1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「母乳とミルク」どちらがいいの?3人の乳児期をすぎてみればの結論

「母乳とミルク」どちらがいいの?3人の乳児期をすぎてみればの結論

「母乳とミルク」どちらがいいの?3人の乳児期をすぎてみればの結論のタイトル画像

乳児育児業界で答えのないまま長く続く論争に私が勝手に独断と偏見…でもないけれど答えをひとつだしました。そして気づくとウチにもう乳児はいないのです。

さみしい。

ヒトは哺乳類

私は元来、猜疑心の強い人間なので、長男を、初めての子を産む時に半信半疑というか、あまり信じていない事があった。

それは

「ヒトは哺乳類なので、母乳で育つ」

という事だ。

それ当たり前やん?理科で習ったやん?大丈夫?と誰かに困った顔して聞かれそうなこの懐疑。

でもでもだって、初めて出産するその時まで自分からお乳が出て、それでニンゲンを乳児から幼児になるまで育てられるとかあまり想像つかなくないですか、そんな未知の身体能力私に備わっているんですかと思わないですか、思わなかったですかそこのアナタ 。

私は特に自分がミルクのみで大きく育った元乳児だったせいか、どうにもその事実を真実として認知できないまま、お産の日を迎えてしまった。

哺乳類・長男、やる気が無い。

「ハイ、おっぱいじゃあ吸わせてみましょうか!」

お産をして

『どうも、長男です』
『ハイこんにちは私が母です』

親子初顔合わせの数時間後、ブートキャンプ、もとい授乳室に放り込まれた私は授乳指導の助産師さんにホイと生まれたばかりの長男、そのまだ小さくてやわらかくて首の座らない新生児を授乳クッションに乗せてそっと胸元まで持って行って

「ハイ、おっぱいです」
「……」
「あの…おっぱいなんですが」
「……」

まだ名前のなかった新生児長男は、新生児だから眼は開いてないけど、唇をへの字にしておっぱいを眼前に口も全然開けてくれなかった。

それを隣で監督していた助産師さんは、その地蔵化した長男を覗き込むと

「あら~寝てますねぇ、足こちょこちょして起こしましょう」

足の裏をくすぐって長男の覚醒を促したが、そのこちょこちょ攻撃をしても長男は

「……(ボクねむいので)」

一向にやる気を見せなかった。

大事なゴハンの時間に寝る…だと…?

ねえ赤ちゃんてみんなこんななの、育つ気ある?生きる気ある?大丈夫?

お母さんは武士。

その『育つ』ことへのやる気に欠ける長男を自宅に連れて帰って数日、私は詰んだ。

入院中も「母乳推進」系の産婦人科にあって、その態度成果ともにほぼ赤点。

母乳測定と言って、授乳前の新生児の体重を測定し、授乳、それからもう一度体重測定してその差で授乳量を測るというアレでは

「ハイ、授乳前の体重計測して~」
「授乳したらもう一度計測して~」
「2gかぁ…もう少し頑張りましょうか」

毎回全然増加しないまま、ウーン、でももう疲れちゃうかもしれないから、ミルク足しますかと長男を連れていかれてしまう。

生まれたての長男は飲むのが下手。

産みたての私は飲ませるのが下手。

どっちかをベテランで慣れた方に交代したいが、こればっかりはキャスト交代不可だし、この新米母はお産に臨んだ病院で『母乳ですよ母乳、それが一番なんですよ』と言われ過ぎて

『母乳でなくては、ミルクとは、それは敗北である』

とまで思っていて。

今の私ならその思考の固まった頭を後ろから引っぱたいて目を覚まさせてやるのだが。


でもその当時は毎日

大体、上半身裸

で暮らしていた。

何しろ飲むのが下手過ぎる長男は、1回の授乳に時間がかかりすぎ、しかも1回の授乳で飲めている量が少ないからまたすぐお腹がすいて、3時間開かずに何なら1時間程度でおなかがすいたと泣き始める、おっぱいを仕舞う暇がないのだ。

長男が春生まれで本当に良かった。

上半身裸、下半身はスウェットで一日の大半を過ごす私に夫は、よく産後に散見される

「ウチの妻女捨ちゃっててさ~」

よーしこの男を今から山行って穴掘って埋めるぞ!みたいな妻の憤怒の感情を呼び起こす無神経発言こそしなかったが

「ママさぁ、切腹する前のひとみたいじゃない?」

切腹介錯の直前もろ肌脱いで待機する武士みたいやん?ウフフと笑い、私は無言で夫の後頭部を育児書でひっぱたいたものだった。

その上半身もろ脱ぎ生活は終息するまでに4ヶ月位かかっただろうか、それでも長男の授乳感覚は開いて3時間、それが

1歳8ヶ月

まで。

何がどうなっているのか、もうおしゃぶりのかわり感覚なのか離乳食完了の時期まで続いて、夜も碌々眠れなかったし、ワンピースは着られないし、真夏にビールも飲めないし、食事が私であるが為に長男から片時も離れる事が出来なかった。

でも完全母乳で乳児育児をやり切った。

やり切ったという達成感と感慨はある。

でも、それを過剰に頑張りすぎて

「長男の赤ちゃんの頃、大変だったなあぁ…」

という思い出ばかりが残ってしまった。

この記事を書いた人
きなこの画像
きなこ

11歳ADHD・DCD男児、9歳ハイパーマイペース女児と
心臓疾患の2歳児の母をあまりがんばらないでやってます。

Twitter:日々の事と大体こどもの...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「母乳とミルク」どちらがいいの?3人の乳児期をすぎてみればの結論