1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 母乳パッドは必要?使い捨て、布製母乳パッドの違いとおすすめ母乳パッド5選

母乳パッドは必要?使い捨て、布製母乳パッドの違いとおすすめ母乳パッド5選

母乳パッドは必要?使い捨て、布製母乳パッドの違いとおすすめ母乳パッド5選のタイトル画像

「出産準備リストに母乳パッドがあるけど実際使うの?」と思う方も多いのではないでしょうか。実際、母乳パッドは母乳の出る量や出方により使う人と使わない人がいます。そこで、どんな時に母乳パッドが必要で、使うならどれがおすすめなのかをご紹介したいと思います。

目次 母乳パッドはどんな時に使うの?
母乳パッドはいつから必要?
母乳パッドの種類
母乳パッドの選び方
使い捨て母乳パッドのおすすめ5選
布製母乳パッドのおすすめ5選
自分に合った母乳パッドを見つけよう

母乳パッドはどんな時に使うの?

母乳パッドは必要?使い捨て、布製母乳パッドの違いとおすすめ母乳パッド5選の画像1
pixta_44412695_S


母乳パッドは母乳育児をするママなら用意しておきたいものではありますが、実際産後に母乳育児になるかどうかはわかりません。

母乳パッドを用意しても母乳がそれほど出なくて不要だったというママもいます。

また、母乳が滴るほど出るママ以外は小さめのタオルを挟むことで代用も可能です。

しかし、外出時にタオルを挟んでおくわけにもいきませんよね?

そんな時のために、とりあえず母乳パッドを1パック用意しておくのがおすすめです。

外出時は母乳パッドをつけておくと下着や衣類が濡れるのを防げるので安心できます。

お家での授乳中も、片方のおっぱいをあげていると反対側からポタポタ滴り落ちてくることもしばしば。

そんな時も使い捨ての母乳パッドなら授乳のたびにサッと交換でき、ビショビショになる不快感もないので、母乳量の多いママには手放せないアイテムになるでしょう。


母乳パッドはいつから必要?

母乳パッドは必要?使い捨て、布製母乳パッドの違いとおすすめ母乳パッド5選の画像2
pixta_47711627_S


母乳パッドは基本的に母乳が出始めたら使用します。

出産後、胎盤が外に排出されることによって、胎盤から分泌されていたエストロゲンとプロゲステロンが急激に減少し、プロラクチンというホルモンによって乳腺が活発になり母乳が出るようになります。

母乳の分泌量や出始める時期は個人差が大きく、産後すぐに母乳パッドが必要な人もいれば、最初は分泌量が少なく、ガーゼハンカチやハンドタオルなどで代用するママもいるようです。

