1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. 毎日の離乳食作りを少しでも楽に!便利グッズのおすすめ5選を紹介

毎日の離乳食作りを少しでも楽に!便利グッズのおすすめ5選を紹介

毎日の離乳食作りを少しでも楽に!便利グッズのおすすめ5選を紹介のタイトル画像

離乳食は初期は1回食で、中期、後期と進むにつれて2回食、3回食へと進んでいきます。初期は1回食とはいえ、一つ一つの食材をすり潰したり裏ごしをしたりと、手間や時間がかかり大変な作業。負担を感じるお母さんも多い時期です。この記事では、お母さんが少しでも楽に離乳食作りができるよう、おすすめの便利グッズを紹介します。

目次 離乳食作りで感じる大変さ
【初期の離乳食作りに欠かせないおすすめグッズ】ベビー調理器セット9王
【離乳食時期のみならず大活躍】ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック7
おかゆが簡単に時短で作れる:電子レンジ用おかゆクッカーE
【離乳食の小分け冷凍に】わけわけフリージング ブロックトレー R
【食べやすい大きさに簡単カット】パパジーノ ママも安心 マルチフードカッター MFC002
便利グッズを活用しながら離乳食作りを快適に

離乳食作りで感じる大変さ

毎日の離乳食作りを少しでも楽に!便利グッズのおすすめ5選を紹介の画像1
pixta_21086604_S


離乳食とは、赤ちゃんの栄養源を母乳やミルクから幼児食へとスムーズに移行していくために慣れさせる食事のことを指します。

離乳食の時期は、大きく分けて初期、中期、後期、完了期と4つに分かれます。お母さん達はどのようなことに対し大変さを感じるのでしょうか。

初期の頃の赤ちゃんは、飲み込む練習をする時期でなめらかな形状のものを食べさせるため、一つ一つの食材をすり潰し裏ごしをするという手間がかかります。

中期、後期と進んでいくにつれ、食材の大きさや固さは少しずつ変化し、すり潰したり裏ごしをしたりという必要はなくなっていきます。

しかし一日1回食から2回食、3回食へと移行していくので、その中で毎日の献立を考えることや、メニューがマンネリ化してしまうこと、食べさせる形状の変化に伴い手づかみ食べしやすいものを作ることなど新たな悩みや苦労も出てきます。

お世話する大人は、一日の生活の中で離乳食作りだけではなく他にも膨大な家事もこなしていかないといけないため、時間に余裕がなく追われてしまう場合もあるでしょう。

毎日の離乳食つくりの負担を少しでも減らし、楽しさを感じていけるように手助けしてくれるのが便利グッズです。

様々なメーカーから最新便利グッズが多く販売されていますので、その中でも特におすすめのグッズを紹介していきます。


【初期の離乳食作りに欠かせないおすすめグッズ】ベビー調理器セット9王


離乳食初期の食材の形状は、赤ちゃんが飲み込みやすいように一切固形物が入らずなめらかにすり潰したものです。

茹でる、すり潰す、裏ごしをするなど多くの手間がかかり、そのために必要なすり鉢やこし器などの器具を一つ一つ揃えるのは大変です。

「ベビー調理器セット9王」は、フタ、おろし器、こし器、すり鉢、マッシャー機能付調理スプーン(3.5cc)、目皿、ヘラ、ピーラー、おそうじブラシの9つのアイテムが入っているお得なセットです。

野菜などを柔らかく茹でてからすり潰している方もいるかと思いますが、電子レンジを使い蒸し調理ができるので茹でる手間も不要。

蒸し調理をする際には、目皿とすり鉢、フタを使用するだけで簡単です。

「野菜のカスがつまって洗うのが大変」ということもありません。専用のおそうじブラシがついているので、簡単に洗い流すことができます。原料が日本製でプラスチック素材というのも安心できますよね。

コンパクトにまとめておけるので、場所をとることもありません。


セット内容:フタ、おろし器、こし器、すり鉢、マッシャー機能付調理スプーン(3.5cc)、目皿、ヘラ、ピーラー、おそうじブラシ
収納時本体サイズ:高さ80mm×横150mm


離乳食作りが簡単にスタートできました。お掃除ブラシやヘラまで付いていて使いやすさが追求されている商品で満足しています。

【離乳食時期のみならず大活躍】ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック7


離乳食作りには多くの手間がかかるため、赤ちゃんの食べる量が少ないとはいえ、どうしても時間がかかってしまいます。

最も手間のかかる初期だけでなく、初期以外の時期にも使えて、作る時間を短縮してくれる便利グッズがブレンダーです。

「ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック7」は、この1台で、つぶす、混ぜる、泡立てる、きざむ、スライス、せん切り、こねるという7役をこなしてくれる優れもの。

握る力を変えることでスピードを調整でき、セーフティロックもついているので安心です。

時間短縮になり洗い物もしやすいため、ストレスなく離乳食作りをすることができるでしょう。

離乳食が終わってからも大人の食事作りにも活用できるので、離乳食作りを機に購入してみるのもおすすめです。


セット内容、付属品:本体(モーター部分)、ブレンダーシャフト、泡立て器、フードプロセッサー(カッター、刃ツール×3種、こねベラ)、専用計量カップ、専用スパチュラ
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:400W
回転数:ブレンダー装着時/13,600 +- 300回
コード長:約1.2m


少しお値段がするので悩みましたが、離乳食たくさん食べて欲しい!色んなものをたべさせたい!とおもい購入しました。
それまでは裏ごししたり潰したり手でしていましたが、どうしてもやりやすい食材によってしまっていました。
今はなんでもガーっとすれば良いのでとても楽で、余裕も生まれて、赤ちゃんに今までより優しく接っせます(^_^;)

シュレッダーがつく分お値段上がりますが、どうせなら買った方がお得かな?と思います。
根菜のサラダも面倒なく作れ野菜の摂取量が上がりました!

