1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. クセや性格までソックリかも?遺伝子よりも「一緒の時間」で似ていく親子。

クセや性格までソックリかも?遺伝子よりも「一緒の時間」で似ていく親子。

クセや性格までソックリかも?遺伝子よりも「一緒の時間」で似ていく親子。のタイトル画像

子どもは両親のどちらかに似ているもの、目元、口元、鼻の形?楽しみにしていたらそれが全然自分に似ていないと少しがっかりするもの、でも実は…育てていく内にだんだんと顕れる自分と子どものそっくりな所。

遺伝子の仕事とは

初めて妊娠して出産に臨む時、妊婦の感情の成分の99%位は、不安に占められている気がする。

私が初めてのお産に挑んだ11年前は大体

陣痛って自覚的に判断出来るんだろうか
ただの腹痛だと思って全然気が付かなかったらどうしよう
そして噂に聞く痛みには耐えられるのか
何か途中でとんでもないアクシデントに見舞われたら
そして何より無事我が子を産むことができるのか。

普段から健康で、かつ妊娠中に取り立ててトラブルの無かった妊婦の私でさえこう思ったのだから、色々山と谷を越えてきた妊婦さんの胸中にはもっと物凄い物が渦巻くと思う。
多分、そうですよね。

でも、あとの感情成分1%は、私に関してはこういう事だった。

「で、生まれたら子どもの顔は私に似ているのかな、それとも夫?」

それで初産としては比較的安産の範疇、陣痛24時間、分娩室入室約2時間で世界にお目見えした第1子、長男の顔面を助産師さんから

「おめでとうございます2890gの男の子ですよ」

という言葉と共に拝した時、私の口から出てきた言葉はこうだった。

「夫を産んでしまった…」

長男の顔面は一部の隙も無く夫の遺伝子が占有していた。

クセや性格までソックリかも?遺伝子よりも「一緒の時間」で似ていく親子。の画像1
pixta_69385618

似ていると言うのは嬉しい事

健康な我が子を自分の体の無事と共に神様から頂いたのだから、つまらない事で文句を言うのは筋違いというか、贅沢なのは重々わかっているけれど、私は新生児の息子の顔面を見るたび、何か腑に落ちなかった。

妊娠中のつわりとか、体調不良とか、飲酒禁止とか、貧血で満員電車通勤とか、様々の艱難辛苦を乗り越えてきて、生まれてきたのが夫が細胞分裂して生まれたかのように夫成分100%の顔なのは、いやこれは明言すると良くないのかもしれないけど、頻回の授乳とオムツ交換に疲れ果てて暗黒面に落ちつつあった新米母の内面にこんな感情を湧き上がらせた。

「なんか、つまらん…」

新生児期を経て、顔や体にフクフクと肉がついてきた長男は、日を追うごとに益々夫そっくになり、よく見ると爪の形まで夫と同じだった。

その夫は長男が誕生した当時はまだ20代、知人友人の中では割と早く子どもを持った方で、周囲で乳児が珍しいのも手伝って色々な人達が手土産持参で長男の顔を見に来てくれた。

その人達はまずベビーベッドに転がる乳児の顔面を見て

「うわ、夫君おるやん!」

大笑いしてくれて、これがもてなしのひとつになった。

素晴らしき出オチ感。

超羨ましい、私もそんな風に言われてウケたい。
笑われたい。
同じ親なのになんたる格差。

それで、この長男誕生の2年5ヶ月後、長女を出産する時に私は期待をしていた。

女児である長女はいくら何でも私に似た部分を少しは持って生まれて来てくれるだろう。

それでこの世界にお目見えした長女の、分娩直後のその顔を凝視して確認したら

「長男の生まれた時にそっくりや…」

これが少し不思議なのは、夫にそっくりな長男に似ているからと言って、長女が夫にそっくりという訳ではないという事だ。

そして更に不思議な事に長女が成長して、その面影にじわじわ現れてきたのは、私の姉、長女には伯母にあたる人で、今9歳になった長女は本気で留保抜きに私の姉に似ている。

長女は長男同様、私に全然似ていないのだ。

これは隔世遺伝とは言わないのだろうけれど、じゃあ何なのだろうか、遺伝子もちょっと遊びすぎじゃないだろうか。

そして姉は自分と長女が親子のように似ていると周りから言われる事については、素直に嬉しいと思ってくれているらしい。

クセや性格までソックリかも?遺伝子よりも「一緒の時間」で似ていく親子。の画像2
pixta_46293914

最強遺伝子・長男

それで3度目の正直、第3子・次女を産んだ際には、今度こそという気持ちがあった。

次女出産のこの時39歳だった私は、年齢の仕業なのか出血過多で軽く貧血になるし、血圧が突然跳ね上がって目の前に星は飛ぶし、お産というものは何歳で何人産んでも一大事だ。

でもやっぱり初めて我が子の顔を確認する時の(似てる?どっちに?)というあの気持ちはお産の後の大きな楽しみ。

その時も私は助産師さんにハイどうぞと次女を見せられて生まれたての新生児を凝視し、そして思った。

「長男の生まれた時にそっくりや…」

この次女は、兄である長男によく似ていてそして、夫にも似ているという顔をしていた。

この子は少し事情があって、生まれた後暫くNICU(新生児集中治療室)で育ったのだけれど、そのNICU入院中、看護師さん達にも

「パパに似てるね~」

そう言われて、その当時会社の帰り、次女の待つNICUに日参しては次女を抱いてあやしていた夫はとても嬉しかったらしい。

そして昼間毎日次女の為にNICUに通い詰めていた私は、その点だけは少し面白くなかった。

私の遺伝子、負けすぎでは。

そして今、もう直ぐ3歳になる次女は夫よりは長男にとてもよく似ている。

長男が3歳だった時代の幼稚園のお遊戯会のDVDを掘り出して来て見せてあげたら、次女は画面を見て嬉しそうに

「次女タン!」
「違うよ、これは長男君だよ」
「チガウデショ!次女タンデショ!モウ!」

この制服を着て踊っているのは自分だと言って聞かなかったし、長男本人も「これは並べると見分けが付かないのでは」と言っていた。

どれだけ似ているのか今ここでお見せできないのが本当に残念です。
その位似ていた。

なんだそれは羨ましいぞ。

この記事を書いた人
きなこの画像
きなこ

11歳ADHD・DCD男児、9歳ハイパーマイペース女児と
心臓疾患の2歳児の母をあまりがんばらないでやってます。

Twitter:日々の事と大体こどもの...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. クセや性格までソックリかも?遺伝子よりも「一緒の時間」で似ていく親子。