1. >
  2. >
  3. >
  4. 夏のお出かけに!低月齢の赤ちゃんでも使用OKな、体に優しい「虫よけ」厳選アイテム

夏のお出かけに!低月齢の赤ちゃんでも使用OKな、体に優しい「虫よけ」厳選アイテム

夏のお出かけに!低月齢の赤ちゃんでも使用OKな、体に優しい「虫よけ」厳選アイテムのタイトル画像

夏も近づき、蚊が活動を始める季節。昨年大騒ぎとなったデング熱のこともあり、妊婦さんやママにとっては心配ごとが増える季節でもあります。そこで今回は、虫よけアイテムの選び方や、意外と少ない月齢の低い赤ちゃんでも使える虫よけアイテムをご紹介します!

赤ちゃんの「虫よけ」の選び方

体が小さくお肌もデリケートな赤ちゃんには、やさしい成分で構成された虫よけアイテムを選びたいところ。そこで注意したいキーワードになるのが「ディート」という成分です。ディートは、第二次世界大戦中にアメリカで開発された化学合成成分。蚊などの虫よけとして高い効果を発揮するため、マラリア対策として使用されるようになったものです。



ディートを配合している虫よけはドラッグストアなどにたくさんありますが、その安全性を疑問視する意見も多数。現在、厚生労働省では月齢6ヵ月未満の赤ちゃんへの使用を禁じ、それ以上の小さな子どもにも、一日の使用回数に制限を定めているのが現状です。

ディートを含有する医薬品及び医薬部外品に関する安全対策について(厚生労働省)

ディート以外の虫よけ成分は、虫が嫌う「アロマ」が一般的

そんな背景から、ディート以外の成分をつかった虫よけも昔より多くなりました。



ディート不使用の虫よけの主流は、虫が嫌うとされる香りを放つ天然のハーブやアロマ精油を使用したもの。その他の配合成分もオーガニックにこだわったものであることが多く、いわゆる「オーガニックコスメ」の一つとして販売されているものが多くなっています。



ただ、アロマやハーブを使用した虫よけも、パッケージの裏側に「生後6か月から」「1歳から」という文字があるものがほとんど…。これは、香りの強さや刺激成分などから、生まれたばかりの赤ちゃんには念のため使用を避けるべき、というメーカー側の配慮もあるようです。



とはいえ、小さな赤ちゃんも、お出かけ時は虫よけで守ってあげたいのがママゴコロですよね。



そこで生後6ヶ月未満の赤ちゃんでも使える虫よけアイテムを探してみました。

低月齢赤ちゃんも使えるオーガニック虫よけ2アイテム

「アロベビー バスオフスプレー」



天然由来成分99%以上で開発されたオーガニックのアウトドアスプレー。お肌がデリケートな赤ちゃんにも使用でき、対象月齢は新生児から。大人気商品につき完売する店舗が続出中だそうです。



※主な虫よけ成分:オレンジ果実水、レモングラス油、ローズマリー油

夏のお出かけに!低月齢の赤ちゃんでも使用OKな、体に優しい「虫よけ」厳選アイテムの画像1

【製品概要】

アロベビー バズオフスプレー

100ml 1,750円(税抜)

対象:新生児〜

詳細情報はアロベビー公式サイトへ

「エルバビーバ バズスプレー」



虫が嫌う香りの16種の精油を配合した虫よけスプレー。食品基準のUSDAオーガニック認証に加え、ドイツのオーガニック認証「デメター」も取得しています。こちらも新生児から使用可能。春夏シーズン限定アイテムです。



※主な虫よけ成分:レモンユーカリ、レモングラス

夏のお出かけに!低月齢の赤ちゃんでも使用OKな、体に優しい「虫よけ」厳選アイテムの画像2

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 ベビー用品

この記事を書いた人

ニンプス編集長 ロコ

マタニティ情報サイト『ニンプス』編集長。2006年4月生まれの男の子(小学3年生)と2013年3月生まれの女の子(2歳)のママ。9年前の第1子出産時よりぐっと変...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 夏のお出かけに!低月齢の赤ちゃんでも使用OKな、体に優しい「虫よけ」厳選アイテム