1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 炊飯器で作る時短離乳食レシピ~簡単に離乳食をつくろう~

炊飯器で作る時短離乳食レシピ~簡単に離乳食をつくろう~

炊飯器で作る時短離乳食レシピ~簡単に離乳食をつくろう~のタイトル画像

離乳食を食べやすいように柔らかく茹でるには時間がかかります。子どもの面倒を見ながらの食事作りは大変!1分でも早く終わらせたいたいですよね。炊飯器を使うことで、離乳食を作る時間を削減することができるんです。今回は、炊飯器で作る時短離乳食レシピをご紹介します。

炊飯器調理の4つのメリット

炊飯器で調理すると離乳食作りがとても楽になります。

ではまず4つのメリットをご紹介します!



1.調理中、そばにいなくていい

調理中、お子さんが泣いたり危ないことをしていたりしないか気にしながらの調理って大変ですよね。炊飯器で作るとスイッチを押すだけなので簡単!そばにいる必要もないので、その間お子さんと遊んであげることができます!



2.失敗しない

火をつけたまま、いつの間に焦げていた!なんてことも炊飯器だとありません。私も何度鍋を焦がしたことか・・・



3.光熱費がお得

大人のご飯を炊くときに一緒に調理するので光熱費が安くなります!少しの量をコトコト煮込むと、けっこうな光熱費になりますよね。同時に調理して光熱費を浮かせましょう!



4.素材の旨味が引き出せる

炊飯器だと蒸し料理のような仕上がりになるので、人参やじゃがいも等も、ふっくら甘くて美味しく出来上がります。柔らかさもちょうどいいので、離乳食のパクパク期ならそのまま食べられます。ですので、炊飯器調理は離乳食作りに適しています。

炊飯器で作る!野菜の煮物

【材料】

鶏むね挽肉   小さじ1

ほうれん草   3cm程度

人参       2cm程度の輪切り

玉ねぎ      5cm程度のスライス

レッドキャベツ 3cm程度 





<作り方>

1.材料を細かく切り耐熱容器に入れ、材料が隠れるぐらいたっぷりのお水を入れる

2.アルミホイルで蓋をし、窯の中央のお米をくぼませ耐熱容器を置く

3.炊飯スイッチを押す



*今回は大人のご飯と一緒に調理しています

*野菜は月齢に合わせた食材を使ってください

*お肉ではなく、お魚を入れて一緒に炊いても構いません



炊飯器で作る時短離乳食レシピ~簡単に離乳食をつくろう~の画像2

炊き上がったら、炊飯器から耐熱容器を取り出します。熱いので注意してくださいね。

お皿に移し、必要な場合はトロミをつけてあげましょう。沢山作って冷凍保存も可能です。

炊飯器で作る時短離乳食レシピ~簡単に離乳食をつくろう~の画像3

炊飯器で作る!さつまいも粥

【材料】

お米     大さじ2

さつまいも  20g

水      50cc



<作り方>

1.研いだお米をと角切りのさつまいも、分量の水を耐熱容器に入れる。

2.アルミホイルで蓋をして窯の中央をくぼませ、そこに置く

3.炊飯器のスイッチを入れる。



*今回は、大人も「さつまいもご飯」です。

炊飯器で作る時短離乳食レシピ~簡単に離乳食をつくろう~の画像4

炊き上がったら、お子さまに合った形態に「潰す」など調理してください。

パクパク期なら、そのまま食べられるか、軽く潰す程度で大丈夫です。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

離乳食幼児食アドバイザー園田なお

はじめまして!北海道旭川市で離乳食・幼児食専門料理教室happycloverを主宰しています、園田奈緒です。長男が1歳の時、白米を半年間食べず、おかずも「ばっか...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 炊飯器で作る時短離乳食レシピ~簡単に離乳食をつくろう~