1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子連れのおでかけに必要な持ち物リスト!気になるママのバッグの中身を大公開!

子連れのおでかけに必要な持ち物リスト!気になるママのバッグの中身を大公開!

子連れのおでかけに必要な持ち物リスト!気になるママのバッグの中身を大公開!のタイトル画像

子連れのおでかけは、持ち物もたくさん!どんなものが必要なのでしょう?他のママのマザーズバッグの中身って気になりますよね。どんな時期にどういったの物が役にたつのか?目から鱗な便利グッズや、オススメのお出かけグッズを一挙ご紹介します!

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10214001995

子連れのおでかけの便利グッズや、オススメのお出かけグッズにはどんなものがあるのでしょうか?子連れお出かけグッズとしての重要度を★の数で3段階にランキングして順番にご紹介します。

子連れのおでかけに、 必要性★★★のアイテムはこちら!

◆おむつ&おしりふき◆

まずはおむつ。新生児なら何枚も替えたり、漏れてすぐに取りかえる事になったりしますよね。ポーチに入れて、市販のお尻拭きにシートのふたを取り付けてるママが多い用です。またすぐには捨てられない所でおむつ替えをした時のためにも汚れたおむつ入れビニールを何枚か持っておくとよいです。

◆ミルク&授乳&おかし◆

次にミルク育児ママには哺乳瓶やミルク、また乳児ではベビー麦茶など必要性が高いですよね。最近ではデパートなどのベビールームには熱湯などが出るミルクマシーンが完備されている所もありますが、まだまだミルクを作るための熱湯を魔法瓶に入れ外出しているママがほとんどのようです。長時間の外出時には消毒出来ないため、2.3本哺乳瓶を持って外出するママも多いとか。本当にたくさんの荷物がいることを実感させられますね。



また授乳育児ママには授乳ケープや母乳パッドの替えやなどが必需品になってきます。ミルク戻しなどのためにガーゼや大きめのタオルなども用意しておいた方がよいでしょう。また幼児ママは赤ちゃん用の卵ボーロや幼児用おかしなどをかばんに入れて持ち歩いているママも多いようです。

ミルクも小分けにして持ち歩ける物がたくさん販売されています。シンプルで使いやすいものや、ママにも嬉しいデザインのものなど様々です。

また授乳ケープも最近ではデザインもおしゃれで、コーディネートの一貫になるような素敵な物もたくさん販売されているようです。

◆着替え◆

次に必要なのが、着替え。意外と持っているママは少ない気もしますが、実はかなりの必需品!!新生児期はおむつから漏れてしまったり、ミルクや母乳を吐いてしまったり、外出時にはハプニングがたくさんです。歩けるようになれば外出時に水遊びをしたり、子どもが大好きな水たまりに予想外に入ってズボンや靴下まで濡れてしまったり。



また、夏場の着替えは特に必要です!!遊んだ後に汗をかいてそのまま冷房の入ったデパートに入り翌日熱が出た、なんて経験ありませんか?夏場の汗は冷えると風邪の元です。汗疹の原因にもなるので汗を書いたらこまめに着替えさせることが大切ですよ。



時期に合わせて、下着やカバーオール、冷房対策にカーディガンや冬場ならアウターなど簡単なものを1セット用意しておけばよいでしょう。また汚れものを入れるためのビニール袋やジップロックなどあれば怖いもの無しですね。

必要性★★

◆おもちゃ◆

次は必ずではないけれど、あれば便利なグッズをご紹介します。

まずはおもちゃ。やっぱり泣いたりすると持っておくと安心ですよね。今ではベビーカーにおもちゃを専用の紐でつけているママも多いので、外出時はかばんに入れて置かなくてもいいと言うママも多いです。

泣き止ませるには音のなるおもちゃや、触るとシャリシャリ鳴ったり視覚や聴覚で遊べる物が人気のようですね。また最近ではベビーカーの安全ガードに取り付けられるおもちゃも増えてきているので、かばんに入れておかずに外出時に持ち歩く手段としてはとても便利なおもちゃがたくさん発売されているようですね。

◆おしゃぶり&歯がため◆

泣いた時のためにおしゃぶりや歯がためを持っているママも多いですよね。歯が生え出す頃は痒くて歯がためが大好きな赤ちゃんは多いですし、おしゃぶりがあればそのまま1人で寝ちゃう、という赤ちゃんも多いでしょう。おしゃぶりは、歯並びが悪くなる、辞めるのが大変、親子のコミュニケーションが減るなどと言った声や、逆に顎の発達になる、鼻呼吸が発達、そして指しゃぶりの防止といういい面も聞かれます。個々の考えに基づきうまく外出時に利用するとよいでしょう。

◆スタイ◆

よだれがたくさん出る赤ちゃんにはスタイは必ず入りますよね。一日に何度も変える事もしばしば、、しかしよだれがほとんど出なくてスタイはほとんどしなかった赤ちゃんもいることから、星二つ★★にしてみました。

スタイはタオルやガーゼでも代用できるので、持ち歩かないママも多いかもしれませんね。離乳食が始まると、布スタイではなく、キャッチャーがついたシリコンやビニール製のスタイや使い捨てスタイを持っているママも多いようです。

必要性★

◆救急セットとソーイングセット◆

救急セットとソーイングセット。子どもが怪我をしたり、ボタンなどが取れたりした時に活躍してくれそうですよね。旅行時などマザーズバッグに入れておけば安心です。

◆フードカッター◆

離乳食が始まると、必要なのがフードカッター。今はうどん屋さんやレストランにも置いてある所もあるので、あれば便利、くらいに思っておけばよいかもしれませんね。

◆虫除け&日焼け止め&除菌シート◆

夏場の虫除けミストや、日焼け止め、またアルコール除菌もあれば便利です。長時間でなければ上記2つは家で体に付けてから外出すればよいでしょう。アルコール除菌は手洗いがまだ出来ない赤ちゃんには便利です。

以上、マザーズバッグの中身についてご紹介でした。ママと言っても女性。たくさんの荷物は持てませんよね。ベビーカーの移動が多いママは、子どもの荷物はベビーカーにかけママの貴重品はショルダーにしたり、ブランケットがポーチになるものや、ハンカチがスタイになるものなどを上手く使い、身軽さを図るとよいですね。また長時間出かける時はおむつを圧縮したりするのも1つの手です。



多くのママに共通しているのは、上手くマザーズバッグで仕切りをつけ収納し、ポーチごとに種類別にわけて保管したり”見やすく出しやすく”にこだわっているということ。必要な物は十人十色。みなさん自分にとって必要最低限なマザーズバッグをプロデュースしてみてください。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
noa mamaの画像
noa mama

2歳の女の子のママです(^^) 金融機関に勤めた後結婚して退職。転勤妻になりました。大変な転勤族に負けず、明るく前向きな子育てをモットーにお調子者の娘と楽しく暮...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子連れのおでかけに必要な持ち物リスト!気になるママのバッグの中身を大公開!