【地方移住のリアル】経験者は失敗、後悔も…なぜ?理由を聞いてみたのタイトル画像
公開 2024年02月25日  

【地方移住のリアル】経験者は失敗、後悔も…なぜ?理由を聞いてみた

2,674 View

場所を選ばない働き方が増えてきたことで、地方移住に関心を持ち始めている方が増えているようです。

一戸建てや一軒家の賃貸に関する情報をコラム形式で届けるメディア「こだて賃貸コラム」は、20代以上の男女を対象に「地方移住」についてのアンケート調査を実施。

その中には住んでみてからの失敗や後悔など、移住者のリアルな声も。


>シリーズの最初から読む
【地方移住のリアル】経験者は失敗、後悔も…なぜ?理由を聞いてみたの画像1
pixta_80310937

コロナ禍によるリモートワークの普及により、注目を集めた地方移住。

場所を選ばない働き方が増えてきたことで、豊かな自然や、都会とは違う落ち着いた雰囲気を求め、地方移住に関心を持ち始めている方が増えているようです。

一戸建てや一軒家の賃貸に関する情報をコラム形式で届けるメディア「こだて賃貸コラム」(運営:株式会社KG情報)は、20代以上の男女を対象に「地方移住」についてのアンケート調査を実施。

実際に移住した人とこれから希望する人に対するヒアリングを通して、その実態がさまざまな角度からわかってきました。
その中には住んでみてからの失敗や後悔など、移住者のリアルな声も。


この先の人生、住む場所が変わる可能性もゼロではありません。移住に関するデータを早速見ていきましょう!


<調査概要>
【調査期間】2023年12月7日
【調査方法】インターネットによる任意回答
【調査対象】「地方移住をしたことがある」「地方移住に関心がある」20代以上の男女
【回答者数】300人

【移住経験者】と【関心アリ】それぞれの年代と世帯構成は?

今回は「地方移住をしたことがある」「地方移住に関心がある」20代以上の男女300人へ調査を実施。

内訳は「移住したことがある」が1/4、「移住に関心がある」が3/4です。

「地方移住経験者」は子育て世代の30、40代が多い

まずは、すでに地方移住を経験した方の年代を見てみると、30代・40代の働き盛りの年代が最も多く、2つを合わせると全体の7割を超える結果に。これに、20代が約12%、50代が約13%と続きました。

また、地方移住した方の世帯構成を見てみると、子どものいる二世代が最も多く約53%と半数を超える結果に。

次いで単身が約24%、夫婦のみが約16%と続きました。

まとめると、すでに地方移住をしている方の半数以上の割合を、子育て世代の30、40代が占めていると言えそうです。

故郷へのUターン、地方へ憧れてIターン…… 移住パターンで最も多いのは

実際に移住をした方の移住パターンについて聞いてみたところ、最も多かったのは出身地へ戻るUターンで50%となり、出身地から離れて移住するIターンも40%を超える結果に。

地方から都心へ移住したのち、出身地に近い別の場所へ移住をするJターンは約7%にとどまりました。

今後移住をしたいと考えている方に対してどの移住パターンに関心があるのか聞いてみたところ、出身地を離れるIターンが約6割と最も多く、次いでUターンが約3割と続きました。

【移住経験者のリアル】なぜ移住? 失敗や後悔は?

地方移住への憧れや関心はありつつも、一歩踏み出すにはなかなか勇気がいるもの。

そこで、実際に地方移住経験者に移住をした理由と、移住後の失敗や後悔なども調査。

移住の理由で最も多かったのは「都市部での生活がストレスだったから」。

次いで「自然に囲まれた生活がしたかったから」、「生活コストが都市部よりも低いから」と続き、この3つが大多数を占める結果になりました。

都会ならではの問題点や不満を解消するために、地方移住を決断した方が多いようです。

移住者の中でも、子育て世代の30代・40代の割合が多かったことを見ると、このあたりの理由には共感できる方も多いのではないでしょうか。

一方で、移住後の失敗や後悔したことで最も多かったのは「交通手段が制限され、不便だった」、次いで「仕事の求人が少なかった」と続きました。

地方によっては車以外の交通手段が都会ほど整備されていないところも多く、また求人に関しても都市部に比べると難しい部分があるようです。

「失敗や後悔はない」という回答も一定数みられます。

「地方移住」という大きな決断。しっかり見極めて素敵な移住ライフを!

今回の調査では、実際に地方移住をされた方からのリアルな声や、年代や世帯構成における移住への意識傾向などがわかりました。

働く場所の制限が少なくなりつつある昨今、住む場所についてもかなり自由度が上がってきているように感じます。

また、こうした気運の高まりから、地方自治体による子育て政策も1つの大きなアピールポイントとして取り上げられるようになってきました。

移住という大きな決断の際は、失敗や後悔は避けたいもの。生活環境など、移住先について事前にしっかりとリサーチをし、その後の生活を具体的にイメージすることが大切ということがわかる調査結果でした。

【画像】地方移住の経験者、年齢や世帯構成は?失敗や後悔も

Share!

コノビー子育てニュースのタイトル画像
コノビー子育てニュース #154
コノビー編集部のタイトル画像 コノビー編集部

関連情報