家族が一緒に暮らせることが一番であることは言うまでもないことです。また、二重生活は予想以上に出費がかさみますし、家族の心のすれ違いが起きやすいのが現実だと思います。

それでも、数年ごとの転勤が続く職場がある中で、それぞれの家庭はその都度悩んで、家族帯同や単身赴任の選択をしています。選択した道がその家族にとってプラスになり、さらに家族の絆が深まりますように。そして何よりも、家族みんなの「心身の健康第一」で過ごしていただきたいと思います。