1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. 新米ママにとって、お気楽な夫は敵に見えた。味方に変わった日のこと<第四回投稿コンテストNO.61>

新米ママにとって、お気楽な夫は敵に見えた。味方に変わった日のこと<第四回投稿コンテストNO.61>

新米ママにとって、お気楽な夫は敵に見えた。味方に変わった日のこと<第四回投稿コンテストNO.61>のタイトル画像

産後、想定通りにいかない育児に戸惑っていた、さくちゃんさん。普段から自由奔放な夫の言葉にも、イライラしてしまう日が続いていたそうです。


現在は、小学校中学年から幼稚園年少児まで、3人の子どもを育てる私。

実際のところはそこまで余裕がないものの、ママ友から「ベテランママ」との称号をもらい、自分の時間ももてるようになりました。


そんな私にももちろん新米ママの時代があったのですが、もともと思考回路に柔軟性がない私は「こうしなきゃ。こうでなきゃ」と毎日が、いや、1分1秒が精一杯でした。

自身の家庭環境に問題があり、里帰りを選ぶことはなく、そうかといって「うちに来たら?」と声をかけてくれた義実家に頼ることもなく、早朝から夜遅くまで働く夫と住むマンションで1人「母とはこういうもの」「妻とはこういうもの」という意識のもとに、家事をこなしながら、長女を育てていました。


ママが新米なら赤ちゃんも新米。

適温で外界からの刺激から守られ、栄養も自動的に共有される胎内から外に出てきたばかりでは、おっぱいの吸い方も心地よい寝方もわからなくて当然です。

「3時間睡眠」「3時間ごと授乳」など育児書どおりに生活が送れるはずもなく、すんなり5時間寝たと思ったら夜中に3時間寝ないとか、おっぱいをくわえたら1時間ほど離さないとかといったイレギュラーなことがずっと起こります。

いえ、本来はそれがふつうなのですが、ママになるまで計画どおりに、イメージしたように人生を進めてきた私は、別人格である我が子までをも、自分の計画どおりになると思い込み、自分で自分の首を絞めていたのです。


新米ママにとって、お気楽な夫は敵に見えた。味方に変わった日のこと<第四回投稿コンテストNO.61>の画像1
pixta_64783920_S


一方、どちらかといえば自由奔放で柔軟な考えをもつ夫は、完全母乳にとらわれている私に「足りなきゃ足せばいいじゃない?」「ミルクなら俺でもできるし」と一言。

午後7時台に長女を必死に寝かしつけようと寝室を暗くして、長時間抱っこでウロウロする私に「眠たくないだけでしょ」とまた一言。

初めての育児ですべてのことに過敏になっていた私は、そんな夫の助言さえも敵からのヤジだと思ってしまうほど、余裕のない状態でした。
 

しかし長女が生後2ヶ月になった頃、敵だと思っていた夫が心強い味方に変わる日がやってきたのです。

まだまだ長女の睡眠時間は安定せず、夜中に何時間も起きたままの日があるなど、疲労がたまる日々を過ごしていました。

睡眠不足も当然つらかったのですが、私にとって何よりストレスとなったのは、思いどおりにいかないこと、そしてそのつらさを誰にもわかってもらえないことでした。

「どうして寝てくれないの?」

「こんなにがんばっているのにどうして?」

そんな思いばかりで、きっと娘を抱く顔もこわばり、肩にも力が入っていたことでしょう。

夜中に目を覚まして寝てくれない長女を、夫も眠る狭い寝室でただひたすら抱っこをして歩き、半ば強引に授乳を繰り返す……。

どれぐらい時間が経ったでしょうか。

張り詰めていた糸がプツンと切れ、「いいかげんに寝てよ!」と言いながら、長女を抱く私の手は拳となり、授乳の際に座っていた布団を殴ってしまったのです。


新米ママにとって、お気楽な夫は敵に見えた。味方に変わった日のこと<第四回投稿コンテストNO.61>の画像2
pixta_44212083_S

そのとき、それまでは「母乳だからどうしようもない」と夜泣きの対応をしてこなかった夫が起きました。

「俺が代わるから寝たら?」と言って長女を抱き、そのまま寝室から出ていったあと、夫は何やら優しく話しかけながら、時には歌いながら、寝かしつけをしているようで、長女もとくにグズつくわけではありません。

そんな状態になってもまだ「あの子は私がいないと眠れないのでは?」「いやいや、寝室から出たら寝ないでしょ?」と思い込み、夫の対応を信頼しきれなかったのですが、もう心身ともに限界を感じていたので、そのまま長女を任せて布団をかぶりました。

数時間後にふと目を覚ますと、長女は隣でスヤスヤと寝ていました。そして夫はいつものように出勤していきました。

夫が交代してくれて自分が眠れたことよりも、仕事が大変なのにも関わらず、わからないなりに助けてくれたこと、それによって「どうしてもつらいときには頼れる相手がいる、私は孤独ではない」と思えたことが、育児パートナーである夫のベストプレーの功績です。


新米ママにとって、お気楽な夫は敵に見えた。味方に変わった日のこと<第四回投稿コンテストNO.61>の画像3
pixta_49279678_S


それからも山あり谷ありの毎日の中で、時々夫が手を差し伸べてくれ、長女の生活リズムが整って一安心できた頃に、長男が生まれ、また次女が生まれました。

育児への悩みやストレスは、子どもたちがある程度大きくなった今でも、そしてこれからもエンドレスです。

流行りのワンオペ育児を続行中の私は、3人を育てるなかで徐々に適当になり、良くも悪くも諦めることを覚え、育児を楽しむ余裕も出てきました。

一方、夫の自由奔放さは変わらず、それが育児チームの危機を招くこともありますが、私が本当にピンチの時には、代打でホームランを打ってくれる、そんな夫はこれからも、ベンチから私の激闘を見守ってくれることでしょう。

そして何より、私が怒り出す前に空気を読み、私と同じ口調で弟と妹にゲキを飛ばしてくれる長女監督、少々チームの雰囲気を乱しながらも誰も想定しないプレーで笑いをもたらしてくれる長男選手、とびきりの笑顔でメンバーにねぎらいと愛の言葉をかけてくれる次女マネージャーがそろっている我が育児チームは、これからさらに強く成長することでしょう。



(ライター:さくちゃん)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
 第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』の画像
第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』

応募期間2020年4月16日~5月31日。入選発表は6月下旬を予定。
第4回コノビー投稿コンテスト、1次審査通過作品をお楽しみください。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. 新米ママにとって、お気楽な夫は敵に見えた。味方に変わった日のこと<第四回投稿コンテストNO.61>