最初はあまり出のよくなかった母乳も、赤ちゃんがおっぱいを連続して吸う刺激で、プロラクチンの分泌量が増え、次第に増えていきます。

自宅に戻る頃には良く母乳が出るようになる方も多く、そうなると母乳パッドの出番がきます。

あまり母乳が出ないというママも、赤ちゃんの哺乳力がついてくると母乳の出が良くなることはありますので、出産準備で1つ用意しておくと安心です。

また、中には妊娠中から母乳が出始めるママもいます。

そのような場合は、分泌量は少ないにしても下着が汚れるのを防ぐために、出産前から母乳パッドを使用すると良いでしょう。


母乳パッドの種類

母乳パッドは必要?使い捨て、布製母乳パッドの違いとおすすめ母乳パッド5選の画像3
pixta_30873763_S


母乳パッドには使い捨てタイプと布製の主に2種類があります。

それぞれの母乳パッドのメリット、デメリットをチェックしてみましょう。


使い捨てタイプのメリット、デメリット


使い捨て母乳パッドのメリットは授乳のたびに交換することができ、衛生的ですぐに捨てられるという手軽さです。

母乳パッド自体は持ち運びにもかさばらないので、外出先でもサッと交換が可能です。

デメリットは母乳育児をしている間ずっと母乳パッド費用がかかり続けるという点です。

授乳のたびに取り替えているとすぐに消費してしまい、積み重ねれば意外とコストがかかります。


布製タイプのメリット、デメリット


布製母乳パッドは1つの金額は高いものの、洗濯して繰り返し使うことができるのでコストパフォーマンスが高いというメリットがあります。

また、使い捨て母乳パッドよりも肌に優しいものが多いので、敏感肌のママも安心して使うことができるのが特徴です。

デメリットは洗濯しなければならないので手間がかかるという点と、持ち帰らなければならないので外出先での交換が面倒だという点です。

そして、母乳は血液で出来ているため洗濯まで時間が空くと臭いが気になり、カビも発生しやすくなります。

また、母乳の量が多いと吸いきれず服まで染み出してきてしまうこともあるので注意が必要です。


母乳パッドの選び方

母乳パッドは必要?使い捨て、布製母乳パッドの違いとおすすめ母乳パッド5選の画像4
pixta_62203152_S


使い捨てと布製、2種類のメリットとデメリットをご紹介しましたが、どちらを選ぶか迷った場合は、何を一番重視するかを考えると選びやすいかもしれません。

また、外出時は使い捨て母乳パッド、お家では布製母乳パッドという用途に合わせて使い分けるといった選び方もあります。


使い捨て母乳パッドのおすすめ5選

母乳パッドは必要?使い捨て、布製母乳パッドの違いとおすすめ母乳パッド5選の画像5
pixta_50563699_S


では、実際におすすめの使い捨て母乳パッドを5つご紹介したいと思います。

母乳パッド選びの参考にしてみてください。


母乳パッド フィットアップ プレミアムケア 102枚入


ピジョンのプレミアムケアは真ん中がふわふわしていて、頻回授乳で敏感になった乳首でも痛くありません。

乳首がデリケートになっているママや初めてのママにおすすめです。

立体カップがヨレや型くずれを防ぎ、5本のズレ防止テープ付きで、ズレにくいのが特徴です。

内容量:2枚でワンパック102枚入り
サイズ:横125mm×縦130mm


産後どの母乳パッドを買えばいいか分からず、いろいろ試してみました。
①ムーニー いちばんやさしい母乳パッド
薄手でよくくっつくが、母乳を吸うとずっしりとしてよれやすく、漏れることもある。
②ピジョン プレミアムケア
一番ふわふわでつけ心地がよい。2枚入っているので、これ1包を持ち歩けばよい。2枚目が取り出し辛い。
③ピジョン サラッと超吸収
一番よく吸う。就寝中も心配せずつけられる。が、何と言っても開けづらい!開封時のゴミが散らばるし、手数が多い。でもよく吸う…。

私はこちらのピジョンプレミアムケアが使いやすいかなと思いました。
長時間変えられない時はサラッと〜にするかも。

dacco 母乳パッド


こちらの母乳パッドはブラからはみ出ないようなカットが特徴で、お出かけする機会が増えるママにおすすめです。

128枚入りでコスパが良く、全面通気性でムレにくく、さらさらな肌触りです。

<内容量>128枚入

ムーニー 母乳パッド プレミアム 108枚


紙おむつのムーニーからも母乳パッドが発売されています。

他の多くの使い捨て母乳パッドが白で側の防水がピンクなのに対し、ムーニーのいちばんやさしいはブルーがかっています。

片側ずつの梱包で、片方だけ交換したい時に便利です。

使用中のズレも少なく、通気性も「さすがおむつメーカー!」と言いたくなるくらい抜群です。

<内容量>108枚


チュチュベビー 母乳パッド ミルクパットエアリー 90枚入


チュチュベビーの母乳パッドも片側ずつの個別包装なので、左右の出方が違うママにおすすめです。

こちらは独自の新立体構造を採用しており、おっぱいにしっかりフィットしてくれます。

<内容量>90枚


布製母乳パッドのおすすめ5選

母乳パッドは必要?使い捨て、布製母乳パッドの違いとおすすめ母乳パッド5選の画像6
pixta_36641429_S


続いて布製母乳パッドのおすすめを5つご紹介していきます。


NatureBond 竹綿製母乳パッド


おしゃれなデザインで値段も布製母乳パッドにしては安いため人気の商品です。

一度布製母乳パッドを試してみたいママや出産祝いのプレゼントとしてもおすすめです。

<内容量>10枚入り


紙製母乳パッドが高すぎて困惑したすえ、見た目のよさに惹かれて購入。

5セットで1000円台の良心的価格ながら、上品なレース仕様で気持ちがアガります。
パッケージも素敵なので収納ボックスとして活用。
肌に当たる側は柔らかいパイル。柔軟剤は使うなということで、NANOXとハイターで洗ってゴワつかず使えてます。
吸収は紙ほどではないし、大量に吸うとムレてかゆくなるので替えをバッグに常備してますが、一日中外出してても替えずに一日一セットで済むことが多いです(完母2ヶ月児現在)
防水布があるので、下着をぬらさずにすむのもよいです。

