1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 魔の2歳児はホントに「魔」なの?第一反抗期「イヤイヤ」と付き合うために

魔の2歳児はホントに「魔」なの?第一反抗期「イヤイヤ」と付き合うために

魔の2歳児はホントに「魔」なの?第一反抗期「イヤイヤ」と付き合うためにのタイトル画像

子どものイヤイヤ期、大変だと感じることが多いですよね。魔の2歳児とも言いますが、果たして本当に「魔」なのでしょうか?実は、体の成長のあとにやってくる心の成長、つまり心のよちよち歩きが、この「第一反抗期」なのです。

毎日の子育てのなかで、声をかけるたびに「いや!」と言われるイヤイヤ期。「魔の2歳児」という言葉がありますが、本当に本当に「疲れる~」と感じてしまうママも多いのではないでしょうか?

でもね、きっとあなたの心は分かっているのです。

新生児で何もできなかったときよりも、今、我が子が自分の意志を伝えようとしている強い思いが「すごい!成長してる!」と。

本当は親として喜んでいたい時間なのに、なぜか「もー!本当にイライラする!!」とむかむかしたり、怒ったりしちゃいませんか?

この時期は本当にしんどいです。下の子が生まれて間もない時など、気を失いそうなくらいしんどい時に、「このシャツいや!こっち」「オムツ変えたくない!」「帰りたくない!」「食べたくない!」と言われるととても切ないです。

子どもたちは親を困らせるためにイヤイヤを伝えているの?

では、子ども達は本当に親を困らせるために「いやいや!」と伝えているのでしょうか?

たとえば、急にパートナーが「これ食べたくない!いや」といったら…「そんなこと言わず食べて!」と言いますか?(笑)そもそも成熟した大人は、人の気持ちを考えずに何でもかんでもイヤイヤはしませんよね。

そもそも、子ども達は「自分を表現するのが初めて」の人たちだということを、思い出してあげてください。今までは泣いて表現するなど、言葉を使った表現はできなかったのです。それが言葉を使い始めて、そして自分の思いを全部「いや」で伝えてくるのです。まだまだ気持ちを表現するのは、初心者マークなんですね。

よちよち歩きの心に寄り添う気持ちで

魔の2歳児はホントに「魔」なの?第一反抗期「イヤイヤ」と付き合うためにの画像1

いやいや!ばかりに付き合っていると、正直しんどいです。

ただ1つ言えることとしては、体が成長してきて今度は心が成長してきたんだということ。

「あぁまだまだ心がよちよち歩きを始めた段階なんだ。よろよろ転んで失敗もするし、泣きもする。そんな時はこの子の気持ちを寄り添ってあげよう。」とだけ、思ってみてください。

「いや!」と言った時に、どうぞ1回「いやなんだね」と気持ちを受け止めてあげてください。
そして、その「いや」を見つめてあげてください。

「わけがわからない、いや」も、もちろんあると思います。
理由が全然わからないし、意味がないようなものもあるかもしれません。

でもその裏には、子どもの「ママ(パパ)と気持ちを一緒にしたい、受け止めてほしい」という気持ちが必ずあるように思います。

周りの目より 自分の心を見つめて

魔の2歳児はホントに「魔」なの?第一反抗期「イヤイヤ」と付き合うためにの画像2

「いやいや」と言われて、特に外出中などはつい周りの目を気にしたり、しつけをしていないと思われるかもしれない…と考えて「こんなことではダメ!!」と怒ってしまうことがあるかもしれません。

そんな時こそ、ぜひ自分の中にある心を見つめてください。周りを気にして、子どもの気持ちに寄り添えていない時があります。子育ては自分を育てる時間でもあります。子どものよちよち歩きの心に寄り添って、自分自身の心もより豊かにしてみましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

やまがた てるえ

【著書】産後、つらくなったらよむ本(合同出版)ぽかぽか子宮のつくり方(河出書房新社)13歳までの女の子に伝えたい心と体のこと・15歳までの女の子に伝えたい自分の...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 魔の2歳児はホントに「魔」なの?第一反抗期「イヤイヤ」と付き合うために