、安全です。

食紅などで色をつけるととてもカラフルで子どもも大喜びです。
私は児童館で教えてもらいましたが、百円ショップなどにも、小麦粉粘土の名称で売られていますね。
1歳から2歳の子どもは、粘土遊びをするにしてもすぐに口に入れてしまいがちですので、小さな子どもの粘土としてはとてもおすすめです。

我が家でも実際に作ってみました。

全ての素材を混ぜて、捏ねます。

思わずパクリ…!でも安心な、小麦粘土デビューのススメ!の画像2

半分に分けて、双子の前に置いてみました。

思わずパクリ…!でも安心な、小麦粘土デビューのススメ!の画像3
思わずパクリ…!でも安心な、小麦粘土デビューのススメ!の画像4

ひとしきり、むにむにとした感触を堪能したあと、耐え切れなくなったのか、二人ともぱくり!

「おいし~~!」と満面の笑みです。(塩味だけなんですけど…)

きゃえたんは特に、お饅頭を食べるかのごとくむさぼる勢いでしたので、これはさすがにいけないなと、一旦取り上げました。
いくら口に入ってもよい素材とは言え、おもちゃとして与えているものです。
それに何より、いくらなんでも食べすぎ!

まだちょっとだけ早かったかも・・・というわけで、食べ物ではないという理解が進むまで、小麦粉粘土は封印することにしました。

こんな風に、我が家の食いしん坊な双子のように、万が一食べてしまっても、安心なのが小麦粉粘土です。

オーブンで焼く

思わずパクリ…!でも安心な、小麦粘土デビューのススメ!の画像5

遊んだあとの小麦粉粘土は、数日でしたら冷蔵庫で保存することもできますが、おすすめなのは、オーブンで焼くことです。
クッキーのように型を抜いて、焼くとクリスマス用のオーナメントにすることもできます。

我が家の子どもたちは2歳なので、まだ作るのは難しいですが、お子さんと一緒にクリスマスのオーナメントを作るのも楽しいですね。

粘土遊びの利点

雨の日の室内遊びにもってこいの粘土遊び。
ちぎったり、こねたりすることで手指の発達を促します。また、いろいろな形のものを作ることで子どもの想像力を育てます。

いわば、手作りの知育玩具です。
家にあるもので簡単に作ることのできる小麦粉粘土、是非遊んでみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

田仲ぱんだ

はじめまして、田仲ぱんだと申します。
2013年に誕生した一卵性の双子の女の子、なーたんときゃえたんとの日々をブログでも公開しています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 思わずパクリ…!でも安心な、小麦粘土デビューのススメ!