1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 4歳におすすめの室内遊びは?1人でゲーム、集団での遊び方なども紹介

4歳におすすめの室内遊びは?1人でゲーム、集団での遊び方なども紹介

4歳におすすめの室内遊びは?1人でゲーム、集団での遊び方なども紹介のタイトル画像

寒い季節や、天気が悪い日が続くと、室内遊びが増えますよね。そんな時には、室内遊びがマンネリ化しないように、遊びに新しい要素を取り入れてみましょう!この記事では、4歳児の運動能力や発達段階に合わせた室内遊びをご紹介します。4歳児に合った室内遊びで、ぜひ毎日を楽しんでみてください。

4歳児ってどんな室内遊びができる時期?

4歳におすすめの室内遊びは?1人でゲーム、集団での遊び方なども紹介の画像1


4歳は、言葉だけでなく運動面や精神面でも、大きな発達をしていく時期です。

けんけんなどの動きができるようになり、体をイメージ通りに動かすことが上手になります。

また、色々な遊びに興味を持ち、人と一緒に遊んだり、協力することを覚え始める時期でもあります。

知的好奇心も旺盛になる時期で、自分で考え、理由を説明できるようになるのもこのころ。

疑問に思ったことを尋ねたり、人と一緒に考えながら物事を進めたりすることができるようになるのが特徴です。

屋外で活発に遊ぶのが好きな4歳児でも、天候によっては室内で過ごす日が続くこともあるでしょう。

そんな時には、4歳児にぴったりのおもちゃを使って遊ぶことで、室内で過ごす時間も楽しめます。

飽きずに楽しく、興味を持っていろんなことにチャレンジする4歳だからこそ、色々なおもちゃを使って室内遊びを楽しみましょう。


1人でも、集団でも!4歳の室内遊びは楽しさいっぱい

4歳におすすめの室内遊びは?1人でゲーム、集団での遊び方なども紹介の画像2


外遊びが難しい季節や天気の場合には、4歳児が楽しく室内遊びをすることができるおもちゃを活用しましょう。

はじめてのおもちゃを使う場合、慣れるまでは使い方を大人がサポートしてあげると良いでしょう。

おもちゃの扱いに慣れてきたら、だんだんと子どもだけで遊ぶことができるようになります。

子どもの想像力には目を見張るものがありますので、そのうち、工夫してオリジナルの遊び方を発見するかもしれませんね。

4歳児は、1人で遊ぶだけでなく、お友達と一緒に何かに取り組むということも、だんだんとできるようになってくる年齢です。

外遊びだと走り回って遊ぶのが中心となりますが、室内遊びではじっくりとお友達と話したり、協力したりという時間も取れそうですね。

ここからは室内遊びをするのにぴったりのおもちゃをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。


レゴ 黄色のアイデアボックス <スペシャル>


室内遊びのおもちゃといえば、レゴを思い浮かべる人も多いでしょう。

4歳から使える、レゴの「黄色のアイデアボックス <スペシャル>」は、なんと790ピース入り。

何人かで一緒に遊んでもじゅうぶんなパーツがあるので、お友達と一緒に楽しく遊ぶことができますよ。 

子どもの想像力は、時に驚くほど柔軟です。

「黄色のアイデアボックス <スペシャル>」には33色のパーツが入っています。

カラフルなレゴブロックを使えば、子どもの想像したものを、ブロックで実際に再現できそうですね。

何を作るか迷ったら、付属の説明書を見てみましょう。

参考になるアイデアが満載です。まずは説明書通りに作る練習をしてみるのもいいかもしれません。

丈夫なプラスチック製のケース付きなので、遊び終わった後のお片づけもらくらくですね。

・4歳~
・790ピース入り
・収納ボックスつき


デュプロで遊んでいた息子の次ステップとして、まずはこのボックスを購入しました。
以下の点が良いと思いました。

・各色ブロックがバランスよく含まれている
・組立説明書も簡単なものから、少し複雑なものまで網羅している
・レゴのサイトから追加の組立説明書を入手できる

基礎板も同時に購入しましたが、家を作ったりミニフィグでゴッコ遊びするのに最適でオススメです。

この記事を書いた人
あいすの画像
あいす

子育て系メディア執筆経験あり、歌とダンスが大好きな娘を持つママライターです。日本では教育系出版社勤務、現在はヨーロッパ在住6年目。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 4歳におすすめの室内遊びは?1人でゲーム、集団での遊び方なども紹介