「家事もお金も自分で」「病気時はつらかった」一人暮らしで大変だったことのタイトル画像
公開 2022年09月19日  

「家事もお金も自分で」「病気時はつらかった」一人暮らしで大変だったこと

3,063 View

一人暮らしは「自由で気まま!」なだけじゃない。


どんなところがキツかった?


一人暮らしは誰からも干渉されない解放感がある一方で、頼る人がいないので戸惑ったこともあるのではないでしょうか。

Q&Aコミュニティサービス「教えて!goo」に「一人暮らしの大変さを語って下さい」という質問には70件近い回答が集まりました。


買い物も家事も自分がやらないといけない

「家事もお金も自分で」「病気時はつらかった」一人暮らしで大変だったことの画像1
pixta_81147567_S


一人暮らしの大変さエピソードで目立ったのが、「家事を自分でやらなければいけなった」ことでした。

「炊事・洗濯・掃除などの家事ごとができなければ、いつまでも大変です」

「自分でやらないと何も動かないこと。買い物、食事の支度、掃除」

「家事、お金、全て助けてくれる人が当然ですけどいない訳ですよね。何て言っても『一人』『暮らし』ですから」

実家なら家事を分担できますし、食べ終わった食器をテーブルに放置しても家族が代わりにシンクに持って行ってくれます。

でも独居だと、そうはいかないのがつらいところ。

一人で生活をすることで、これまで支えてくれた両親への感謝の気持ちが湧いたと書く人もいました。



深夜に水道トラブル発生!どうしよう…。

「家事もお金も自分で」「病気時はつらかった」一人暮らしで大変だったことの画像2
pixta_82190454_S


家事以外には、病気やトラブル時に困ったという体験談も寄せられました。

「病気になったときツライです。とくにインフルエンザのときは、しんどかったですよ」

インフルエンザにかかると時に39度を超える高熱が出ますからね…。

まともに歩けないような状況で身の回りのことをするのはキツイもの…。

病院に行くのは重労働です。

回答者の一人は、深夜にトイレの水が流れっぱなしになるトラブルに見舞われた際の体験を投稿しています。

困り果てて水道局に電話をしたところ、「アパートの外にある止水栓を止め、トイレのタンクの中をみてください」と言われ、そのアドバイスに従いました。

タンクの蓋を開けると、そこには前の入居者が入れたと思われる何かがあり、それを取り除くことで解決したそう。

「水道局の人に教えてもらえなかったら、水道代、いくらになったことやら」

と振り返ります。

深夜にたった一人で水のトラブルに向き合うのは大変だったはず…。



一人暮らしならではの苦労の数々が書き込まれた一方で、「一人だから気楽」「大変だったことはない」とのコメントもありました。

家族に気を使わずに自由気ままに過ごせるのは、心地いいですしね!

(編集:コノビー編集部 そのべ)


※ この記事は2024年01月16日に再公開された記事です。

Share!

関連情報