「ヤケ・ノート」に興味を持った方は、ぜひ山田ズーニーさんのコラムも読んでみてくださいね♪