1. >
  2. >
  3. >
  4. 思わず赤面!若いイケメン風先生による内診で起きた、驚きのエピソードとは!?

思わず赤面!若いイケメン風先生による内診で起きた、驚きのエピソードとは!?

思わず赤面!若いイケメン風先生による内診で起きた、驚きのエピソードとは!?のタイトル画像

個人病院では双子について対応できないとのことで、総合病院を紹介されました。そこで出会ったお医者さんとの驚きのエピソード。若くてイケメン風の先生だな~と思っていたら、内診でまさかの・・・

総合病院を紹介され、担当になったイケメン風医師。ドキドキの初診で・・・

双子と発覚したあと、個人病院では双子について対応できないとのことで、総合病院を紹介されました。


そこで担当になったのは、イケメン風な先生。

慣れない診察にドキドキしていると、まさかの・・・・

思わず赤面!若いイケメン風先生による内診で起きた、驚きのエピソードとは!?の画像1

まさかまさか、内診中、そのままカーテンオープン(笑)


内診って、最初は結構恥ずかしいですよね。

一応顔と下半身の間に仕切りのカーテンがあるのですが、
A先生は触診が終わったあと、爽やかにカーテンを開けて、
「またね!」と仰ったのです。

私は内診台から降りる前の、あられもない姿でした。



あの…このカーテン、何の意味が…!?



先生は、散々、数多くの女の股を診てるから何も感じないのでしょうが、こちらとしては、かなりの勇気を持って股を広げてるんですけどね~。

爽やかすぎて笑ってしまいました。

初めての妊娠でしかも双子。生活は絶対安静にすべき!?

初めての妊娠。しかも双子ということで、分からないことばかりです。

前の病院の先生には、「双子妊娠に関してはなるべく安静に」と、脅されるぐらいに言われていたので、旅行などはやめたほうがいいのかなと思っていました。


でもこのA先生に相談すると
「妊娠前に普通にやってたことなら、妊娠後もできるでしょ~」
という感じで軽い対応。

その時は、そんなものなのか~と拍子抜けでした。


しかし、そのあとすぐに年配の看護婦さんが訂正しにきていたため、正直この先生に関しては少々不安を感じながら受診しておりました。
ちなみに、出産は里帰りしたので別の病院でお世話になっています。



やはり双子妊娠は、なるべく安静にしたほうが良いようです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

田仲ぱんだ

はじめまして、田仲ぱんだと申します。
2013年に誕生した一卵性の双子の女の子、なーたんときゃえたんとの日々をブログでも公開しています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 思わず赤面!若いイケメン風先生による内診で起きた、驚きのエピソードとは!?