おかゆが簡単に時短で作れる:電子レンジ用おかゆクッカーE


赤ちゃんにとって主食となることが多いおかゆ。

初期は10倍がゆ、中期は7倍がゆ、後期は5倍がゆというように離乳食の段階によって柔らかさに違いがあるため、作る際に米に対する水の分量が異なります。

炊飯器や鍋で作る場合には、おかゆを作ってからすり潰すので、手間も時間もかかってしまいます。

そんなおかゆ作りの時間を短縮してくれる便利グッズが「電子レンジ用おかゆクッカーE」です。

このグッズを使うと、電子レンジで4~5分という短い時間であっという間に10倍がゆや5倍がゆが出来上がります。

出来上がり量は約50g、約100gから選ぶことができます。

これは離乳食の時期にもよりますが1~2回分のおかゆの分量です。

一度に多くのおかゆをすり潰すとなるとなかなか大変な作業ですが、少量を付属のすり鉢機能を使うことですり潰し作業を時間をかけずに行えますよ。


容量:310ml


探し訪ねて行き着きました。これがなくては成り立ちません。ありがとうございました。

【離乳食の小分け冷凍に】わけわけフリージング ブロックトレー R


一度に多く作った離乳食を冷凍保存して活用している方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんは一回の食事で食べる量は少量。

毎日手間や時間をかけて作ることや、少量の食事を作ることは大変なので、一回に数回分まとめて作り、小分けに冷凍しておくと便利です。

冷凍保存をする際におすすめなのが「わけわけフリージング ブロックトレー R」です。

離乳食の時期によって何をどのくらい食べさせるのかという目安があります。

このトレーには15ml、25ml、50mlと様々な容量があるので、離乳食の時期に合わせた容量のものを購入して冷凍しておきましょう。

食べさせる都度1回分を測らなくてもすぐに取り出すことができます。

このトレーは容器やフタにくっつくことなく、取り出しやすいのも特徴です。

同じ容量のトレー同士は重ねて保管することができるので、保管場所にも困りません。

初期の時期だけではなくて、中期や後期であっても冷凍をする機会があると思うので長く使えるグッズです。


本体サイズ:約W12.7×D17.5×H3.4cm
1ブロック容量:50mL
セット内容・付属品]:2枚入
対象:5ヶ月~


始めの6ヶ月頃は25ml、おかゆの摂取量が増えた7ヶ月頃には50m Iを購入しましたが、非常に使い勝手がいいです。
作ったらジップロックにまとめて入れて保存し、使用していない時は同じサイズであれば重ねられるためかさばりません。
100均の製氷型を買おうか迷いましたか、それだと中身が取り出しにくいため、こちらを購入して大正解でした。
まとめて作って冷凍しているので、無くてはならない物となりました。

【食べやすい大きさに簡単カット】パパジーノ ママも安心 マルチフードカッター MFC002


赤ちゃんは上手に咀嚼し飲み込むことのできないため、具材が長すぎたり大きすぎたりすると喉につまらせるなど負担になってしまい危険です。

うどんやそうめんなどの麺類や、野菜や肉などを赤ちゃんに食べさせる際に、具材が少し大きい、麺をカットする必要がある時におすすめなのが「パパジーノ ママも安心 マルチフードカッター MFC002」です。

包丁やまな板を準備して切るのは一苦労。

このカッターを使うと皿の上で簡単に、具材を1cm程度にカットできます。

専用ケースがあるので持ち歩きもしやすく、外出先でもすぐに使えるので便利です。

カットの機能だけではなくマッシャー機能もあり、かぼちゃやじゃがいも、さつまいもなどをつぶしたい時にも活躍するグッズです。

カッター本体を分解することができ、洗う際に付着したものも簡単に洗い落とせます。

離乳食を作る期間には是非持っておきたい商品です。


サイズ(外装):縦200×横133(mm)


いろんなフードカッターを使いましたが、これが一番使いやすいです。
潰せるしカットできるし、解体して洗えるので衛生だし、本当に便利です。
離乳食時期になったら、まずこちらの購入をオススメします。
ケース付きなので、持ち運びも便利♪
フードコートでうどんを食べさせる時など、本当に便利です。

便利グッズを活用しながら離乳食作りを快適に

毎日の離乳食作りを少しでも楽に!便利グッズのおすすめ5選を紹介の画像2
pixta_40006309_S


離乳食期は食事の基礎を培っていく大切な時期。

様々な食材に触れ、多くの種類の食材を食べるという経験は重要です。

どうしても手間や時間がかかってしまう離乳食作りにストレスや負担を感じると、赤ちゃんに対しても余裕をもって関わることができなくなってしまいます。

忙しい方におすすめの便利グッズが多く販売されています。

自分に合った必要なグッズを選び上手に活用していくことで、少しでも時間を短縮し快適になるようにしてくださいね。

赤ちゃんが離乳食を通して成長していく姿を見守っていきましょう。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
KAKYの画像
KAKY

一人目子育てに奮闘中の専業主婦ライターです。体を動かすことが大好きな娘と夫の3人暮らし。趣味は料理で、発酵食品にハマり中。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. 毎日の離乳食作りを少しでも楽に!便利グッズのおすすめ5選を紹介