1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 離乳食はいつから?初期の進め方からおすすめレシピ・役立ちグッズまで紹介

離乳食はいつから?初期の進め方からおすすめレシピ・役立ちグッズまで紹介(3ページ目)

離乳食はいつから?初期の進め方からおすすめレシピ・役立ちグッズまで紹介のタイトル画像

母乳やミルクしか口にできなかった赤ちゃんが、少しずつ“ごはん”を食べるようになる離乳食。楽しみでもあり不安でもあり…というママは多いのではないでしょうか。特に最初は分からないことだらけ!離乳食の初期を中心に、いつから始めるのか、進め方や代表的なレシピ、おすすめグッズなどをご紹介します。

人参と豆腐のトロトロ


豆腐20gと水(大さじ1)を混ぜ、ふんわりラップをして電子レンジで30秒加熱。

水けをきってすりつぶします。

そこに、ゆでた人参をうらごしして10g取り分けて混ぜます。

人参に豆腐をプラスしてみましょう。

豆腐は、離乳食の初期から使えるたんぱく源として重宝します。

豆腐は必ず加熱してから使うようにしましょう。


トロトロ豆腐


絹豆腐をゆでてすりつぶし、野菜の煮汁に加えてひと煮たちさせるだけの簡単レシピです。

野菜の煮汁は、キャベツや人参、玉ねぎなどの野菜(アクがなく甘みのあるもの)をコトコト煮込んだもの。

脂を含む市販のコンソメの代わりに、自家製の「野菜だし」として初期から使えます。

こちらも、だし汁同様、冷凍保存しておくと便利です。

残った野菜も細かく刻んだり裏ごししたりして離乳食に使いましょう。


おいものおかゆ


さつまいもは皮をむき、ゆでて小さく切っておきます。お鍋に10倍がゆとさつまいもを加えて1~2分加熱し、7~8分蒸らしてすりつぶします。

さつまいもは炭水化物を含み、主食として使える食材。食物繊維を含むので、便秘の時にもおすすめです。


すりつぶししらすのおかゆ


しらす5g(食塩不使用のもの)に水小さじ1を混ぜ、ふんわりラップをして電子レンジで30秒加熱しすりつぶします。これを10倍がゆにのせて完成です。

少量ずつ使えて便利なしらすは、離乳食で重宝する食材の一つ。食塩不使用のものが手に入らないようなら、茹でこぼす、熱湯を注いでから数分待って水けをきるなどして、塩抜きして使用しましょう。


とろーりバナナ


バナナ20gをすりつぶして水大さじ1でのばし、ひと煮たちさせれば完成です。

やわらかく甘いので、赤ちゃんも大好きなバナナ。後期以降は、カットしてそのまま与えれば手づかみ食べの練習にも使いやすい食材です。


離乳食を上手に進める方法

この記事を書いた人
ぺい子の画像
ぺい子

こんにちは!
九州在住、6才息子(2013年生まれ)の息子を育てる母です。
がっつり仕事しながらで忙しい毎日ですが、毎日息子に癒されています♪...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 離乳食はいつから?初期の進め方からおすすめレシピ・役立ちグッズまで紹介