1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 偏食の子どもに幼稚園ではどうやって対応しているの?

偏食の子どもに幼稚園ではどうやって対応しているの?

偏食の子どもに幼稚園ではどうやって対応しているの?のタイトル画像

保護者の皆さんにとって、食べ物の好き嫌いは気になることのひとつですよね。無理やり食べさせることは、逆効果だとわかっていても、ついつい声が大きくなってしまったりしていませんか?幼稚園の現場で、私たちが実際に行っている対処の仕方を年齢別にご紹介します。ご家庭での参考にしてみてください。

年少さんへの対応

まず大切なことは、「食」に対する興味を持たせるということです。食べることの大切さ、一つ一つの食材についてなどを伝えていきます。

そのためには、絵本やエプロンシアター、紙芝居などを使います。そして、「ニンジンを食べると、元気になるんだって。風邪もひかないようになるかもね。」というように、わかりやすい言葉をかけていきます。詳しい説明ではなく、ざっくりした内容で十分です。

無理に食べさせることは、子どもにとってストレスになります。より一層その食材を嫌いになる原因にもなりますので、注意してください。苦手な食材を、少しでも口にしたら、クラス全体で拍手をしたり、ほめたりします。そうすると、みんなから拍手をしてほしくて、苦手な食材に挑戦する子も出てきます。

年少の場合、同じテーブルの子が食べているとつられて食べるなど、他の子どもかからの影響もあります。

年中さんへの対応

年中に対しても、年少同様、絵本や紙芝居などをつかって、視覚から入っていきます。教師が実際においしそうに食べているところを見せます。すこし、大げさにしてみたりします。

そして、「ほんの少しでいいから、食べてみよう」とか、「食べなくてもいいから、舐めてみよう」など、無理のない程度に声掛けをして、その食材を体験させます。ほんの少しでも食べられたら、「すごーい!食べられたじゃない!!」とほめてあげます。ご家庭にもそのことを伝えて、苦手なことを克服した体験を喜びます。

年長さんへの対応

具体的な栄養素の名前をあげて、説明をします。たとえば、「果物の中にはビタミンCが入っているから、お肌がするするになるよ(幼稚園生でも、女の子には結構効きます。)」「牛乳にはカルシウムが入っているから、背が伸びるかもね(こちらは、男の子に効きます。)」「野菜を食べると、おなかの中をお掃除してくれるから、いいうんちが出るんだよ。」といったようにです。

さらに、食べ物育ててくれた人、料理を作ってくれた人がいることを意識させて、その日土地への感謝の気持ちを持たせるようにします。幼稚園では、野菜の栽培を体験させます。また、簡単な調理を経験させる行事を行ったりして、食べ物への興味や食への意欲を育んでいきます。

身体測定をするときに、成長したことを実感させます。そのときに「たくさん食べたからだね!」と言って、大きくなることと食べることの関係性を意識させます。

苦手な食材を一口でも食べられたら、「おうちに人にも教えてあげてね」と、本人から保護者に報告をさせます。なかなか話せない子どももいるので、お迎えの時に「お子さんから素敵な報告があるんですよ。」を促してあげることもあります。

偏食の子どもに幼稚園ではどうやって対応しているの?の画像1

ご家庭で出来ること

食に関する絵本を読んであげることは大切です。できるだけ、子どもが興味を持つような絵本を選んであげてください。

簡単な調理を一緒にやってみたらいかがでしょうか。ともべ幼稚園では、包丁を使わずに食材を手でちぎって、野菜スープを作ったり、手を添えてジャガイモやニンジンを切らせて、カレーを作ったりします。

キャンプなどに行ったときに、おやつとして冷やしたきゅうりやトマトを食べさせます。屋外で汗をかいてのどが渇いているので、より一層おいしく感じます。ともべ幼稚園では、お泊り保育のハイキングの後のおやつは、氷水で冷やしたきゅうりとトマトです。普段は絶対口にしなくても「おいしい!」と言って食べる子もいます。

「ひじき」などの煮物は、少し甘めに味付けをします。家庭では食べないのに、幼稚園の給食なら食べる子もいます。また、ともべ幼稚園の給食ではひじきを煮るときに、にんじんとひじきは別に煮ます。そうすると、にんじんの赤い色がひじきの黒い色のアクセントになります。その他の料理でも、彩りを考えることは大切なことです。

何より大切なのは・・・

偏食の子どもに幼稚園ではどうやって対応しているの?の画像2

なによりも大切なのは、食卓が楽しいことです!お忙しいのは重々承知していますが、できるだけお子さんと一緒に、たくさんおしゃべりをしながら、食事を楽しむ演出をしてあげてくださいね!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ともべ幼稚園園長

茨城県笠間市「ともべ幼稚園」の園長、高野哲也です。

子育てのヒントや幼稚園の情報など、皆さんの役に立つ情報を、幼稚園の現場から提供させていただきたいと思い...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 偏食の子どもに幼稚園ではどうやって対応しているの?