1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子どもの感染症で仕事を欠勤。「職場への罪悪感」と「家族への想い」の間で考えたこと

子どもの感染症で仕事を欠勤。「職場への罪悪感」と「家族への想い」の間で考えたこと

子どもの感染症で仕事を欠勤。「職場への罪悪感」と「家族への想い」の間で考えたことのタイトル画像

急な子どもの病気で、仕事を休まざるを得なくなった時。子どもを心配する気持ちと、仕事に穴を開けてしまう罪悪感に葛藤していたのですが……?

「その時」は、突然やってくる

子どもの感染症で仕事を欠勤。「職場への罪悪感」と「家族への想い」の間で考えたことの画像1


子どものことが心配な気持ちと、職場に迷惑をかけてしまうことの申し訳なさ。

両方の気持ちが入り混じり、葛藤してしまいました。

そんな時

子どもの感染症で仕事を欠勤。「職場への罪悪感」と「家族への想い」の間で考えたことの画像2

そして

子どもの感染症で仕事を欠勤。「職場への罪悪感」と「家族への想い」の間で考えたことの画像3
子どもの感染症で仕事を欠勤。「職場への罪悪感」と「家族への想い」の間で考えたことの画像4


「自分のお休み分をカバーしてくれる人がいるから、育児をしながら働ける」という感謝を大切に。

そして、必要以上に罪悪感を感じてばかりいるよりも、置かれた状況の中で前向きに考えることも必要なのかもしれない。


そう考えるきっかけとなりました。


(制作:MANGA FACTORY)

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
花葉田しいの画像
花葉田しい

九州在住の漫画家です。人生修業中。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子どもの感染症で仕事を欠勤。「職場への罪悪感」と「家族への想い」の間で考えたこと