KeaBabies オーガニック 竹 看護用 乳房 パッド 14個


オーガニックなのでママも赤ちゃんも安心して使うことができる乳パッドです。

可愛いパステルカラーなのも人気。

ギフトバッグ付きなので、こちらも出産祝いのプレゼントにおすすめです。

<内容量>14枚入り


肌触りは、触ると普通で特に柔らかい感じはしないけれど、使用中特に硬いとかは感じません。吸収はよいですが、簡易な授乳ブラ〔ずらすと授乳できるスポブラみたいな形の一般的なやつ〕だとぴったりフィットしていないと動作でズレる事があります。ただ、布製のパッドは紙タイプとはちがい粘着面がないのでどこのものでもなります。
沢山入ってるし、色が全部違うので分かりやすい!洗濯ネットもついてるのでありがたい!

ローズマダム ママパット


ローズマダムのママパットは安心の日本製です。

たくさんの子育て本の著者でもある、久保田カヨ子先生もおすすめという商品。

<内容量>2枚入り


他のメーカーの6層に比べてしまうと。。
値段が安いから仕方ないと思いますが
水通しの為に届いたその日に手洗いして干したら
型崩れしちゃいました。。。
あと夜使用したら横から漏れてきてしまい残念な結果に。
でも使い捨てのよりはいいと思います!
肌側の布は柔らかく肌触りはいいので日中家にいるときに使いたいと思います。

Sweet Mommy オーガニックコットン100% ふわふわ母乳パッド 2枚入り


Sweet Mommyの母乳パッドはオーガニックコットン100%で優しい肌触りです。

しかも、6層構造なのでしっかり吸収してくれます。

しっかり吸収してくれる分、洗濯後の乾燥は少し時間がかかります。

<内容量>2枚入り


よく吸ってくれて助かります。オーガニックなので安心して使えてます。何重にもなっているので乾かしにくいのが難点ですが、その分吸収してくれてるので、しょうがないですね。

nunona 母乳パッド


nunonaはオーガニック布ナプキン専門店で、母乳パッドもオーガニック100%です。

肌触りの良い世界基準GOTS認定オーガニックコットンなので敏感肌のママも安心して使えます。

<内容量>6枚3組入り


市販のポリマー入りを使っていましたが、夏で汗をかき痒みが出て来たのでこちらを購入。
やはりおっぱいには優しく、痒みはすぐ改善されました。
縫い目も当たらず快適です!

四六時中おっぱいが張っていたわけではなく3時間おきの授乳で、あげて2時間くらいで張ってきてじゅわっじゅわっじゅわっと母乳が滲み出るくらいだったので
薄い方でも良かったかなぁと思います。
厚さがあってしっかりしている分、乾きづらさはあり、しっかり乾かさないと生臭くなるので薄い方を購入してから様子を見て厚手、でも良いのかなと思いました。
今は産後3カ月経ち厚手である必要はなくなってきたので、様子をみて市販のものと併用して使っています。

自分に合った母乳パッドを見つけよう


使い捨て母乳パッドと布製母乳パッドのおすすめ商品をご紹介しましたが、使ってみたい母乳パッドは見つかりましたか?

まだ産前で母乳パッドを使うかわからない、母乳の量が少なくて今はまだいらないという人も、1つは用意しておくと安心のアイテムです。

出産準備の際に買っておくと、いざ必要な時にすぐ使うことができます。

また、母乳パッドにはそれぞれの種類でメリット、デメリットがあるので、ママの体質や生活スタイルに合わせて使いやすいものを選ぶようにしましょう。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
おざゆかの画像
おざゆか

中間反抗期とイヤイヤ期の息子に振り回される毎日。
字を書いたり、イラストを描いたりしています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 母乳パッドは必要?使い捨て、布製母乳パッドの違いとおすすめ母乳パッド5選