1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 4歳におすすめの室内遊びは?1人でゲーム、集団での遊び方なども紹介

4歳におすすめの室内遊びは?1人でゲーム、集団での遊び方なども紹介(2ページ目)

4歳におすすめの室内遊びは?1人でゲーム、集団での遊び方なども紹介のタイトル画像

寒い季節や、天気が悪い日が続くと、室内遊びが増えますよね。そんな時には、室内遊びがマンネリ化しないように、遊びに新しい要素を取り入れてみましょう!この記事では、4歳児の運動能力や発達段階に合わせた室内遊びをご紹介します。4歳児に合った室内遊びで、ぜひ毎日を楽しんでみてください。

クモン NEWくみくみスロープ


プラスチック製のパーツを組み立てて、ボールを下まで転がすコースを作る「NEWくみくみスロープ」は、ものづくり系のおもちゃで遊ぶのが得意な子にぴったりです。

初めは少ないパーツで小さめのコースを作ることからはじめてみましょう。

子どもだけで作るのが難しい場合には、大人が一緒にコースを作ってあげるといいですね。

4歳児は、色々なおもちゃや、ものが動く仕組みなどにも興味を持ってくる時期です。

コースを球が転がっていく様子を一緒に観察して、だんだんとパーツを増やして大きなコースを作ってみましょう。

組み立てに慣れてくると、小さなコースなら子供だけで作ることができるようになってくるかもしれません。

うまくコースが作れたら、きちんと褒めてあげたいですね。

対象年齢:3歳〜
パーツ:19種類59個、ボール:12個


クリスマスプレゼントに渡したら、その日から一心不乱に球を入れ続けます。
本人なりに色々考えながら、ボールの動きを観察しているようです。

まだ自分自身で上手に作ることはできませんが、一緒に作ることで、色、数を遊びながら覚え、少し複雑な指示も理解できるようになりました。

これから自分で作れるようになるのが楽しみです。ピタゴラスイッチ的な玩具で、ほんとによくできています!
ボールもよく転がります。

バンダイ ドラえもん ものしり大百科


「ドラえもん ものしり大百科」は、ひらがなやカタカナ、数字やアルファベットをドラえもんの声を聞きながら学べる知育おもちゃです。

ドラえもんの声で読み上げてくれるので、ドラえもん好きの子どもにとっては嬉しいですね。

本体に付属のシートは「日用品」や「交通ルール」など9つのカテゴリーに分かれていて、本体に差し込むことでさまざまな問題や遊びに挑戦できます。

ひらがなやカタカナ、数字やアルファベット以外にはお金の数え方など、生活に役立つ知識も学ぶことができるので、好奇心旺盛な4歳児にはぴったりですね。

楽しいクイズも500問以上あるので、お出かけや待ち時間の多い場所に行く時に持っていくと、役に立ちそうですね。

お友達と一緒に、クイズの出し合いっこをして遊んでも楽しめそうです。

今はスマホやタブレットで使える無料の知育アプリがたくさん出ていますが、デジタル機器の使いすぎに不安を抱く親御さんもいるのではないでしょうか。

そんなときには、あえてアナログタイプのおもちゃを選ぶといいかもしれません。

別売りの単三電池が2つ必要ですので、準備しておきましょう。

・対象年齢:3歳~
・セット内容:本体、さしかえシート4、取扱説明書


ひらがなに興味が出てきた3歳半の息子に。
シートを変えるとそのまま出来ると思ってたのですが、シートを変えて、同じ色のボタンを押す必要があります。
ひらがなの他に英語や数字、物、音楽など色々ついており、一般常識は身につくと思います。
タブレットと違い、ライトを見続ける必要が無いため良いですね。
車の中でも出来るのでお出かけにもいいと思います。

ウッディプッディ はじめてのおままごと 基本ギフトセット

この記事を書いた人
あいすの画像
あいす

子育て系メディア執筆経験あり、歌とダンスが大好きな娘を持つママライターです。日本では教育系出版社勤務、現在はヨーロッパ在住6年目。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 4歳におすすめの室内遊びは?1人でゲーム、集団での遊び方なども紹介