1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 京王線沿線のママなら知っておきたい!マタニティ期からキッズ期まで使えるタクシー利用方法

京王線沿線のママなら知っておきたい!マタニティ期からキッズ期まで使えるタクシー利用方法

京王線沿線のママなら知っておきたい!マタニティ期からキッズ期まで使えるタクシー利用方法のタイトル画像

出産前後は通院や子どもの送迎って一苦労!そんなママの困りごとを解決してくれる京王タクシーのサービスをご存じでしょうか?いざ困ったときにすぐに使えるこのサービス、知っていると知らないとでは全然違います。京王線沿線に在住でしたらぜひ参考にして頂きたいです♪

出典:http://ameblo.jp/korpokkur-in-china/entry-11993069940.html
amiのアイコン ami

出産前はタクシーをいつでも呼べるようにしておくに限る!

最近は「陣痛タクシー」などマタニティ期から陣痛時まで利用できるタクシーが増えてきました。京王線・中央線・青梅線沿線、町田市の多摩エリア、都区内の一部、相模原市緑区・中央区(一部地域を除く)のエリアを対象として京王タクシーが運営する「はぴママサポートタクシー」もその一つ。



入会金、年会費、登録料も無料なので気軽に登録することができます。24時間365日対応なので、夜中陣痛が起きても安心です。送り先登録もできるので、陣痛で痛くてもスムーズに病院へ連れて行ってくれます。妊婦健診の通院や乳幼児健診の送迎などにも利用OK。赤ちゃんが泣いても、周囲を気にすることなく目的地に行けるのもうれしい点です。

はぴママサポートタクシー

第二子出産前後で動けない時期には助かる!こんなサポートも!

二人目の出産で悩みがちなのが「上の子の送迎」。小学生の場合、学童保育への送迎、塾や習い事の送迎など・・・。



対象エリア内(世田谷区・杉並区・中野区・渋谷区・新宿区・武蔵野市・三鷹市・調布市・狛江市)であれば、なんと保護者の代わりにタクシーが送迎してくれる「はぴチルサポートタクシー」というサービスもあるのです!「子どもがタクシーなんて贅沢!」とも思いますが、周囲に親や頼れる人がいない中での出産や子育てをしているママには、ぜひ活用してほしいと思います。



通常料金に加えて、お迎え料金と予約料金(410円)がかかりますが、「どうしても送迎ができない」という時には助かりますね。また、自宅から祖父母の家への送迎もしてもらえるそうなので、おじいちゃんおばあちゃんに預かってもらいたい時に活用できそうです。

はぴチルサポートタクシー

はぴママサポートタクシーのようなサービスを登録しておくと、陣痛や出産への不安も軽減すると思います。私自身、陣痛がきたのが夜中~朝方だったので、正直、寝ている親に連絡するのにかなり躊躇って病院に行くのが遅くなってしまったという経験もあります。



また、子どもが大きくなっても、ママはあちこちに送り迎えに行かなければならなくて大変ですよね。ですので、いざというときに使えるサポートは使うに限ります!ぜひご参考にしてみてください。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ami

趣味は読書。小さい頃は小説家になって海外移住することが夢だったが、小説が全く書けず挫折。それでも作文論文は得意だった。大学入試は英文科を目指していたものの、申し...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 京王線沿線のママなら知っておきたい!マタニティ期からキッズ期まで使えるタクシー利用方法