1. >
  2. >
  3. >
  4. 逆子対策・冷え対策・つわり対策に!妊娠中にオススメの3つのお灸

逆子対策・冷え対策・つわり対策に!妊娠中にオススメの3つのお灸

逆子対策・冷え対策・つわり対策に!妊娠中にオススメの3つのお灸のタイトル画像

「妊娠中に初めてお灸をしてみた」とおっしゃる方も多いです。妊娠中におすすめな代表的なお灸の位置を紹介します。逆子対策に、冷え対策に、つわり対策に、お灸を取り入れてみませんか?

出典:https://instagram.com/p/3pj5bZjDSd/

冷えには「三陰交」のツボ

三陰交は、もっとも有名なツボのひとつで、婦人科系には欠かせません。女性には、必ず覚えておいていただきたいツボです。三陰交は、足首の内くるぶしから指4本上にあります。足の内側のラインの真ん中よりちょっと後ろ寄り、足の骨の後側にあたります。



ツボの場所はわかりにくいかもしれませんが、じんわり押して指が入りやすいところ、気持ちの良いところです。妊娠中には、グリグリと揉まずに、優しく温めると良いですね。お灸でじんわり温めるのも効果的ですし、足湯の時には、この三陰交が温まるくらいまで(ふくらはぎの真ん中くらいまで)お湯を張ると、より効果的です。



また、このツボは、出産の時にはお産を進める効果もあります。三陰交が隠れるくらいまでの靴下をはくこと(レッグウォーマーでも可)、お産に付き添ってくれる方にマッサージしてもらうことも、効果的です。妊娠・出産以外では、生理痛の緩和にもなりますので、覚えておいてくださいね。

逆子対策・冷え対策・つわり対策に!妊娠中にオススメの3つのお灸の画像1

逆子対策に「至陰」のツボ

逆子対策として、メジャーなものが、「至陰」です。妊娠28週くらいには赤ちゃんの頭が下になっているのが順調な経過です。もし、その頃にも、赤ちゃんの頭が上だったり、横を向いていたりする場合には、早目の対策が必要でしょう。



逆子の原因としては色々ですが、ママとしてできる対策は、冷やさないこと、食事のバランスに気をつけること、過度にストレスを溜めないこと、です。冷やさないという対策のひとつとして、至陰と三陰交を同時にお灸をしてみましょう。至陰の場所としては、足の小指の爪の付け根、外側の部分です。このツボは、妊娠中に揉んでも大丈夫ですので、お灸している時以外にもマッサージしてみましょう。



また、食事のバランスとしては、主食多め、副食少なめが良いのです。糖質制限などされている方もいらっしゃいますが、人のエネルギー源としては糖質です。赤ちゃんはどんどん身体を作り、脳を発達させていますので、糖質も必要となっています。主食である米を良く噛んで食べましょう。そして、過度なストレスに気をつけて、リラックスした生活を行えると良いですね。

逆子対策・冷え対策・つわり対策に!妊娠中にオススメの3つのお灸の画像2

つわりには「内関」のツボ

妊娠15週くらいまでは、つわりに悩まされる妊婦さんも少なくありません。日常生活に影響がない程度であれば良いのですが、時間帯によって、どうしようもなくグッタリしてしまうこともあるでしょう。そんな時に、内関をほぐしてみてください。手のひらを上にして、手首から指3本上にあがったところが内関です。ここは、自分でもマッサージしやすい場所になりますので、手で揉んでも良いでしょう。

逆子対策・冷え対策・つわり対策に!妊娠中にオススメの3つのお灸の画像3

以上の3つが妊娠中にオススメしたいツボでした。ぜひお灸を試してみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

utico

福岡で活動している助産師uticoです。
妊婦さん大好き、出産大好きな助産師ですが、2015年IBCLC(国際認定ラクテーションコンサルタント)という資格をと...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 逆子対策・冷え対策・つわり対策に!妊娠中にオススメの3つのお灸