1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの偏食におすすめ!今、話題の「ベジブロス」知っていますか?

子どもの偏食におすすめ!今、話題の「ベジブロス」知っていますか?

子どもの偏食におすすめ!今、話題の「ベジブロス」知っていますか?のタイトル画像

NHK「あさイチ」やクックパッドなど、各種媒体で取り上げられている「ベジブロス(野菜だし)」ってご存知ですか?今注目のベジブロスのご紹介と、私が普段行っている「ゆで汁活用レシピ」をご紹介します。「子どもが偏食」「料理が苦手」というママも簡単に取り入れることができますよ。

amiのアイコン ami

話題の「ベジブロス」とは?

例えば、トマトのヘタや、玉ねぎの皮、ブロッコリーやキャベツの芯など、毎日の料理で必ずといって言いほど出る「野菜のくず」。

いつもは捨てているこれらの食材(両手一杯分)と、水(1300ml)、料理酒小さじ1を弱火で茹でて煮出した「だし」が身体にとってもいいそうなのです。

このベジブロスから抽出される「ファイトケミカル」は、抗酸化作用、免疫力アップに有効とのだそうです。このベジブロスを使った料理なら野菜嫌いのお子さんでも、たくさんの栄養を摂ることができます。

「詳しい作り方は?」「作っただしでどんな料理ができるの?」という方は、ぜひ以下のリンク先をご覧ください。

日経新聞(野菜くずがお宝に 栄養満載のだし「ベジブロス」 )

all about(「話題のベジブロスを作ってみよう!」)

クックパッド:ベジブロスのレシピ一覧

新たに茹でる必要無し!「ゆで汁レシピ」で料理ラクラク

詳しい作り方を見て「日々慌ただしく料理しているので、ゆっくり野菜くずを煮出している暇はない」「野菜くずの利用にちょっと抵抗がある」と思った方も少なからずいるのではないでしょうか。そんな方には、我が家のずぼらクッキング術である「ゆで汁活用レシピ」をお教えします。

<ゆで汁活用レシピ>
*ブロッコリーを茹でたら、ゆで汁を捨てないでそのままシチューやカレーのだしとして利用する
*しゃぶしゃぶサラダを作るため豚肉を茹でたら、ゆで汁をうどんやラーメンなどのスープに使用(うどん、ラーメン自体に肉を入れなくても美味しく仕上がります)

今までだったら捨ててしまっていた「ゆで汁」ですが、立派に有効活用することができます。息子は野菜嫌い、肉もあまり食べないのですがこのように「ゆで汁」を活用すると、食材では食べれない栄養素を採ってもらえるし、ママも料理が楽ちん!と一石二鳥なのです。

茹でる料理は、炒める料理と比べて長い時間キッチンに立つ必要がありません。茹でている間に他の家事をやったり、ほっと一息ついたりすることもできます。

まとめ

料理上手なママ、良質な栄養素をぜひ子どもに摂取してもらいたい!というママは「ベジブロス」を。子どもが偏食で毎日の料理が憂鬱、忙しくて料理にかける時間を少しでも減らしたいというママは「ゆで汁レシピ」をぜひ参考にしてみてください。

自分で紹介しておいて矛盾しているかもしれませんが、私自身も「料理=炒める、焼く」という思考が強く、ついついレパートリーが一辺倒になりがちです。「茹でる」料理で、家族に「なんだか今日の料理、いつもと違うね。でも美味しいね!」と言わせちゃいましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

ライフスタイル 食事・レシピ

この記事を書いた人

ami

趣味は読書。小さい頃は小説家になって海外移住することが夢だったが、小説が全く書けず挫折。それでも作文論文は得意だった。大学入試は英文科を目指していたものの、申し...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの偏食におすすめ!今、話題の「ベジブロス」知っていますか?