絶対に抱っこしてほしい3歳策士が放つ、渾身のイイワケが天才だった!のタイトル画像
公開 2023年01月07日  

絶対に抱っこしてほしい3歳策士が放つ、渾身のイイワケが天才だった!

124,101 View

101さん著『3歳語辞典』(小学館集英社プロダクション)より、選りすぐりのエピソードをお届けします。


>シリーズの最初から読む
絶対に抱っこしてほしい3歳策士が放つ、渾身のイイワケが天才だった!の画像1

きみは父に「だっこして」と素直に言わなくなった。

そのかわりに間接的な表現で
疲れたことを伝えて
だっこをねだるようになった。

たとえば「なんかやつれちゃった」といったように。
それはちょっと疲れすぎである。

ほかにも「調子まるいの」と
調子の悪さをまあるく訴えたり、

「足が止まっちゃうみたい」と
自分ではなく足のせいにしたり、

階段の上で「もう落ちちゃうよ」と脅すなどして
父にだっこを求めた。

それが余計にグッときて、
一歩ずつ噛みしめるように腕のなかのきみと歩いた。

===========================

3歳の息子さんが使う不思議な言葉に

癒やされ泣かされ笑わされる、新感覚のパパエッセイ。

ぜひお試しください!



(編集:コノビー編集部 瀧波)

※ この記事は2024年01月06日に再公開された記事です。

Share!

おすすめ書籍のタイトル画像
おすすめ書籍 #35
コノビーおすすめ書籍のタイトル画像 コノビーおすすめ書籍

関連情報