1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 小学生の「お菓子買って」におすすめ!学びが広がる“100円チャレンジ”

小学生の「お菓子買って」におすすめ!学びが広がる“100円チャレンジ”

小学生の「お菓子買って」におすすめ!学びが広がる“100円チャレンジ”のタイトル画像

双子が小学生になり、学童保育帰りのスーパーで「お菓子買って」と言われるようになった時のこと。我が家では「100円チャレンジ」というシステムを導入することにしました。

子どもの「お菓子買って」にどう答える?


我が家には、小学校2年生の男女の双子がいます。

双子たちが小学生になり、学童保育に通うようになったことで、お迎え時に一緒にスーパーマーケットに立ち寄る機会が増えました。

すると、双子たちは「お菓子を買って」と言うように。

小学生になったこともあるので、「お菓子を買って」という言葉に対してどう対応するか、改めて考えてみることにしました。


「好きなお菓子を1人1個まで購入OK」にしてもいいかなと思ったのですが、そうすると高価なお菓子を選んでくる可能性もあり、連日になると予算的にも厳しい。

そこで、我が家で許容できる範囲として思いついたのが、「100円までのお菓子であれば、好きなものを1つ購入OK」とする“100円チャレンジ”です。


100円チャレンジのルールはいたってシンプル。

①購入していないお菓子は勝手に触らないこと。

②価格表示している金額が100円より小さいお菓子を1つ選ぶこと。


この2つだけです。


双子たちに提案してみると「分かった!」と言って大喜び。

いざお菓子売り場に放たれた2人は、さっそくそれぞれ好きなお菓子を探し始めました。

自分で選んで良いとあって、その目つきは真剣です。


「このお菓子は学童保育のおやつで出るから、買わなくても食べられる。」

「あー。これが欲しいのに、100円超えてる。」

「え!このお菓子って100円で買えるんだ!」


こんな具合で夢中にお菓子を選んでおり、我が家の100円チャレンジは順調にスタートを切りました。

小学生の「お菓子買って」におすすめ!学びが広がる“100円チャレンジ”の画像1
pixta_21273094_S

「100円チャレンジ」が進化!たし算を使ってOKに


100円チャレンジにも慣れてきた頃、双子たちがこんなことを提案してきました。

「たし算して100円より小さい数だったら、お菓子を2つ選んでもいいよね?」


1年生は、学校でたし算を習います。

これは算数の学習にもぴったりだと思い、合計100円以下であれば複数購入OKというルールに変更しました。

すると面白いことに、100円チャレンジの中にも2人の個性が見え始めたのです。

息子は、緻密に計算して100円ピタリ賞を狙おうとする。

かたや娘は、「計算が面倒くさい」と言って100円に近いもので1品狙いをする。

そうかと思えば、次の時は、娘が必死に計算してより多くのお菓子を買おうとしていたり、息子は“駄菓子パック”なる100円で買えるお得なセットを選んでいたり。

双子たちは、お互いに影響し合っているようでした。


また、当時の双子たちはまだ計算が得意ではなかったので、私や夫がたし算のサポートに徹しました。

と言っても、親が計算してあげてしまうと意味がないので、たし算をしている過程の数を覚えておいて、伝えるだけです。

時間がかかってもいいから、自分たちの力で答えを出せるように促す。

そして「計算できないなら、あきらめるしかない」と伝えると、一生懸命に計算するようになりました。

毎回、算数の宿題よりも必死に取り組んでいます。

小学生の「お菓子買って」におすすめ!学びが広がる“100円チャレンジ”の画像2
pixta_30927788_S

「100円チャレンジ」を通して、息子が発見したこと


その後も週1回程度のペースで100円チャレンジを続けていたのですが、ある日おもしろいことが起こりました。

普段使っている家の近くのスーパーではなく、車で出かけた先のスーパーで100円チャレンジした時のこと。

息子がこんなことを言い出したのです。

「あっ!このお菓子、いつものスーパーじゃ100円より高いから買えないのに、このお店だと買える!」


確かにそのお店は、お菓子が安く買えるお店だったのですが、息子の中に普段買い物しているスーパーの価格がインプットされていたことが驚きでした。

今では、あの店にはこんな商品があって、このお店にはこのお菓子が売っている……という商品ラインナップも覚えています。

「自分たちで選ぶ」という経験を通して、お菓子売り場を見る目も肥えてきたのかもしれません。


最初は、お菓子の値札を見て「100円で購入できるかどうか」を考えることから始まった100円チャレンジでしたが、次第に自分たちで計算して買い物をするようになり、“学び”の種類も変わっていきました。

そこに、さらにお店選びという視点も加わって、当初の想定以上に「生活に密着した学び」になっていることに気付いたのです。


小学生の「お菓子買って」におすすめ!学びが広がる“100円チャレンジ”の画像3
pixta_30927616_S

「100円チャレンジ」の進化はつづく


このように、さまざまな方向に進化させながら「100円チャレンジ」を楽しんでいる我が家ですが、双子たちはさらに知恵をつけ、ある日こんな提案をしてきました。

「2人合わせて、200円までのお菓子を選んでもいい?」


200円で何が欲しいのかを聞いてみると、大袋に入ったおせんべいを買いたいとのこと。

保育園の頃におやつで食べていたという、その思い出のおせんべいを買いたいと言い出したので、「2人が合意しているなら、2人で合計200円でもOK」というルールに変更をしました。

その後は、2人で食べたいものが合致した時は“200円ルール”で買い物をするようになりましたが、意見が割れた場合は交渉決裂となり、200円のお菓子は買えません。

200円を狙っている日は、お互いにプレゼンして合意を取る必要があるので、見ていてとてもおもしろいです。


双子たちの成長により、100円チャレンジのルールはどんどん進化しているのですが、また新たな提案も受けました。

それは「100円でお菓子を購入したお釣りを、次の100円チャレンジまで貯めておいて、合算して使いたい」というもの。

これは案としてはとても良く、複雑な計算の練習にもなるので採用したかったのですが、その端数の金額を覚えておくのが大変なこともあり、運用できていません。

今後はノートにつけるなどのアイデアを取り入れながら、運用方法を考えて挑戦してみたいと思っています。


「100円チャレンジ」という日常の中のささいな一コマですが、自分で選ぶことで満足感を得ることができ、お店や商品価格に興味をもつきっかけになっています。

我が家の100円チャレンジは、今後もしばらく続きそうです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
おぎの画像
おぎ

2012年生まれの小学2年生の男女双子の母
転勤族の妻
双子を連れて2度の引っ越し(広島・福岡)経験あり。
現在、都内ベンチャー企業にて短時間正社員として...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 小学生の「お菓子買って」におすすめ!学びが広がる“100円チャレンジ”