1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 家族で囲む食卓も、我が子のニオイまでもが輝く。「日常」こそ、最強。

家族で囲む食卓も、我が子のニオイまでもが輝く。「日常」こそ、最強。

家族で囲む食卓も、我が子のニオイまでもが輝く。「日常」こそ、最強。のタイトル画像

2020年、これを抜きにして思い出を語るのは無理そう。

我が家の2020年


我が家は夫、私、息子、娘の4人家族。

しかし2020年。

一度も家族4人で食卓を囲むことなく、終わる。

夫は一度も子ども達を抱くことなく、終わってしまうのだ。


新型ウイルスなくして、今年は語れない。

夫はヨーロッパのとある国に単身赴任中だ。

こちらから行くことも、あちらから来ることも出来ない1年だった。

夫を追って当然あちらに出国するものだと、日本にある持ち家も賃貸に出してしまったので、行き場を失った母子3人は私の実家に居候させてもらっている。

実両親の助けを借りている今、「子育ての大変さ」って人手で解決する部分がかなりあるよな、と過去のワンオペ育児時代を回顧する。


たとえばこんな時。

私が皿を洗っている時に洗濯物を干してくれる、ばーば。

イヤイヤ期の娘に私が怒り狂っている時に、サササと現れ、「おーよしよし」と娘を連れ去ってくれる、じーじ。

等々。

私にとって実家での子育ては、控えめに言って、最高なのだけれども。


遠い異国にひとり……夫の変化


夫はどうだろう。

過ぎし今年の3月には、自分以外の家族が単身赴任している国へやって来るはずだった。

しかし、休校からのロックダウン。

国からの渡航自粛勧告。

予定変更を余儀なくされていた。

さぞかし寂しく過ごしていると思ったが、夫は持ち前の強メンタルで、想像していた程ストレスもない模様。

それどころか「子ども達のこと、いつもありがとう」と、こちらを労ってさえくれた。


しかし夏の渡航も難しそうだ、という状況に差し掛かった頃、少し夫が変になってきた。

私達がそれぞれ住む両国には7~8時間の時差があるので、お互いの睡眠時間中にLINEを送ることはなんとなくしていなかった。

だがこの頃、夜中(あちらは昼間)に「息子ォォォォー!」とか「娘ちゃああああん!!」といったような、名前をシャウトしたのみのボイスメッセージが頻繁に届くようになった。


お、おう。

これはもしかすると、けっこう限界が、近い......!?


家族で囲む食卓も、我が子のニオイまでもが輝く。「日常」こそ、最強。の画像1
pixta_15092516_S

夏、娘の頭のニオイ


そうこうしているうちに、季節は夏本番になった。

夏になると、子どもは、臭う。

そう、汗臭いのだ。

夏の朝、起きてきた娘の頭からはもれなく「酢飯」のようなニオイがした。

でも親になるとそれすらも可愛くなってしまい、クサくても度々嗅いでしまうのだ。

私はまだ眠気冷めきらない娘を抱っこしながら、実母に言ってみた。

「なんだか酢飯みたいなニオイがするから、嗅いでみてよ~」

すると、「え、クサいんでしょ?やめとく~」と苦笑スルーする母。

え!?

夫だったらビュンと飛んできて、「クサイ!クサすぎる!でもかわいい!」と言ってくれるはずなのに!

「そんなこと言わずに可愛い孫を嗅いでくださいよ~」と母に食い下がる私の気持ちを察してか、妹をこよなく愛する息子がタタタと駆けて来る。

そして、娘のニオイを嗅いで、こう言った。

「うんうん、クサイね。でも可愛いニオイ。今日から”酢飯ちゃん”と呼ぼう」


迷いのない、直球ストレートなネーミング。

きっと夫がいたら、酢飯ちゃああん!と言うのだろうな。

きっと今ここに夫がいたら、息子と3人で娘の愛しいニオイを胸いっぱいに吸い込むんだろうな、と思った。

ああ、なのに今日も我が家には、夫がいない。

私はこの時、「2歳の娘の夏は、酢飯ちゃんだったよね~」と将来家族で語らう思い出を、一つ失ってしまったのだと考えたら、無性に悲しくなってきてしまった。


家族で囲む食卓も、我が子のニオイまでもが輝く。「日常」こそ、最強。の画像2
pixta_57645836_S

「当たり前の日常」とは


新型ウイルスのことは正直、ハチャメチャに憎いのだけれど。

この状況において、不自由なこと、不満なこと、悲しい事に目を向ければ、それらは無尽蔵に溢れ出てきてしまう。

それでもこの時間を通して、改めて気付いたこともある。


家族一緒に同じ家で暮らせることが、どれだけ幸せな事か。

息子と娘の成長を、同じテーブルに座って語り、共有できることの素晴らしさ。

家族旅行へ赴き、それがみんなの思い出になっていくこと。

なんでもない日常が、あらゆる人々の努力と、いくつもの幸運が重なって成り立っていたということ。

そして私の親バカに120%で同調してくれる夫の存在。

私はそれらにもう一度、きちんと感謝しようと思うことができた。


巻き戻せない夏を憂うよりも、明日からも続く「これから」を想って、楽しく過ごそう。

将来、息子はマスク姿の自分の写真を見て、「あー、この時大変だったよねぇ」とか言うのかな。

そんな今がとっくの昔になった未来を想像して、毎日なんとか過ごしている。

その未来の日常には、もれなく隣に夫がいて、家族でゴロゴロ、UNOとかに興じていたいなと思うのだ。


家族で囲む食卓も、我が子のニオイまでもが輝く。「日常」こそ、最強。の画像3
pixta_70748515_S

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
獅子えもんの画像
獅子えもん

3歳差兄妹を育てる30代主婦。
転勤族の家に生まれ、転勤族の夫と結婚し、現在の住まいは人生17軒目。
趣味:LEGO。我が子の頭の匂いを嗅ぐこと。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 家族で囲む食卓も、我が子のニオイまでもが輝く。「日常」こそ、最強。