1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 生後100日の赤ちゃんの健やかな成長を願う行事「お食い初め」の由来とやり方

生後100日の赤ちゃんの健やかな成長を願う行事「お食い初め」の由来とやり方

生後100日の赤ちゃんの健やかな成長を願う行事「お食い初め」の由来とやり方のタイトル画像

赤ちゃんが生後100日を迎えたので、お食い初めを行う事に♪そもそもお食い初めとは何だろう?と調べてみました。お食い初めの由来や儀式の行い方をご紹介します!

お食い初めとは? 由来とやり方

生後100日を迎え、両親を招いてお食い初めをする事になりました。しかし、そもそもお食い初めとは何だろう?どうやってやるの?と分からない事だらけだったので調べてみることにしました。



【お食い初めの由来とは?】

◆平安時代から始まったとされる

◆赤ちゃんの健やかな成長と、「一生食べ物に困らないように」と願う儀式

◆乳歯が生え始める生後100日前後に行う

◆「真魚(まな)始め」「箸初め」「百日(ももか)の祝い」「歯がため」と呼ぶ地域もある



平安時代からある儀式だったとは知らなかった!



また、儀式のやり方や祝い膳についても調べてみました。



【お食い初めのやり方】

◆一汁三菜の祝い膳、歯固め石を用意する

◆親族で一番長寿の人が、赤ちゃんを抱っこして食べさせる真似をする(男児なら男性、女児なら女性)

◆箸を歯固めの石に当て、その箸で赤ちゃんの歯茎に触ると丈夫な歯が生えてくるとされる

◆飯→汁→飯→魚→飯の順に三回食べさせる真似をする



他にも使用する漆器は赤ちゃんの性別で色を変える、(男児は内外とも赤色、女児は外が黒で中が赤色)

性別によって座らせるひざを変える、恵方に向かって食べさせる真似をする、などたくさんやり方があるようです。

いよいよお食い初め当日

近所の日本料理屋さんに予約を入れ(お食い初めコースというのがありました)、娘のよそいき服を買って準備万端!当日を迎えました。娘は久々に会った祖父母にビックリしたのか終始グズグズ。食べさせる真似は母にお願いしようと思っていましたが、結局私がやることになりました。



祝い膳はお赤飯、お吸い物、煮物、尾頭付きの鯛に、梅干し(長寿を願う)と歯固めの石がついてきました。娘は、お吸い物を少し飲んでいや〜な表情をしたものの、儀式中おとなしくしてくれて一安心。歯固めの儀式をして無事に終了!



地域によってやり方も違ってくるようですね。お食い初めをやろうかな?と考えている方はぜひ色々調べてみてはいかがでしょうか。お食い初めをもっともっと楽しんで行えると思います!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 行事・お祝い・写真 お食初め

この記事を書いた人

タミ

東京都在住。B型みずがめ座。
2013年5月うまれの娘・しーちゃんを溺愛中の親バカ。
ブログでも日々のあれこれを発信中です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 生後100日の赤ちゃんの健やかな成長を願う行事「お食い初め」の由来とやり方